パティスリー ラヴィルリエのおすすめは?生・焼菓子・アイス大公開!

フランス菓子店「パティスリー ラヴィルリエ」のスイーツは、美しく繊細なビジュアルと素材を活かした上品な味わいが魅力です。そんなパティスリー ラヴィルリエで人気の生・焼き菓子・アイスの特徴をご紹介しつつ、値段や通販、予約まで詳しく調査しました!

パティスリー ラヴィルリエはどんなお店?

「パティスリー ラヴィルリエ」店舗の特徴

本店は大阪市にあり、最寄り駅は大阪メトロ谷町線「中崎町駅」です。
イートインも併設されており、2人掛けテーブルが2卓用意されています。

また、パティスリー ラヴィルリエは三重県に「r26」という新業態店を出店しています。r26は、三重県にある「にぎわいの森」内に出店しており、ロールケーキやショートケーキなど本店では見かけないケーキを扱う店舗になっています。

フランス菓子であるサブレやフィナンシェなどの焼菓子のほか、日本でもなじみが深いケーキなどの生菓子、ジェラートなど幅広いスイーツが提供されています。温かな接客も相まってか地元でのファンも多く、常に多くのお客で賑わう人気店となっています。

スイーツによっては、生クリームを使用せずにメレンゲ・チョコレート・バターでムースを仕立てるなど、素材にこだわってつくられている「パティスリー ラヴィルリエ」のスイーツ。素材を活かしたその味わいは、甘すぎず上品な味だと評判です。

サブレやフィナンシェなどの焼き菓子は、そのおいしさはもちろん、繊細でかわいらしいビジュアルも魅力になっています。さまざまな形をしたかわいい焼き菓子の詰め合わせセットなどもあるので、見た目から楽しめる「パティスリー ラヴィルリエ」の焼菓子はギフトにもおすすめです。

「パティスリー ラヴィルリエ」は、4年連続で食べログスイーツ百名店に選出され、ネットの口コミでは「最高においしい」「感動的」との声が上がるなど大好評となっているパティスリー ラヴィルリエ。甘さや食感、素材の相性など、さまざまな面で絶賛する口コミが相次いでいました。

行列ができるお店といわれるパティスリー ラヴィルリエでは、午後には人気のケーキが売り切れてしまうことも。お目当てのケーキが決まっている際には、確実に買うために、午前中に訪れるようにしたほうが安心かもしれませんね。

パティスリー ラヴィルリエのおすすめメニューは?

どのスイーツも好評のパティスリー ラヴィルリエですが、中でも特に人気のおすすめメニューについてご紹介しますね!

ケーキ (マロン・シャンティ・ピスタチオのケーキ・タルト系)

パティスリー ラヴィルリエのケーキは、繊細で芸術的なビジュアルが美しいケーキが多く、味だけでなく目でも楽しませてくれます。また、キャラメルや栗、抹茶など独特の風味が魅力の素材を活かしたケーキが多いのも特徴です。

タルト生地にカスタードクリームを入れてつくられたケーキ「フラン」は、使用されるトッピングが春には苺、秋には栗など、季節ごとに変わります。イチジクやフランボワーズが使用されることもあるそうですが、そのタイミングは何と「シェフの気まぐれ」という遊び心のある提供の仕方も特徴的です。

メレンゲの上に生クリームをトッピングした「ムラング・シャンティ」は、ロマンチックな盛り付けが美しく、甘さ控えめでキャラメルの風味が魅力となっています。

また、鮮やかなグリーンが目を引くピスタチオのケーキ「ピエール・タンタシオン」は、パティスリーラヴィルリエの代名詞とされるほど定番のメニューです。ピスタチオムースのまろやかさとサッパリした後味、甘酸っぱいグリオットチェリーとのバツグンな相性が魅力のケーキとなっています。

他にも、ティラミスやヘーゼルナッツなど、さまざまな素材を活かしたケーキがずらりと並んでいるので、選ぶだけでもわくわくした時間が楽しめそうです。

■種類
フラン
タルト・オ・フレーズ
トルシュ・オ・マロン
エスカルゴ
フレジェ
ムラング・シャンティ
エクリプス
ピエール・タンタシオン
シュー・ア・ラ・クレーム
マルジョレーヌ
タシェット・ド・ティラミス

■値段
シュー・ア・ラ・クレーム:280円
ピエール・タンタシオン:560円
マルジョレーヌ:510円
タシェット・ド・ティラミス:510円

焼き菓子 スペシャリテはフィナンシェ

パティスリーラヴィルリエでは、シェフが焼き加減にこだわって作る焼き菓子も大人気です。スペシャリテ(お店の顔・シェフの得意料理)はフィナンシェとのことで、そのことからも焼き菓子が自慢であることが窺えます。

