ふわりと広がる熟練の味 アヴランシュ・ゲネー

photo by Bienvenue - AVRANCHES GUESNAY https://www.avranches-guesnay.com/
ケーキ

春日駅から歩いて1分、真っ赤なお店がアヴランシュ・ゲネーです。
ビル群の中にあるアヴランシュ・ゲネーの赤い外観の建物はそこだけ童話の世界から抜けてきたような雰囲気で思わず足が止まってしまいます!

アヴランシュ・ゲネーという名前、真っ赤な建物・・・一体何を売る店?と思う人もいるかもしれませんね。

アヴランシュ・ゲネーは洋菓子店。

では、アヴランシュ・ゲネーにはどんな洋菓子があるのでしょう?

今回は、アヴランシュ・ゲネーをご紹介します。

童話から抜け出してきたような真っ赤なお店「アヴランシュ・ゲネー」

アヴランシュ・ゲネーのシェフ上霜さんは、パリのノルマンディーでパティスリーの修行を重ねてきました。2011年には映画「洋菓子店コアンドル」で製菓監修を務めたとのこと。
洋菓子店コアンドルのあのかわいいお菓子の監修をしていたなんて…!アヴランシュ・ゲネーは映画ファンも注目のお店です。

アヴランシュ・ゲネーが誕生したのは2015年9月。

アヴランシュ・ゲネーと聞き慣れない店名の由来は、本場フランス・ノルマンディー地方の町「アヴランシュ」とシェフ上霜さんが修行していたお店「ル・パベ・デュ・ロワ」のオーナーシェフの名前からとった店舗名とのことです。

オープンして以来、アヴランシュ・ゲネーは客足が絶えない人気店となっています。

アヴランシュ・ゲネーの色とりどりのかわいいスイーツ

たっぷりのフルーツにクリームの乗ったケーキはもちろんかわいい!
リンゴの形をしたカシスポンムフランボワーズの実が大きくなったようなエピスフランボワーズも乙女心をくすぐります。

ただ可愛いだけのケーキではなく、中にはワインやスパイスの効いた驚きの隠れたスイーツにもなっているんです!

白い苺がたっぷりと乗った白雪小町はジューシーで甘いタルト。
ほろっとほどけるタルト生地とカスタードクリームもいいバランスに仕上がっています。

とろっとかかったソースが甘そう…と思いませんか?
こちらのセリーヌはシトロンの香りのほろ苦いタルトなんです!
ドライ杏や口解けの良いメレンゲ、爽やかに抜けるレモンの香りで濃厚だけどサッパリと抜けていく上品で大人の味を楽しめます。

アヴランシュ・ゲネーに行くと並んでいるケーキを見るだけで癒されそう!

シェフ上霜さんが作るアヴランシュ・ゲネーのケーキには、シェフのフランス時代の思い出や経験が活かされている種類も多いんですよ。ぜひアヴランシュ・ゲネーのケーキが作られたいきさつを知るのも楽しいかもしれませんね。特に、アヴランシュ・ゲネーのスペシャリテといわれるのがモンドルというケーキです。

アヴランシュ・ゲネーではクリスマスケーキやバースデーケーキも取り扱っています。特別な日にもピッタリ!
幸せな気分にしてくれるアヴランシュ・ゲネーのケーキで癒しの一時を楽しんでみてください!

アヴランシュ・ゲネーの焼き菓子はプレゼントにも自分へのご褒美にもピッタリ

アヴランシュ・ゲネーでは生菓子以外にも焼き菓子も多く取り扱っています。
ホクホクとした焼き菓子やフランスのマシュマロのようなギモーヴはコーヒーにもお茶にも合うアヴランシュ・ゲネーの焼き菓子の中でも人気のお菓子!

アヴランシュ・ゲネーの公式HPのオンラインショッピングではギモーヴはじめ、アヴランシュ・ゲネーで人気の焼き菓子が詰まったギフトボックスを購入できます。アヴランシュ・ゲネーのHPをチェックしてみて下さいね。

アヴランシュ・ゲネーの焼き菓子はオシャレで美味しいので手土産や差し入れにも喜ばれます。

綺麗なジュエリーのようなボンボンショコラ、食べることがもったいなくなるほど美しく目を奪われます。
一日一粒、自分へのご褒美に食べるのもおすすめです。

女性に人気のマカロンもまたアヴランシュ・ゲネーで人気のある商品の1つ。
アヴランシュ・ゲネーのマカロンは、さくっほろっとした食感の大人のマカロンになっています。
アヴランシュ・ゲネーのマカロンはケーキにも使われているんですよ!マカロンもケーキも食べたい人はチェックしてみてくださいね!

いかがでしたか?
目でも舌でも癒されるアヴランシュ・ゲネーの大人のみわくのスイーツ。特別な日と言わずぜひ一度味わいにアヴランシュ・ゲネーを訪れてみてください!

お店情報
店名:アヴランシュ・ゲネー (Avranches Guesnay)

住所:東京都文京区本郷4-17-6

定休日:火曜

営業時間: 10:00~19:00

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。