岐阜のお土産の定番 御菓子司 玉井屋本舗ってどんなお店?

photo by 玉井屋本舗https://tamaiya-honpo.co/
カステラ

京都なら八つ橋、沖縄なら紅芋タルト、北海道なら乳製品、静岡ならうなぎなど各地の名産品って思いつきますよね。

では岐阜の名産は?と聞かれると何を想像しますか?

長良川の鮎の鵜飼でしょうか?

今回はぱっと思いつかないけど、もらうと「なるほど、岐阜だね」と感じられる鮎をモチーフにしたお菓子の老舗を紹介します。

上品な焼き印が玉井屋本舗の登り鮎

岐阜市内にある創業明治41年の老舗の御菓子司 玉井屋本舗。

こちらの鮎をモチーフにした御菓子が、岐阜土産の定番です。

〇登り鮎  7匹入り¥1,030(賞味期限10日)

上質の小麦粉と玉子をたっぷり使ったカステラ生地で求肥(ぎゅうひ)を包み、長良川の清流に遊ぶ若鮎を型取って焼き上げたお菓子。

内容量は7~50匹まで6種類あります。

また贈答品として、鮎漁に使われるモロタブ(葦のスダレ)を使った包装も人気です。

鮎をかたどった類似のお菓子がありますが、玉井屋本舗の特徴は目とヒレ焼き印の上品さと、生地のキメの細かさでしょう。

〇焼き鮎  5枚入り袋×5 ¥1,080(賞味期限40日)

小麦粉、玉子、砂糖に山芋を使い、水を一切使用せずに練り上げた生地をすべて手作業でひとつひとつ若鮎の姿に型抜きして乾燥させた、噛むほどに甘味が広がる素朴なお菓子。

まだあるお土産におススメの銘菓

玉井屋本舗のお菓子は鮎のお菓子だけはありません。

〇利休松風 16枚入 ¥648(賞味期限40日)

小麦粉・玉子・砂糖に風味豊かな味噌を加えて練り上げた生地を小判の形に焼き上げた、舌触りの良い煎餅

〇味噌松風 2本入 ¥1,296(賞味期限40日)

小麦粉・玉子・砂糖と共に、岐阜の白味噌を混ぜ合わせて焼き上げた和風カステラ。

もっちりと香ばしい生地に、芥子の実がアクセントに聞いています。

〇栗きんとん 6入 ¥1,480

岐阜の栗きんとんは最近恵那栗で注目を集めています。

玉井屋本舗でも秋になると新栗を使った栗きんとんが登場します。

玉井屋本舗のお菓子を購入したいなら

岐阜まで行かなくても玉井屋本舗のお菓子はオンラインショップで購入可能です。

単品でももちろんですが、詰め合わせもあるので気になるお菓子をまとめて注文してみてはどうでしょうか。

東京でも購入可能です。

日本百貨店の食品館に全国のお菓子を食品を集めたテーマパークがあり、そこに出展されています。

岐阜県内には本店、高島屋店合わせて5店舗展開されています。
季節を感じられる上生菓子も扱っていますので、お店にも是非行ってみてください。

店舗情報
店名:玉井屋本舗

住所:岐阜県岐阜市湊町42

定休日:水曜日(祝日の場合は営業)

営業時間:
8:00~20:00
お茶席 9:00~18:00

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。