それぞれの焼き菓子に合わせて、高温で焼きつつ徐々に温度を下げたり、余熱で火を通すなど、焼き方を変えることで美味しく仕上げているとのこと。その絶妙なさじ加減でつくるフィナンシェはしっとりした食感とリッチな味わいが評判です。

焼菓子はフィナンシェだけでなく、マドレーヌやカヌレなどフランス菓子が多く展開されています。

■種類
フィナンシェ
ブラウニー
マドレーヌ
カヌレ
モエルーショコラ
フロランタン

■値段
フィナンシェ:238円
ブラウニー:324円
マドレーヌ:227円
モエルーショコラ:280円

ホールケーキ&アントゥルメ

パティスリーラヴィルリエでは、基本的にホールケーキ(アントゥルメ)を店頭に並べないとのこと。フランス菓子のお店であることから、万人受けする味にはなっていないため、パティスリーラヴィルリエの味をよく知っている方に納得して買ってもらいたいという思いがあるのだとか。

また、もう一つの理由として、ホールケーキは特別な日に購入するものであるため、そのお客さまに合わせて世界に一つだけのケーキを作りたいという思いもあるとのこと。
そのため、ホールケーキを希望する際は、1週間以上前に要望を聞いてからつくるというスタンスを取っているそう。

そういった経緯から、ホールケーキが並ぶのはクリスマスなどのイベント時期のみとなっていました。しかしお店の味が浸透してきたこともあり、2016年以降からは土・日の14時~も限定的に並ぶようになっています。

■種類
2019 Noel アン(クリスマス限定)
2019 Noel ドゥ(クリスマス限定)
2019 Noel トロワ(クリスマス限定)
2019 Noel キャトル(クリスマス限定)
スフレフロマージュ(クリスマス限定)
ガトーショコラ(クリスマス限定)

■値段
2019 Noel アン:4,260円~
スフレフロマージュ:2,778円~
ガトーショコラ:2,963円~

季節限定メニュー

バニラなどの定番のほか、ピスタチオやマスカルポーネなど幅広い素材を使用したアイスクリームが味わえます。また、栗などの季節感が楽しめるフレーバーも。

他にも、アイスクリームを挟んでいるエクレア「エクレール」も人気を呼んでいます。
■種類
バニラ
ショコラ・オ・レ
クッキー&クリーム
ヴァシュラン
エクレール

■値段
シングル:380円
ダブル:480円

          

その他情報

混雑状況は?予約はできる?

パティスリー ラヴィルリエは「行列ができるお店」といわれているので、混雑することも考えられそうです。当日に来店できる場合のみ、予約することもできるそうなので、買いたいものが決まっている場合は予約おくのが安心ですね、

ホールケーキ&アントゥルメは要予約

パティスリー ラヴィルリエの公式ブログでは、土曜日・日曜日の14時~店頭に並ぶと書かれています。しかし決まった時間に訪れることが難しい場合や、混雑で売り切れてしまう可能性なども考えると、やはり予約をしておくほうが良いかもしれませんね。

日持ちするの?賞味期限は?

焼菓子については、3種類詰め合わせセットが10日ほど、サブレは2~3週間ほど日持ちするそうです。

パティスリー ラヴィルリエの店舗情報

アクセス方法 駐車場はある?

パティスリー ラヴィルリエの店舗は、地下鉄谷町線「中崎町駅」から徒歩5分ほどの場所にあり、扇町公園の真向かいです。

駐車場は無いものの、付近に市営の扇町駐車場と、コインパーキングがあります。

営業時間・定休日は?

営業時間は午前11時~午後7時までですが、商品が売り切れ次第閉店とのこと。

定休日は日曜日となっていて、その他にも、仕込みなどの理由から不定休の日が設けられています。

通販・オンラインショップでも買えるの?

パティスリー ラヴィルリエでは、オンラインショップを運営していないようです。
しかしクリスマスの時期には、阪急阪神百貨店公式通販にてクリスマス限定ケーキの受付をしています。但し、クリスマスケーキの受け取りは「店舗受取のみ」となっていました。

阪急阪神百貨店公式通販からクリスマスケーキを見る

公式ブログ・Facebookでお店の最新情報が確認できる

パティスリー ラヴィルリエでは公式ブログを運営しているので、ぜひ最新情報をチェックしてみてくださいね。
パティスリー ラヴィルリエの公式ブログを見る


パティスリー ラヴィルリエのFacebookを見る

店舗情報
店名:パティスリー ラヴィルリエ
住所:〒530-0024 大阪府大阪市北区山崎町5-13
営業時間:11:00~19:00
定休日:日曜(その他不定休あり)