夏限定のぜいたくな味わい「霧原」のかき氷

photo by 甘味処楓 http://blog.livedoor.jp/kanmidokoro_kaede-homepage/archives/cat_118273.html
かき氷

葉山の山の中にある霧原は、夏季限定のかき氷のお店。便利な場所にあるとはいいがたい霧原ですが、行列の絶えない人気店として名をはせています。今回はそんな霧原の魅力をたっぷりとご紹介しましょう。

軒下でいただくかき氷で夏を満喫

「霧原」は、神奈川県三浦郡葉山町の山の中にたたずんでいます。都会の喧騒を逃れてゆっくりしたい人や気分転換したい人にも霧原はおすすめです。霧原は人気店にも関わらず、夏季限定です。それもそのはず、霧原では、軒下のようなほぼ野外でいただくスタイルなのです。そのため荒天時は閉店となります。霧原公式ツイッタ―アカウントで雨天休業情報を発信しているのでツイッタ―は要チェック!この「なかなか味わえない」感も、霧原に興味をそそられる要因かもしれません。

家族経営のアットホームな雰囲気の霧原。霧原の店主は「のんびりとやりたい」と願っているようですが、その思いとは裏腹に霧原には毎日行列ができ、客足が途絶えることはありません。尚、霧原では予約はできません。また、順番を待つ際に日傘を貸してくれるようですが、霧原に行く際には自分でも帽子や日焼け止めを準備しておくことをおすすめします。

霧原のかき氷に使用されている氷は天然氷です。天然氷特有の綿あめのようなふわふわ感を味わえます。シロップは研究に研究を重ねた霧原自家製シロップ。よりおいしいものを求め、霧原では研究を重ねているそうです。時にはお客さんの意見を参考にすることもあるそうで、そんな霧原の真摯な姿勢が、かき氷の味に反映されているのかもしれませんね。

霧原では氷そのもののおいしさも味わってほしいからと、かかっているシロップは少なめ。でもたっぷりかけたい人のために、別添えのシロップもついています。霧原の嬉しいサービスですね。

霧原ではメニューが毎日変わります。どれも美味しそうなので、霧原で提供される全部のメニューを制覇したくなりますね。暑い野外でいただく霧原こだわりのかき氷は、たまらないおいしさ。「これぞ夏!」と叫びたくなりますよ。

霧原のおすすめメニュー

どれもこれもおいしそうな霧原のかき氷。そんな霧原のメニューの中からおすすめをいくつかご紹介します。霧原ファンの人は毎年夏が待ち遠しいですね。

あまおう&ミルク

いちごミルクは定番ですが、霧原でも例外ではありません。しかも、いちごはあまおうを使っています。いちごのフレッシュさを生かしたシロップと練乳の甘さがベストマッチ。かけられているシロップだけでも十分おいしいのに、さらにたっぷりシロップが添えられており何ともぜいたくな気分になります。

天然の桃を煮詰めた霧原こだわりのシロップが、なんと別添えで2つもついてくるぜいたくさ。桃の果実感がそのまま残っており、桃好きにはたまらないのではないでしょうか。

塩キャラメルミルク

ほろ苦いキャラメルをミルクがまろやかに。塩味が甘さを引き立て、さっぱりとした後味です。

三谷製糖和三盆あずき

すっきりとした甘さと、たっぷりのったあずきの食べ応えがくせになります。和菓子好きな方にぜひおすすめしたい一品です。

「霧原」の店舗情報

お店情報
店名:霧原

住所:神奈川県三浦郡葉山町一色653

定休日:火曜 雨天時

営業時間: 11:00~17:00

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。