懐かしいようで新しい!生どら焼きの魅力!

photo by あんこ百貨店 https://anko-dept.jp/suruga-namadorayakiset/
どら焼き

ふわふわの記事にあまーい餡子が入った、和菓子といえば「どら焼き」!そんなどら焼きですが今は洋の要素も加わって更においしくなった「生どら焼き」が大人気です。お歳を召した方も、小さな子供にも懐かしくて新しい生どら焼きの魅力をご紹介します!

生どら焼きをお家でも作ってみよう!

生どら焼きはお店でしか食べられないと思っていませんか?そんなことないんですよ♪なんとホットケーキミックスを使えば、お家でも美味しい生どら焼きが食べれちゃいます。簡単な生どら焼きのレシピをご紹介します。

1.ホットケーキミックスに200gに卵2つ、はちみつ大匙2、牛乳100cc、みりん大匙1、サラダ油大匙1を良く混ぜ合わします。

2. ホットプレートやフライパンにお玉で少なめの1の生地を落とします。

3.両目焼けたら、乾燥しないようにあら熱をとります。

4.生クリームを泡立てて、粒あんと混ぜ合わします。

5.3に4を挟めたら完成です!

思っていたより簡単!と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?
少しアレンジして生地に抹茶をプラスすると、抹茶風味になって更に美味しくいただけますね。
火に気を付ければ、お子さんとも一緒に作れると思うので是非チャレンジしてみてください!

専門店の生どら焼きも食べてみたい!

お家でお手軽に食べれる生どら焼きも良いですが、生どら焼き専門店の絶品ものも食べてみたいですよね。こちらでは生どら焼きの人気店をご紹介します。お取り寄せできる、お店もあるので遠くてなかなか買いに行けないという方も是非チェックしてみてください。

生どら焼き専門店 七星

京都にある有名生どら焼き専門店です。しっとりとした生地の間に挟まれたたーっぷりのクリームあんが特徴のお店です。定番の小豆のほかに、抹茶、チョコレート、さつまいも、ほうじ茶などもあり、生どら焼き好きなら1度は食べてみたい逸品です。

生どら焼き専門店 DOU

東京でおすすめの生どら焼きのお店がこちら!普通のどら焼きと少し形が異なりコロンとした可愛さのある、生どら焼き専門店DOU。スポンジケーキのような ふわふわの生地で今までのどら焼きのイメージを覆すような新しい生どら焼きです。生クリームと餡はサンドされたプレーン、抹茶、そしてソフトクリームがサンドされている商品もあります!

創作菓子処 京都きね箭

京都にある和菓子店のきね箭の生どら焼きは餡子がずっしり入っていて食べごたえがありそうな一品。抹茶をはじめ、キャラメル、カフェオレ味など洋風テイストの味が並びます。お取り寄せも出来るようなので気になる方はチェックしてみてください!

菓匠 榮太郎

お土産ランキングなどでも常に入って東京の超有名店「榮太郎」。北海道の厳選された小豆と新鮮な生クリームを掛け合わせた、クリーミーな餡。そして蜂蜜を練りこんで、ふっくらと焼き上げた生地。榮太郎の100年かけた経験から生まれた生どら焼きです。種類も豊富で小豆のほかに、ごま風味、ラムレーズン、チョコ、季節限定の商品もあります。大丸東京店は東京駅のすぐ近くなどでアクセスもいいですよ!

このほかにも、コンビニでも生どら焼きが販売されていたります。特にセブンイレブンは生どら焼きに力を注いでるイメージあり、様ざまなテイストの生どら焼きを販売していますね。プリン味の生どら焼きや厚さ5cmにもなるボリューミーで店頭で見つけたら、つい手に取ってしまうようなインパクト大の生どら焼きが販売されています。

ちなみにこちらの商品のカロリーは378kcal。ボリューミーな見た目にもっと高いかな?と思いましたが和菓子のため洋菓子より低いですね。

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。