日本の洋菓子界の巨匠が作る「イデミスギノ」の絶品焼き菓子

フィナンシェ

東京メトロ銀座線の京橋駅から徒歩3分のところに、世界のトップパティシエが認める日本の洋菓子界の巨匠が手掛けるスイーツ店「イデミスギノ」があります。イデミスギノは、東京のケーキ店のなかでもトップ3に入ると言われるほどの人気店。ケーキはもちろんですが、焼き菓子も大人気で、手土産にも最高のスイーツだと絶賛されているんですよ。今回は、そんな手土産にぴったりのイデミスギノの焼き菓子について、ご紹介したいと思います。

イデミスギノはどんなお店?

京橋にお店を構えるイデミスギノは、日本を代表する洋菓子界の巨匠、杉野英実パティシエが経営するお店。デパートの催事出店も一切行っていないというこだわりぶりです。
店内には、たくさんのケーキと焼き菓子が並んでおり、イートインスぺースも設けられています。ケーキは温度が大事、というパティシエの信念から、テイクアウトできないケーキもあるようです。コーヒーとキャラメルのムースのケーキ、ブレジリエンヌは大人のためのケーキ。甘さ控えめのほろ苦さが際立つ一品です。エヴェレストは、チーズクリームにフランボワーズが乗ったケーキで是非一度は食べて欲しい絶品ケーキです。イデミスギノのケーキは、洋酒がきいたケーキも多いようですので、お酒が苦手な方はご注意ください。

イデミスギノの人気焼き菓子を一挙ご紹介!

イデミスギノの豊富な種類の焼き菓子をご紹介いたします。
フィナンシェ ジャンジャンブルは、生姜を練りこんだフィナンシェです。生姜の辛みが爽やかで、バターの香りとマッチして美味しいです。フィナンシェは他に数種類、取り揃えていますが、バターやはちみつをふんだんに使っており、濃厚な味わいが堪らない人気商品となっています。

キャラメル アプリコは、キャラメルがたっぷりと入った生地に、アプリコットがたっぷりとはいっています。アプリコットの酸味が効いた味わいになっています。
プラジュニースは、シェル型のマドレーヌです。こちらも生姜味の焼き菓子となっており、生姜の香りが楽しめるユニークな焼き菓子です。他では味わえない焼き菓子です。
ケークシトロンは、レモンの爽やかな風味が味わえる小さめのケーキ。レモンの香りが上品な一品。
おすすめの焼き菓子は、フィナンシェやマドレーヌなど、保存料を使用していない焼き菓子たち。こだわりの焼き菓子をぜひ堪能してみてください!

【フィナンシェ ジャンジャンブル】1個 260円
【キャラメル アプリコ】1個 300円
【プラジュニース】1個 280円
【ケークシトロン】1個 280円

イデミスギノの焼き菓子詰め合わせは接待や手土産にぴったり!

イデミスギノでは、生菓子だけでなく焼き菓子も美味しいので、焼き菓子の詰め合わせは手土産や接待でも大活躍しています。詰め合わせは自由に好きな焼き菓子を選ぶことができます。焼き菓子は1個あたりだいたい300円前後なので、5個の箱での詰め合わせの価格は、2000円前後~、8個くらいだと3000円前後~が平均的なお値段かと思います。パティシエこだわりの焼き菓子は、保存料を使っていないので、賞味期限も1週間前後と長くはないようです。もちろん、通販等でのお取り扱いもありません。遠方の方も、ぜひお近くまでお越しの際は、パティシエこだわりの大人気スイーツを試してみてはいかがでしょうか。

店舗情報
店名:Patissier HIDEMI SUGINO(イデミスギノ)

住所:東京都中央区京橋3-6-17 京橋大栄ビル1F

定休日:月曜日(祝日の場合は翌日休)、火曜日不定

営業時間:10:00~19:00

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。