• HOME
  • コラム
  • 和菓子
  • 午前中で売り切れるレアな豆菓子!山形の『白露ふうき豆』は一度食べたらやめられない!

午前中で売り切れるレアな豆菓子!山形の『白露ふうき豆』は一度食べたらやめられない!

山形名物を山形県民に聞けば、必ず名が挙がるといっても良い「白露ふうき豆」。

『ふうき豆』といえば、山形で一番有名なのは『山田家』という和菓子屋さん。山田屋からは白露ふうき豆という商品が販売されています。シンプルなお菓子ですが食べだすと止まらない美味しさが魅力。

今回はそんな山田屋の白露ふうき豆をご紹介します。

『白露ふうき豆』を販売している山田屋について

山形で『ふうき豆』といえば本舗山田家の『白露ふうき豆』であるという話は先述の通り。

山田家は昭和6年創業の老舗で、白露ふうき豆も長く山形で愛されるお菓子です。花笠祭りでにぎわう七日町のメイン通りに店舗を構えているお店は本町バス停前にあり、JR山形駅から徒歩でも15分くらいで行くことができるアクセス抜群の立地で、いつも白露ふうき豆を購入する人で賑わっています。

白露ふうき豆とは?

白露ふうき豆とは、青えんどう豆を砂糖で炊いただけのお菓子ですが、そのシンプルさからごまかしの効かない絶対王道のお菓子です。豆菓子だからといって白露ふうき豆を侮ること勿れ!

青えんどう豆を砂糖で炊いて出来上がる白露ふうき豆のさらっとした滑らかな表面、程よい甘さのほっくりとした中身には、一度食べだしたらやめられない、癖になるおいしさがあります。

豆の香ばしさ、本来の甘さを引き立てる絶妙な塩梅の味、そして口の中で溶けてしまう炊き加減に本舗山田家が作る『白露ふうき豆』のファンは多いです。なんと店舗で販売している白露ふうき豆はいつも午前中に売り切れてしまうのだとか。白露ふうき豆の人気ぶりがわかるはず!

絶対に白露ふうき豆を手に入れたいという人は、早い時間に山田家にGO!

超貴重な白露ふうき豆!購入できる場所は?

これだけ大人気の『白露ふうき豆』ですが、なんと店舗でしか販売していません。しかも、山田家では白露ふうき豆の品質を守るために専用工場も作っていないのです。

店舗まで足を運び、白露ふうき豆を販売していたら、即買わないといけない、というレア度。白露ふうき豆に出会えるだけでも結構奇跡なのです。なのでお土産や贈り物に白露ふうき豆を渡すと、凄く喜ばれます。

 

白露ふうき豆の賞味期限

山田家の店舗はちいさく、店内もコンパクトですから、1日に作り販売される白露ふうき豆の量も限られています。白露ふうき豆のお日持ちは冷蔵で、夏場は3日、冬でも1週間が限界の貴重なお菓子です。

このように、地元にいてもなかなか巡り合えないレアな存在だからこそ、白露ふうき豆はより人気が高いのかもしれません。

通販事情

これまで白露ふうき豆が美味しいと紹介してきましたが、山形の店舗でしか買えないと聞いて残念に思っている人もいるでしょう。

山形に住んでいないからと白露ふうき豆をあきらめる必要はありません。
こちらの『白露ふうき豆』、お取り寄せだけはやっています。

葉書かFAXで住所、氏名、電話番号、商品の種類や数、受け取り希望日など必要事項を記入してお店に送るか、電話(023-622-6998)すると発送してもらえるようです。ぜひ一度召し上がってみてください。

山田屋以外にも『白露ふうき豆』を売る店がある!

今や山形銘菓となっている白露ふうき豆です。実は『富貴豆(ふうき豆)』は本舗山田屋以外でも販売されています。

でん六

山田屋と同じ山形県の『でん六』。こちらは通販でも購入可能。70gで600円となっています。公式サイトにオンラインショップがあります。商品が小分けにされている点も、こちらの食べやすさに考慮しているのがうかがえます。

でん六のオンラインショップ

まめや

『まめや』は富貴豆の元祖ともいわれている明治創業の老舗です。初めに理髪店の主人がお客様のお茶請けとして作ったものが商品になったんだそう。元祖というだけあって、こちらもシンプルに青えんどう豆を砂糖と塩で味付けたシンプルな味わい。東京の百貨店で販売されていることもあるようです。通販情報は残念ながらありません。

白露ふうき豆 まとめ

いかがでしたか?

山田屋の白露ふうき豆、ぜひ一度は食べて頂きたい逸品です!尚、今回は代表的な3店をご紹介しましたが、他にも富貴豆を販売しているお店はあります。食べ比べも楽しいですね。