• HOME
  • コラム
  • ケーキ
  • 1924年創業の老舗<喜久家洋菓子舗 >|ハマっ子御用達の大人のスイーツ、ラムボールとは

1924年創業の老舗<喜久家洋菓子舗 >|ハマっ子御用達の大人のスイーツ、ラムボールとは

喜久家洋菓子舗 ラムボール

全国的に名の知れた横浜の土産は幾つかありますが、喜久家洋菓子舗のお菓子も横浜の代表的な土産と言えます。

喜久家洋菓子舗は土産としてだけでなく、地元の人からも愛されているお店です。1924年に創業した老舗店である喜久家洋菓子舗は、外国人居留地だった横浜の面影を残すような懐かしくもあり斬新なお菓子を提供しています。

喜久家洋菓子本舗

浜っ子御用達・使える手土産No.1に選ばれるラムボールを製造している喜久家洋菓子舗。

創業は1924年。本店は元町のショッピングストリート沿いにあります。喜久家洋菓子舗ではタルトやモンブランなどのケーキ類、フィナンシェやクッキーなどの焼き菓子、カップケーキやプリンなども用意されています。

その種類は70~80種類だとか。イートインも可能で、ドリンクメニューもあるそうです。

多くのお菓子がある中でも、喜久家といえばラムボールを挙げる人が圧倒的だと言い切って良いほど、ラムボールという商品は絶対的人気を誇っています。

喜久家といえばラムボールは外せない!味や賞味期限は?

横浜では親子や家族3代で喜久家洋菓子舗のラムボールファンという人達もいる程、喜久家洋菓子舗のラムボールは市民に根付いています。

ラムボールの形状

喜久家洋菓子舗のラムボールの見た目は少し大きめのチョコレートボールです。4cmくらい。外側のチョコレートコーティングを割ったら、中はラム酒の香り漂うスポンジ生地になっています。

喜久家洋菓子舗のラムボールは製造の際、ラム酒に漬けたナッツ類などを混ぜた生地をチョコレートの中で発酵させています。完成後、更に数日おいて店頭に並べられています。ラム酒感が強く、大人向けです。

誕生秘話

異国情緒漂う横浜にある喜久家洋菓子舗の創業者は、当時横浜に住んでいた外国人の持ち込みレシピに応えてお菓子を作っていたそうです。

その中のレシピから誕生し、今に受け継がれたのが喜久家洋菓子舗のラムボールと言われています。門外不出で現在まで受け継がれ、今では喜久家洋菓子舗のベストセラー商品となっています。

しかし、どの国のお菓子かは不明だそう。日本では喜久家洋菓子舗が発祥で、当初は四角だったのが昭和10年頃に球形になってより人気になりました。

製造の秘密

門外不出のレシピということでレシピは詳しく知ることはできません。ただ、レーズンやナッツ類をラム酒に1ヶ月ほど漬け込んだ後にスポンジ生地に混ぜ込み、2~3日かけて発酵させるのがポイントらしいです。

この手間が香りと滑らかな生地を作るとのこと。また、コーティングチョコレートは、季節に応じて素材の配合を調節するなどの工夫が加えられています。

保存方法や賞味期限

夏季は要冷蔵です。賞味期限は約1週間です。洋酒入りなのでお子様にはおすすめしません。

購入について

1個から購入できます。花柄の箱には2個、4個、6個、8個セットがあります。白いボックス入りには10個、12個、15個、20個セットもあります。引き出物としても選ばれるそうですよ。

通販はできる?喜久家洋菓子舗のラムボールを購入したい場合は?

遠方に住んでいて喜久家洋菓子舗まで足を運べない人もいるでしょう。

今の時代、多くの菓子店でネット通販を取り扱っていますが、喜久家洋菓子舗ではネット通販はありません。
しかし、お取り寄せには対応してくれます。喜久家洋菓子舗に電話で注文しましょう。電話番号は045-641-0545です。

2個入りのラムボールから注文でき、支払は代引きとなります。代引きでは運送費と商品代金の他、代引き手数料を支払うことになります。

バレンタインにも喜久家洋菓子舗のラムボールはおすすめ

喜久家洋菓子舗のラムボールは地元の人にはバレンタインの贈り物としても選ばれています。特に、職場の男性や友達への義理チョコやお酒好きなお父さんにも喜ばれるそうです。

小さい頃にラムボールを口にした時、「なんてオトナな味なんだろう…」と感じましたが、まさにその点がバレンタインに向いているのではないかと勝手に思っています。

引用:食べログよりhttps://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140101/14030964/dtlrvwlst/B117315936/

価格や重量感、持ち歩きのしやすさなども含めて、喜久家洋菓子舗のラムボールはバレンタインにおすすめ。
喜久家洋菓子舗のラムボールなら、ただ甘いだけのチョコレートとは一線を画しているので、お酒が好きな方など大人向けの贈り物にもぴったりですよ!

喜久家洋菓子舗のその他のお菓子

もちろんラムボール以外のお菓子も美味しいので、ぜひ食べてみて下さい。

ジャムターツ

オーブンで2度焼きしたパイにアーモンドを乗せて、中にストロベリージャムをサンドしたジャムターツ。美味。

アーモンドビスケット

ドイツの田舎風ビスケットをちょっと柔らかい食感にアレンジしたアーモンドビスケット。絶品です。

ミートパイ

パイの中に牛肉や豚肉、タマネギ、隠し味のフルーツが入っています。

喜久家洋菓子舗の店舗情報

横浜元町に店舗をおく喜久家洋菓子舗。
山下公園・中華街・みなとみらいエリアから少し足をのばして立ち寄ることもできますし、店舗まで行けない場合は横浜駅直通の相鉄JOINUSに喜久家洋菓子舗の売店がありますので、そちらも便利♪

尚、喜久家洋菓子舗の元町店ではイートインコーナーもあるので、ゆっくりとお茶を飲みながら喜久家洋菓子舗の美味しいケーキを楽しむこともできます。

店舗情報
店名:喜久家洋菓子舗元町店

住所:神奈川県横浜市中区元町2-86

定休日:不定休(原則第3もしくは第4月曜、祝日の場合営業)

営業時間:(月曜以外)10:00~19:30(月曜)10:30~18:20