Parisのエスプリを感じる本格パティスリー「パティシエシマ」

photo by パティシエ・シマ http://www.patissiershima.co.jp
ケーキ

日本のトップパティシエのひとり島田氏の洋菓子店パティシエシマは、嵐のメンバーがスイーツ部で食べたケーキのお店としても有名。
地下鉄麹町駅からすぐのところにある店舗には、多くのスイーツファンが本格的なフランス菓子を求めてやってきます。パリの名だたるパティスリーやシェシーマなどで経験を積んだ島田氏がオープンしたパティシエシマでは、ドイツ菓子のシュトーレンや素朴なレモンケーキさえもおしゃれなスイーツとして提供されています。

パリで修行を重ねたパティシエシマのパティシエが作り出す本格パティスリー

パリの一流パティスリーで腕を磨いたパティシエ島田徹氏が作り出す本格フランス菓子が堪能できるパティシエシマ。麹町にあるショップでは、パリのエスプリを感じる伝統的な、しかしながら日本人の口に合うガトーを存分に味わうことができます。
また、お祝いの席などにおすすめなパティシエシマの人気商品「めでたいパイ」は、見た目は古風な日本っぽさを漂わせながらも味わいはしっかり洋風というギャップがたまらない和洋折衷の焼き菓子です。

パティシエシマのパティシエの遊び心 めでたいパイ

体長27cmの鯛の姿をしたパイです。小麦やバターを丁寧になんども重ねたパイ生地に、こだわり抜いたりんごとアーモンドを包んで焼き上げた香ばしいアップルパイです。
お祝いや贈り物にぴったりのパティシエシマのめでたいパイです!値段は8,000円代とちょっと高めですが、インパクト間違いなしの一品です。

ふわふわの食感がたまらない!パティシエシマの「クレームアンジュ」

パティシエシマの代表的なお菓子のひとつ「クレームアンジュ」。フランスのフロマージュブランをベースに考えられたチーズケーキです。ふわふわクリームの中に入っているのはソースがたっぷり染み込んだスポンジ。その食感は一口食べれば衝撃の口当たりで、幸せな気持ちになること間違いなしです。フレッシュなフロマージュの酸味とさっぱりとしたフランボワーズのソースの相性は抜群で、ふとした時に食べたくなるクセになる味わいです。「クレームアンジュ」は値段が少々お高めですが、パティシエシマを訪れたらぜひ買って帰りたいパティシエシマの一品です。

お持たせにぴったりなパティシエシマのショコラ

フランスで人気の甘いものといえばショコラがありますが、パティシエシマにもガトーだけでなく、チョコレート好きを唸らせるショコラが並んでいます。パティシエシマで人気のショコラはやはり「東京の石畳」と名付けられたチョコレートでしょう。滑らかな口どけでついつい手が伸びてしまう「東京の石畳」は、贈り物としてもおすすめ。他にも、キャラメリゼしたアーモンドをチョコレートで包んだ「アマンドショコラ」や輪切りのオレンジにチョコレートを浸した「クロコダイルオレンジ」も人気です。

クラシックなガトーやヴィエノワズリーが並ぶパティシエシマのショーケース

フランスの豊かな食文化を伝えるべく、古典的なフランス菓子をアレンジし、日本に広めた第一人者として知られる島田氏のパティスリー・パティシエシマ。パティシエシマのショーケースを飾るのは、そんなフランスの洗練されたガトーを再現したお菓子です。クロワッサンやパンオショコラといったヴィエノワズリーも並ぶパティシエシマは、まるでパリの街角にあるパティスリーに立ち寄ったかのような気分を味わえる素朴で背伸びしない、どこか懐かしい感じのするショップです。

パティシエシマのサロン・ド・テで過ごす素敵なカフェ時間

パティシエシマの隣にあるラトリエ・ド・シマは、カフェを併設するチョコレートショップです。ラトリエ・ド・シマでは、パリの街角にあるカフェのような雰囲気の中、パティシエシマのガトーを味わうことができます。時間があるなら、ぜひラトリエ・ド・シマにも立ち寄り、ゆったりとした素敵なティータイムを過ごしてみてはいかがでしょうか。

店舗情報
店名:パティシエ シマ

住所:東京都千代田区麹町3-12-4 麹町KYビル 1F

定休日:日曜日

営業時間: [月~金] 10:00~19:00
[土・祝] 10:00~17:00

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。