キラキラ光る美しいスイーツたち!成城マダム御用達の「オテルドゥスズキ」

photo by オテル・ドゥ・スズキ
https://www.facebook.com/hotel.de.suzuki/

新鮮なフルーツがあふれるほど盛り付けられた「パフェ」が有名な「オテルドゥスズキ」。本店を世田谷区成城に構える、スイーツ店です。成城マダム御用達と言われているほど、本物を求める人々から愛されているんだとか。
今回は、キラキラのスイーツを販売する「オテルドゥスズキ」の魅力に迫ります。

お菓子作りに愛情を注ぐ鈴木シェフの「オテルドゥスズキ」

名前の由来は、パリからきています。パリでは、オテルは宿泊するホテルや公共施設、カフェやパティスリーなど様々な意味合いを表します。つまり、「オテルドゥスズキ」は「オーナーシェフである鈴木さんのパティスリー」という意味になるのです。
店舗は、都内を中心に4つ展開していて、成城に本店があります。お菓子作りに愛情を注ぎ込む、オーナーシェフが手掛けるスイーツは、どれも美しく美味なものばかりです。

まるで芸術作品のような美しさ。オテルドゥスズキの人気メニューベスト5

お店のショーケースには、美しく、キラキラと輝くスイーツが陳列されています。季節ごとに、旬の素材を使用した新作も販売しているので、いつ訪れても新しい発見があるでしょう。
ここでは、オテルドゥスズキの中でも人気スイーツベスト5を紹介します。

フォレノワール

生クリーム+チョコスポンジ・クリーム+グリオットチェリーで作られている、贅沢な一品。生クリームは甘めで軽いので、ケーキが苦手な人にもおすすめです。

商品名 フォレノワール
値段 420円

モンブラン

マロンクリームと洋酒のマロンペーストで、メレンゲをコーティングしたモンブラン。高級感のある大人な味わいが特徴です。

商品名 モンブラン
値段 430円

オペラ

ビターチョコレートを使用した、チョコレートケーキ。サクサクのパイ生地と程よいチョコの甘さが絶妙です。目に入ると思わず購入してしまうほどの美しさです。

商品名 オペラ
値段 420円

焼き菓子

レーズンサンドやフィナンシェなど、様々ある焼き菓子の中でも人気なのが、「クッキー」です。サクサクの食感で、アーモンドたっぷりの硬めのクッキーは、お土産に購入する人が多いそう。大切な人へのお土産にクッキーの詰め合わせはいかがでしょうか?

商品名 くるみクッキー
値段 3個入り190円

ゼリー

アンズやリンゴ、フランボワーズなど、様々な種類があるオテルドゥスズキのフルーツゼリー。どれも手のひらサイズで、リボンがついている可愛さから、お土産に人気のメニューです。とろとろで柔らかいゼリーですが、冷凍庫にいれてシャーベットとしても楽しめます。

買ったケーキをその場で食べたい!オテルドゥスズキのイートイン事情

「オテルドゥスズキ」は、残念ながらほとんどの店舗がテイクアウト専門なので、お店でケーキを食べることはできません。しかし、「オテルドゥスズキ 成城ルフルティエ」はフルーツパーラーなので、パフェやケーキがその場で楽しめるカウンターが備わっています。

オテルドゥスズキはいつも混んでいるの?予約できる?

ケーキやパフェを求めて訪れる人が多いので、やはりおやつの時間帯は混み合います。お土産にも人気メニューがたくさんあるので、特に休日はたくさんの人が訪れるでしょう。平日の午前中が狙い目ですね。
オテルドゥスズキのメニューは予約することが可能です。電話で事前にお手当の商品が予約できるかを確認して、訪れる日に合わせて頼んでおくとスムーズに購入できるでしょう。
贅沢なティータイムや大切な人へのお土産に、最高なスイーツ店です。

店舗情報

店名: プレザンテ・オテル・ドゥ・スズキ
住所: 〒157-0073 東京都世田谷区砧6-36-3
営業時間: 9:00~20:30
定休日: 無休

店舗情報

店名: オテル・ドゥ・スズキ アトレ吉祥寺店 (hotel de suzuki)
住所: 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-24 アトレ吉祥寺 本館 1F
営業時間: 10:00~21:00
定休日: 不定休(アトレ吉祥寺に準ずる)

店舗情報

店名: オテル・ドゥ・スズキ・ラボ
住所: 〒157-0071 東京都世田谷区千歳台2丁目13-6
営業時間: 9:00~20:30
定休日: 無休

店舗情報

店名: オテル・ドゥ・スズキ 成城ル・フルティエ
住所: 〒157-0066 東京都世田谷区成城6-8-5
営業時間: 10:00~19:00(L.O. 18:30)
定休日: 不定休

関連記事一覧