手土産にもおすすめ!日本橋 長門の人気和菓子

photo by nagato
http://nagato.ne.jp/

日本橋にある、創業300年以上を誇る老舗和菓子店「日本橋 長門」をご存じですか?日本橋 長門は、江戸時代に徳川家に菓子を献上していたという歴史を持つ、長年愛され続ける名店です。
日本橋 長門には、看板商品の「久寿もち」「切羊羹」など、夕方には売り切れることも多い人気の和菓子が揃っています。
四季折々の季節の和菓子も登場し、手土産としても喜ばれる日本橋 長門をご紹介します。

日本橋 長門とは?

日本橋 長門は、徳川家の菓子司を務めてきたこともあり、300年以上もの間多くの人から愛され続けている和菓子の名店です。熟練の職人によって作られる日本橋 長門の和菓子は、老若男女問わず幅広い方から好まれる優しい味わいが特徴で、お土産や贈り物にもおすすめです。
保存料や防腐剤を使用していないので日持ちしない商品が多いですが、誰もが安心して食べられる和菓子です。

東京駅からも近い、日本橋通りにある日本橋 長門は、歴史を感じる昔ながらのこじんまりとしたお店です。ガラスケースの中には上生菓子や半生菓子などが並び、季節の和菓子も登場するので、訪れるたびに違った楽しみを味わうことができます。

日本橋 長門の人気和菓子は?

日本橋 長門では、昭和初期から続く名物の「久寿もち」が有名です。やわらかい食感の餅に、風味豊かなきな粉がたっぷりとかかっている上品な甘さのくず餅です。関東では珍しいわらび粉が使われているのが特徴で、わらび餅のような食感と風味が味わえます。
他にも日本の四季が感じられる季節限定の和菓子や羊羹など、ここでしか味わえない美味しさは、ぜひ一度は味わってみたいもの。
日本茶はもちろん、様々な飲み物にも合う日本橋 長門の人気和菓子をご紹介します。

ゆずまんじゅう

冬至の時期に季節限定で登場する「ゆずまんじゅう(300円)」は、見た目も柚子そのものの可愛らしい和菓子です。おまんじゅうの皮の中には、無農薬の柚子の皮を手作業で丁寧にすりおろして作った自家製ペーストが混ぜこまれていて、一口食べるごとに柚子の香りと餡の上品な甘さが広がります。
映画「日日是好日」に登場したこともあり、売り切れることも多い人気商品です。

おはぎ

お彼岸に期間限定で販売される「おはぎ(290円)」。こしあんと粒あんの2種類があります。
上品な優しい甘さとねっとりとした食感で、後味はさっぱりとしています。他では味わえない美味しさで、お供えにもおすすめです。

栗きんとん

12月28日から数量限定で販売される、お正月のおせちに欠かせない「栗きんとん」。
ほくほくの金時いもあんに、自家製の国産蜜漬け栗が入った、栗入りの栗きんとんです。華やかな金箔付きなので、贈答用やお土産としても喜ばれること間違いなしです。

切羊羹

甘さ控えめでさっぱりとした小豆の風味が味わえる、蒸し羊羹「切羊羹(890円)」。一口サイズの拍子木に切ってあるので食べやすく、上品な竹の皮で包まれているので差し入れや手土産としてもおすすめです。
日本茶はもちろん、コーヒーやアルコールとの相性も抜群です。

栗蒸し羊羹

秋ごろに、生栗が美味しい時のみ作られる「栗蒸し羊羹(890円)」。柔らかくまろやかな羊羹に、栗の甘みが広がる蒸し羊羹です。
さっぱりとした甘さと独特の食感の羊羹に合わさる栗の風味が絶品で、お店に並んでいたらぜひ食べておきたい和菓子です。

日本橋 長門はいつ売り切れる?

日本橋 長門の和菓子は、特に人気の「久寿もち」「切羊羹」などは毎日夕方頃には売り切れてしまうことが多いので、注意が必要です。
日本橋 長門で購入したい和菓子が決まっている時には、午前中の早めの時間に訪れることをおすすめします。

日本橋 長門のアクセス・店舗情報

日本橋 長門は、地下鉄日本橋駅B3出口から徒歩約2分、東京駅の八重洲北口からも徒歩約3分のアクセスしやすい場所にあります。
東京駅からも近く、商業施設が建ち並ぶ八重洲エリアにあるため、東京土産としても利用しやすくおすすめです。
日本橋で手土産を探している時や、美味しい和菓子でくつろぎの時間を過ごしたい時には、ぜひ日本橋 長門を訪れてみてはいかがでしょうか。

店舗情報
店名: 日本橋 長門(にほんばしながと)
住所:東京都中央区日本橋3-1-3 日本橋長門ビル1F
営業時間: 10:00~18:00
定休日:日曜・祝日

関連記事一覧