絶対に食べたい「黒船」の新感覚どら焼き♡

自由が丘に本店を構える黒船(QUOLOFUNE)は日本だけにとどまらず海外にも店舗を構えるお菓子屋です。カステラが人気のお店として知られていますが、カステラに負けじと人気なのがどら焼きです。

今回は、黒船のどら焼きをご紹介します。

黒船

1919年創業の長崎堂が母体となっているお店で、冒頭にも述べた通り、カステラが人気のお店です。

カステラが目立ちすぎますが、実はどら焼きも美味しいのです。

一味も二味も違う黒船のどら焼き

一般的な丸い分厚い生地にあんこが包まれたどら焼きとは違い、半月型の薄い生地に餡が挿んである小ぶりな和菓子です。男性には少し物足りないサイズかもしれませんが、お子様や女性には丁度いい大きさです。

生地にはもち米粉と黒糖を使用し、餡に使われている小豆と水もこだわり抜かれています。

口コミでも多くの人がしっとり&もちもちした生地を特徴にあげていて、それが黒船どら焼きのファンを魅了させているようです。出来立て、そして手作りにこだわっているので数量限定。なるべく午前中に買いに行ったほうがいいでしょう。

商品パッケージにもこだわりあり

黒船どら焼きに使われている包み紙は、なかなかモダンなデザインです。シンプルでありながらも、きらりとセンスが光るパッケージは贈り物としても最適です。

賞味期限と価格

定番の粒餡以外にもいくつか違った餡がありますが、どれも賞味期限は製造日を含め2日~3日と日持ちがそれほどしません。また、餡に使用されている食材によっては賞味期限がそれよりも短い場合があります。

カロリーは?

女性ならやはり気になるのがカロリーです。残念ながら、商品のカロリーは公開されておらずはっきりした数字は分かりませんが、一般的な小倉餡どら焼きは200カロリー前後です。

サイズが小さめなので、もしかしたら一般的などら焼きより低いかもしれませんが、美味しいからといって食べすぎには要注意です。

季節限定品について

定番に加え、季節に合わせたどら焼きも見逃せません。

季節のフルーツを使った黒船どら焼き

季節のフルーツを使った黒船どら焼きは、もはやオリジナルのお菓子のよう。

そるとあん

また、6月上旬~8月下旬に販売されている「そるとあん」は多くの女性から美味しいと評判の季節限定商品です。厳選された塩を使用した白餡は甘塩っぱく、どら焼き生地に使われている黒糖の少し渋みのある甘さと相性抜群です。

フローズンどら焼きFOFO

いかにも夏らしいフローズンどら焼きは斬新ですね。パッケージにも季節限定や店舗限定デザインがあり、中身だけに惹かれるのではなくパッケージもレア感満載です。

桜どら焼き

2月15日~4月上旬にかけては春を感じさせる「桜どら焼き」を販売します。刻んだ桜葉を含めた白餡ととても柔らかい求肥で作ったどら焼きになります。もちもち生地で包んだ桜の香りは春を感じさせる最高の一品です。

秋は栗を使った「みやま」

秋といえば栗!大きな栗がごろっと入って贅沢です。

冬「どらノワール」&「りんごポーネ」(要冷蔵)

  • どらノワール…洋風仕上がりになっています。11月1日から4月上旬。2019年に初登場。チョコレートクリームとチョコレートチップに注目!
  • りんごポーネ…りんごの甘煮とマスカルポーネチーズのどら焼き。

黒船どら焼き空港限定品とは?(羽田空港や伊丹空港で購入可!)

実は、空港限定品があります。限定品に弱い人は要チェックですね。空港をよく利用する人もぜひ。

古今東西黒糖どら焼き

黒糖香るしっとりくち溶けのお菓子に仕上がっています。お土産にもおすすめ。

お取り寄せしたい!通販情報は?

オンラインショップがあり、いつでも注文可能です。ネット環境さえあればいつでも注文できるのは有難いです。(但し、種類は限定されます)

Amazonや楽天市場にも出品されているかもしれませんが、公式オンラインショップがおすすめです。

ぜひ利用してみて下さい。ご利用はこちら↓

黒船のオンラインショップ

店舗情報(東京・大阪)

お店情報
店名:自由が丘本店

住所:東京都目黒区自由が丘1-24-11

定休日:第1・3月曜日(祝日の場合は翌日)

営業時間: 10:00~19:00

お店情報
店名:南堀江店

住所:大阪市西区南堀江2-13-30

営業時間: 10:00〜20:00

お店情報
店名:黒船 羽田空港店

住所:東京都大田区羽田空港3丁目4−2 羽田空港国内線第2旅客ターミナルの食物販店「東京食賓館」