京都にある「RAU」のケーキやクッキーに注目!話題の「なみなみ」とは?

「RAU」は、これまでに美しいスイーツを世に送り出してきました。

「京都のスイーツをお土産にするならRAUにすれば間違いない。」という声も少なくありません。RAUで買いたいメニューの一つが「なみなみ」と答える人も。

そんな名店「RAU」はどのような雰囲気なのか、人気メニューや値段はどうなのか、気になる人もいるでしょう。

そこで、この記事ではRAUの実店舗やオンラインショップを含む話題のメニュー、値段、口コミなどをお伝えします!ぜひチェックしてくださいね。

「RAU」とは?

 

最初に「RAU」の特徴をご紹介します。すでにRAUを知っている人でも、まだまだ知らないことがあるかもしれません。まだお店のことを知らない人も要チェックです。

RAUは、おいしいスイーツ作りのために強いこだわりを持った有名店です。お店で使うチョコレートの原料であるカカオ豆にも、そのこだわりが表れています。

おいしいスイーツの原料になるカカオ豆は、ショコラティエールがコスタリカの小さな農園をいくつもまわって出会ったものです。

それ以外の素材であるバター、ナッツ、小麦粉、抹茶なども、どれも満足いくスイーツのために選び抜かれたものばかりです。

京都府京都市にあるスイーツショップ

京都市内にあって、SNSなどで話題になっているスイーツショップが「RAU」です。

RAUという店名は「気高く美しい、上品で愛らしい」という意味を持っています。RAUを漢字表記すると「良良し」となり、読み方は「らうらうし」となることから店名が考えられました。

RAUで特に話題になっているメニューが「キャラメルサンドクッキー」と「ガトーショコラ」。おいしさはもちろん、店名にあるように見た目の美しさや上品で愛らしいさまは、ぜひ見ていただきたいです。

パティシエも有名店出身の実力者ばかり

RAUの注目すべき点はパティシエの素晴らしさです。

パティシエはあの辻口氏のもとで腕を磨いていた方を含めて3人いて、御三方ともとても実力のある人達ばかりなんです。

どおりでRAUのスイーツは美しさや上品で愛らしさのある見た目だけでなく、味や食感も実に素晴らしいわけですね。話題になっているのも納得ではないでしょうか。

ガラスケースがない

RAUを訪れると、一般的なスイーツショップで見られる「ガラスケース」がないことに気づきます。お店がアピールしている「誰も見たことのない菓子を京都から」の理由もわかるでしょう。

また、お店のコンセプトが「情景を、形状に。」なので、この点も目の前のスイーツを見たら納得いくかもしれません。

GOOD NATURE STATIONにあり、3Fはカフェも

RAUは京都高島屋の南側にある商業施設「GOOD NATURE STATION」の1Fにお店を構えています。3F「RAU CAFE」で、ぜいたくなスイーツの数々を楽しめると大好評です。

店頭販売で商品を見ているだけでも、ついうっとりとするほど上品でかわいらしいスイーツが並んでいます。

RAUといえば「Nami-Nami(なみなみ)」!

「RAUといえばなみなみ!」。それほど有名なスイーツが「「Nami-Nami(なみ なみ)」」です。「Nami-Nami・チュイールサンド」は、焼き菓子ともチョコレート菓子ともいえるRAUの看板メニューといえます。

波のように均一にジグザグのあるサブレ生地には、プラリネクリームやチョコレートクリーム、抹茶クリームがたっぷりとサンドされています。

どの味も、大人から子供までいただきやすい味わいです。特にプラリネクリームはヘーゼルナッツの香り、抹茶は京都らしいお茶の香りが感じられます。思わずリッチな気持ちになれると評判なんですよ。

「チュイール」はフランス語で「瓦」を意味します。Nami-Nami・チュイールサンドのデザインは、フランスの街を歩くと見られる赤色の屋根瓦と、京都の町で見られる墨色の屋根瓦から着想を得たものです。

遠く離れた国の2つの光景から生まれたスイーツと知れば、より時間をかけて味わってみたくなりますね。

商品名 Nami-Nami・チュイールサンド 6本入り/12本入り/24本入り(全種類のクリームが入った箱詰め)

値段 3本入り1,512円/6本入り2,700円/12本入り5,400円/24本入り10,800円(税込)

RAUの人気メニューは?

