京都の絶品スイーツが食べられるお店3選!

photo by ジュヴァンセルhttp://jouvencelle.jp/

国内外から絶大な人気を誇る観光地「京都」には、美味しいスイーツを食べられるお店がたくさんあります。定番の抹茶スイーツからインスタ映えスイーツまで、どれもこれも気になるものばかり!

今回は、そんな京都の絶品スイーツが食べられるお店を、3店舗ピックアップしてみました。京都の手土産としておすすめのスイーツも合わせてご紹介します。京都に行く際に、参考にしてみてください。

京都のスイーツ①吉祥菓寮 | 京都市営地下鉄東西線・東山駅

京都・祇園の知恩院前に本店を構える「吉祥菓寮」は、自家焙煎のきな粉を使ったスイーツを中心とした和洋菓子店。「マツコの知らない世界」などメディアでも度々紹介される京都の人気スイーツ店です。

京町家をリノベーションした趣のある祇園本店では、1階には物販店、2階にはモダンで落ち着いた雰囲気のカフェを併設しています。1階ではマツコさんも絶賛した茶大豆のきな粉も購入可能ですよ。

吉祥菓寮で特におすすめのスイーツは「焦がしきな粉パフェ」。きな粉とバニラアイスの間に豆乳ブランマンジェとほうじ茶ゼリーを挟んだ、美しい断面のフォトジェニックなパフェです。

口に入れた瞬間に広がる芳醇なきな粉の香りがたまりません。クランチとメレンゲのザクザク食感も楽しめます。テーブルには瓶詰めのきな粉が置いてあり、かけ放題なのも嬉しいポイント。お好みで別添えの黒蜜をかけて味変しながらお楽しみください。

焦がしきな粉パフェ
値段 1,210円

春摘み苺パフェや夏恋の桃色パフェなど季節限定のパフェも登場します。季節限定パフェは、数量限定で完売してしまうこともありますので、気になる方はお早めに!

春摘み苺パフェ
値段 1,540円

吉祥菓寮では他にも、とろけるような口どけが楽しめる「本わらび餅」や、お持ち帰り専用商品「きな粉を味わうプリン」も人気です。

きな粉を味わうプリンは「焦がしきな粉パフェの再現」をコンセプトに作られており、甘さ控えめのあっさりしたプリンに黒蜜ジュレとホワイトチョコレートのクリームを重ねています。食べる直前に香ばしいきな粉をたっぷりとかけてご賞味ください。

オンラインショップなどでも販売されておらず、祇園本店でしか購入できないので、京都に訪れた際は必ず手に入れたいスイーツです。

本わらび餅
値段 1,100円

きな粉を味わうプリン
値段 432円

食べログ: 3.6 out of 5 stars (3.6 / 5) URL:tabelog.com/kyoto/A2601/A260301/26025412/
Retty: 4.5 out of 5 stars (4.5 / 5) URL:retty.me/area/PRE26/ARE112/SUB11201/100001211317/
Google Map: 4.1 out of 5 stars (4.1 / 5)

店舗情報
店名:吉祥菓寮 祇園本店
住所:京都府京都市東山区古門前通東大路東入ル石橋町306
営業時間:11:00~18:00(L.O.17:30)
定休日:1月1日

京都のスイーツ②ジュヴァンセル | 京阪本線・祇園四条駅

京都市内に3店舗の直営店を構える「ジュヴァンセル」。1988年、京都の有名な祭り・祇園祭の日に御池通りで誕生した京洋菓子のお店です。店名のジュヴァンセルは「乙女」という意味のフランス語に由来しており、女性のやわらかな感性を大切にスイーツの企画・製造・販売をされています。

御池店と桃山店はテイクアウト専門店ですが、祇園店にはスイーツカフェを併設しているので、ゆったりできる大人の空間で美味しいスイーツを楽しむことが可能です。

ジュヴァンセルでは、季節感のあるスイーツに京都ならではの良質な素材を取り入れた、独自の京テイストのスイーツが口コミなどでも大変人気を集めています。

祇園店の名物メニューとなっているのが、京都らしさを感じる「祇園フォンデュ」。宇治抹茶をたっぷり使用したチョコレートソースに、季節のフルーツやお団子、パウンドケーキなどをつけて食べる抹茶好きにはたまらないスイーツです。具材は白い陶器の二段重ねのお重で提供されるので、蓋を開ける瞬間からワクワクします。

