• HOME
  • コラム
  • ケーキ
  • 世界初の専門店!有名パティシエ・辻口博啓氏の「自由が丘ロール屋」のロールケーキがすごい!

世界初の専門店!有名パティシエ・辻口博啓氏の「自由が丘ロール屋」のロールケーキがすごい!

ケーキ

自由が丘に降り立つとセンスのよいショップが軒を連ね、スイーツのお店を多く発見することが出来ます。そんな景色から自由が丘がスイーツの街と認識している人も多いのではないでしょうか?その自由が丘の中で1番人気のスイーツのお店と言われているのが、言わずと知れたパティシェ辻口博啓氏のモンサンクレールです。

「自由が丘 ロールケーキ 」の生みの親は辻口博啓氏

辻口博啓氏は国内外のコンクールで数多くの優勝経験を持つ素晴らしい経歴の持ち主です。故郷である石川 に製菓学校を開き、学校長を務めています。

スイーツ好きには広く認知されているお店であるモンサンクレール。そんな有名店を経営する辻口氏が2号店となるお店を自由が丘にオープンされたというのだから、スイーツ好きだったら見過ごすことが出来ませんよね。その気になるお店の名前は「自由が丘ロール屋」。とてもわかりやすい名前で覚えやすいところがいいですね。

人気店・自由が丘ロール屋

自由が丘ロール屋がオープンしたのは2002年。自由が丘ロール屋の場所は自由が丘駅から自由通り沿いを歩くこと約8分で到着です。外観は白を基調としているかわいらしい一軒家のお店。トレードマークはロールケーキやさんならではの渦巻きマークもキュートで目を惹きます。オープンしてから現在で17年近くたちますが、連日開店と同時に押し寄せるお客さまが多く夕方近くになると売り切れになるものも多い自由が丘で大人気のお店なんです。

自由が丘ロール屋は辻口氏が18歳の時に石川から上京する際、思い描いていた店が実現した形です。トレードマークや店内はすべて辻口さんプロデュースです。

ロールケーキにかける熱情が凄い!自由が丘ロール屋でおすすめ5

辻口さんが作った自由が丘ロール屋は朝早くから仕込まれ毎日焼きたてで並んでいます。シュガーはオーガニックのもの、卵は比内鶏の新鮮なものなどこだわりがあります。そんな自由が丘ロール屋でおすすめのメニューは?

5自由が丘ロール

4 カステラロール

3 塩キャラメルロール

2 抹茶ロール

1フルーツロール

自由が丘ロール屋はどれも美味しいのですが、迷った時は参考にしてみてください。

「自由が丘ロール屋」の和三盆ロールは和の魅力たっぷり

辻口氏のロールケーキを食べてみたいけれど、1人暮らしやダイエット中の人、はたまた甘いものをたくさん食べる習慣にない人はロールケーキは丸1本購入すると食べられなくて無駄にしちゃいそうだし、1本買うと高そうだし普段は気軽に購入したいなぁ・・・と断念しちゃう人もいるのではないでしょうか?

「自由が丘ロールケーキ」ではなんと1カットから購入出来るので日常使いでも気軽に楽しむことが出来ます。これは色んな種類を組み合わせて購入もしやすいから嬉しい。

気軽に購入出来ることがわかった「自由が丘ロールケーキ」。そのロールケーキの美味しさの秘密はこだわりぬいた厳選素材の使用ではないでしょうか。毎日焼きあげるケーキに使用されるのは、比内地鶏の卵、オーガニックの砂糖、有機栽培のショコラという体に優しい厳選素材。米粉で作っているロールケーキもあり、アレルギーのある人にも嬉しい心配り。和の素材を多数使用しているところも「自由が丘ロールケーキ」の持ち味で、和三盆、抹茶、ごま、そば粉、ヨモギなどと相性抜群、他にない発見をすることが出来ます。

気になる和素材の「自由が丘ロールケーキ」。その中でおすすめなのが、和三盆を使った和三盆ロールです。生地はふんわり、口に入れるとしっとりと心地よい。黒糖を使ったクリームは上品な甘みで甘すぎないところがグッド。1度食べたら余韻にひたっていたくなるロールケーキなんです。

気になるロールケーキの日持ちですが、生ものなので賞味期限が当日で日持ちはしませんがが、公式オンラインストアのお取り寄せをしていただくと、クール便で届くので冷凍庫で1週間保存できるので便利です。食べる際は冷蔵庫で5~6時間解凍して頂くと美味しく頂けます。

「自由が丘ロール屋の季節を楽しむロールケーキ」

こだわりぬいた厳選素材を使用していることが分かった「自由が丘ロール屋」ですが、季節に合わせた旬の素材を使用したロールケーキを食べられるので、1年を通してマメに通いたいお店なんです。

春には桜や苺、夏にはマンゴー、フランボワーズ、パイナップルなどのフレッシュなフルーツをふんだんに。秋にはカボチャや栗、ぶどう、冬にはクリスマスケーキを飾る苺。バラエティ豊かなロールケーキが食べられる「自由が丘ロールケーキ」。季節ごとの素材づかいが楽しみで節目ごとに訪問している人も多いのではないでしょうか?