京都の話題店・RAUの全メニューをご紹介します。皆さんもメニュー選びに迷った時はご紹介する中から選んでみてはいかがでしょうか?

※2021年10月現在の全メニューです。

商品名 Msru(ダックワーズ)

特徴 4種類のカラフルながら上品なミニケーキ。小さな子供でも食べやすい大きさも好評となっている焼き菓子です。ふわふわのダックワーズ生地を味わえます。
アクセントは中に入っているコンフィチュール、表面に散らしているナッツやクラムの食感。

値段 4個入り2,200円(税込)

商品名 iro-iro(いろ いろ)

特徴 さまざまな情景の「色」がテーマになったボンボンショコラ。9種類の味わい深さが人気。

値段  9粒入り3,564円(税込)

 

商品名 キャラメルサンドクッキー

特徴 甘さ控えめのとろりとしてキャラメルクリームがサンドされた、丸い形のクッキー。クッキー生地はバニラとレモンの香りも感じられます。表面のキャラメリゼがとても香ばしいのも特徴の一つです。
パッケージは日本の伝統色である藤色を採用。まさに味や見た目、パッケージまでどこにもないスイーツ。

種類 塩プラリネ(ピーナッツ)/バニラキャラメル

値段 5枚入り 3,121円(税込)

商品名 焼き菓子詰め合わせ

特徴 ミニケーキ(焼き菓子のダックワーズ)とキャラメルクッキーの詰め合わせ。RAU自慢の焼き菓子を両方味わえるメニュー。

黒糖、きび砂糖、バターの味わいや、なめらかな口どけのクリームもすばらしいです。もちろん、上品で珍しい見た目も楽しめる逸品ですよ。プレゼントやお土産でも大変喜ばれるでしょう。

値段 4,300円(税込)

RAUの通販もおすすめ

RAUは通販も利用できます。「とにかくおいしいお店だけど遠くて行けない」、「通販で気軽に名店のスイーツをお取り寄せしたい」という皆さんにはうれしいですね。

どの商品も店頭で販売されているものばかりです。

発送はクール便でされるので、チョコレートを使ったお菓子も溶ける心配はありませんよ。

どのスイーツもまさに「誰も見たことのない菓子」です。あなたも、ぜひオンラインショップをのぞいてみてくださいね。

RAUのオンラインショップ

RAUに関する口コミ

RAUのスイーツを絶賛する声はあちこちのSNS上で見られます。

Twitterやインスタグラムでは「スイーツ好きをうならせる名店だと思う。」、「京都でスイーツ土産を買うならココって決めてます。」、「波のサブレも中のクリームもすごくおいしい!」という投稿があります。

数々の口コミからも評判の良さが伝わってきませんか?RAUのスイーツを一度いただくと、あなたもとりこになることでしょう。

店舗情報

最後に京都市のRAUに関するアクセスや営業時間などの店舗情報をお伝えします。ぜひお店を訪れる際の参考にどうぞ。

お店は不定休なので事前確認を忘れずにしてくださいね。

店舗情報
店名:RAU
住所:京都府京都市下京区河原町四条下ル2稲荷町318-6 GOOD NATURE STATION 1F
営業時間:10:00~19:00 カフェ11:00~19:00( L.O.18:30)
定休日:不定休(GOOD NATURE STATIONの休業日による)
※営業時間や休業日は変更になる場合もあるので、詳しくはホームページでご確認ください。
RAUのインスタグラムRAUの公式サイト