そのまま食べても美味しい具材ですが、濃厚な抹茶ソースとの相性は抜群です。食べ終わったソースにはホットミルクを注いでもらえ、抹茶オレとして飲むことができ、最初から最後まで最後まで大満足!京都らしい上品なスイーツをぜひ一度お楽しみください。

祇園フォンデュ
値段 1,540円(税込)

笹の葉で包んだレアチーズケーキ「さがの路」や、生地に黒豆・竹の子・栗をそれぞれ加えた3種のタルト「ダマンド」は、ジュバンセル創業当時からの人気スイーツです。他にも、渋皮栗と黒豆をたっぷり入れて竹皮に包んで焼き上げたパウンドケーキ「竹取物語」など、京都のお土産、手土産におすすめの商品も多数取り揃えています。

さがの路
値段 432円(税込)

ダマンド
値段 1個 216円(税込)

竹取物語
値段 3,240円(税込)

食べログ: 3.5 out of 5 stars (3.5 / 5) URL:tabelog.com/kyoto/A2601/A260301/26002642/
Retty: 4.5 out of 5 stars (4.5 / 5) URL:retty.me/area/PRE26/ARE112/SUB11201/100000079703/
Google Map: 4.2 out of 5 stars (4.2 / 5)

店舗情報
店名:ジュヴァンセル 祇園店
住所:京都府京都市東山区八坂鳥居前南入清井町482 京ばんビル2F
営業時間:10:00〜18:00(L.O. 17:30)
定休日:火曜(祝日は営業)

京都のスイーツ③辻利兵衛 | JR奈良線・宇治駅

京都の中心部から少し外れたJR宇治駅から徒歩5分の場所にある「辻利兵衛本店」。1860年に創業した京都を代表する老舗茶問屋です。2015年にオープンした茶寮は、製茶工場だった建物の一部を改装して作られた老舗ならではの和の空間が魅力。店内には美しい中庭を眺めながらお茶ができる特等席やソファー席も用意され、居心地も抜群です。

辻利兵衛本店では、宇治抹茶を使った様々なこだわりスイーツを提供しています。こちらで特におすすめのスイーツは「お濃茶パフェ」。挽き立ての抹茶を使用しているため、宇治茶の香りと余韻が存分に楽しめます。

抹茶ソフトクリームや抹茶シフォンケーキなど、抹茶づくしのパフェです。京都ならではの極上スイーツを食べて至福のひと時をお過ごしください。

お濃茶パフェ
値段 1,600円(税抜)

他にも、焙煎した茶葉の香ばしい薫りがたまらない「宇治焙じ茶ぱふぇ」も人気です。季節ごとに限定のパフェも登場しますので、何度も足を運びたくなりますね。

宇治焙じ茶ぱふぇ
値段 1,600円(税抜)

注文を受けてから練るもちもちの「抹茶わらび餅」もぜひとも食べておきたい逸品。きな粉ではなく御濃茶ソースにつけて頂く辻利兵衛本店ならではのわらび餅です。

サクサクのクッキー生地に、季節の素材を使用したクリームをのせ、抹茶クリームで覆った「季節のモンブラン」もおすすめ。

季節によっていちごやマンゴーなどを使用したモンブランがあるようですが、一番人気は渋皮栗をたっぷりのマロンクリームで包んだ秋限定の「宇治抹茶もんぶらん」。栗の甘さと抹茶の苦みが絶妙にマッチした大人の贅沢スイーツです。お取り寄せスイーツとしても大変人気を集めています。京都まで行けない方はオンラインショップを利用してみてはいかがでしょう。

京都宇治抹茶もんぶらん
値段 2個入 1,190円 (税込)

食べログ: 3.6 out of 5 stars (3.6 / 5) URL:tabelog.com/kyoto/A2607/A260701/26005593/
Retty: 4.5 out of 5 stars (4.5 / 5) URL:retty.me/area/PRE26/ARE478/SUB11702/100000509686/
Google Map: 4.2 out of 5 stars (4.2 / 5)

店舗情報
店名:辻利兵衛本店
住所:京都府宇治市宇治若森41
営業時間:10:00〜18:00(ラストオーダー17:00)
定休日:火曜日