そんなリピーターが多い「自由が丘ロール屋」ですが、どのように作られているのかレシピが気になっている人も多いように思います。きっとレシピを知りたいとお店の人に聞いても門外不出と門前払いされそうだし・・・と諦めている人もいることでしょう。

レシピなんて知ることが出来ないと諦めていたのですが驚愕の事実が・・・!!2012年4月に「自由が丘ロール屋の季節を楽しむロールケーキ」という本でロールケーキの作り方を大公開しているのです。辻口氏、サービス精神すごすぎます。大人気の自由が丘ロールから季節ごとのロールケーキのレシピが載っていて、作ってみたい美味しそうなロールケーキばかり。なにより辻口氏の本だから料理の腕が上がりそうな期待感もありますよね。この本で作って知り合いをびっくりさせてみたいという野望が出来ました。

「自由が丘ロール屋」の焼き菓子ギフトがかわいい

ロールケーキの有名店である「自由が丘ロール屋」ですが、焼き菓子も辻口氏ならではのセンスの良さでファンが多いんです。焼き菓子は乾き物なので日持ちもするし、常温で保存出来て冷蔵庫の幅を取らないのも助かるので手土産にも最適ですよね。

そんな「自由が丘ロール屋」の焼き菓子を紹介します。発酵バターを贅沢に使用したキューブクッキーはバターの香り豊かでサクっとホロっと上品な甘さで手が止まらなくなります。『末永らく幸せが続きますように』と意味が込められたグルグル巻きの見た目のクッキーは、見た目がかわいいだけじゃなく食べた時の存在感もしっかり感じられるクッキー。

マドレーヌもしっとりとバターの香りも濃厚。お茶請けで食べたら贅沢気分を味わえます。お値段もグルグルクッキーは100円から購入出来るので気軽に購入しやすいのも〇。

値段もお手軽に購入出来る「自由が丘ロール屋」の焼き菓子ですが、これらの焼き菓子を詰め込んだ「家の箱ギフトボックス」がお菓子の家を彷彿させるかわいさでセンスがいいんです。価格も数量で変動しますが、税込み600円~購入出来るのも手軽に購入出来ていいですね。「自由が丘ロールケーキ」の焼き菓子類は発送日も含めて約2週間は日持ちするので、送った相手もゆっくり楽しめるところもポイントが高いです。

「自由が丘ロールケーキ」の誕生日ロールケーキが新鮮

誕生日といえば、まあるいホールケーキのイメージがまだまだ多いのではないでしょうか?「自由が丘ロール屋」の誕生日ケーキは、ロールケーキを使用した誕生日ケーキで、誕生日仕様にデコレーションした華やかさと、ちょこんと上にのったバーズディプレートがなんとも新鮮。ホールケーキは切り分けが面倒だったり、均等に分けられなくて不公平感が出やすかったりもするので、それに比べてロールケーキは切り分けやすそうだし(公平に定規で測る技もありますし)、お皿に運びやすいからよっぽどじゃない限り皿で崩れた記憶もないですし。ロールケーキを誕生ケーキにした辻口さんの着眼点が素晴らしいの一言です。ロウソクを付けた姿もかわいらしいし新鮮なので、他と差を付けられそうでいいですね。

「自由が丘ロール屋」をバレンタインに渡そう

バレンタインに毎年何を渡すか悩むことって多いですよね。そんな人にひと味違ったバレンタインのおすすめ。「自由が丘ロールケーキ」のバレンタインはショコラを使ったロールケーキで、上にかわいいハートのデコレーションが素敵です。渡された人も新鮮で嬉しくて他と差がつけられそうな「自由が丘ロール屋」のバレンタインロールでした。

「自由が丘ロール屋」が名古屋でも!?

「自由が丘ロール屋」とは違うお店ではありますが、名古屋にも辻口氏のお店があってそこのロールケーキも大人気なのだとか。

そのお店の名前は『FORTTISSIMO H』。辻口氏が店舗デザインから携わった総合パティスリーで「自由が丘ロール屋」とは個性が違う、魅力的なスイーツがショーケースを飾っています。その中でも旬の卵を使用したロールケーキは、卵感を感じられるふわふわとした食感で食べ応え充分。ロールケーキを目当てに来店する人が多く、東海地区No.1と賞されるほど人気の高いお店なんです。

「自由が丘ロール屋」も『FORTTISSIMO H』のロールケーキもどちらも制覇してみたいですね~。

店舗情報
店名:自由が丘ロール

住所:東京都目黒区自由が丘1-23-2

営業時間:11:00~19:00

定休日:水曜・第3火曜

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

korekaritter

522 views

不動産業のOLを経て、現在はパート主婦をしながら記事執筆をしています。甘いものに目がなく、カフェとお菓子屋さん巡りが生き甲斐。花より団子を地で行くタイプです...

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。