福島名物「薄皮饅頭」と和歌山名物「うすかわ饅頭」の違いや特徴は?

photo by 柏屋オンラインショップhttps://www.usukawa.com/

「うすかわまんじゅう」という和菓子をご存知ですか?

実はうすかわまんじゅうには、うすかわ饅頭と薄皮饅頭の2種類があります。福島県名物が「薄皮饅頭」、和歌山県名物が「うすかわ饅頭」です。

うすかわ饅頭と薄皮饅頭は表記法が違うだけで同じ名前ですが、見た目も味も別物。でも、うすかわ饅頭と薄皮饅頭はどちらも美味しく、魅力的なことに変わりはありません。

今回は2種類のうすかわまんじゅうの魅力をご紹介します。

福島名物「柏屋」の薄皮饅頭

うすかわ饅頭と薄皮饅頭のうち、福島名物は「薄皮饅頭」の方です。

福島名物の薄皮饅頭は、福島県郡山市にある1852年創業の和菓子屋「柏屋」で作られています。この饅頭は、初代店主の本名善兵衛が考案したといわれています。奥州街道に、この薄皮饅頭を取り扱った「薄皮茶屋」という店を開き、奥州街道を旅する人たちに売っていたそうです。

この薄皮饅頭は、東京都の志ほせ饅頭、岡山県の大手まんぢゅうとともに日本三大饅頭の1つとして名をはせています。

小麦粉に黒糖を混ぜた薄い皮に、ぎっしりなめらかな餡がつまった饅頭です。人によって凍らしてアイスのようにしたり、てんぷらにして食べたりするそう。

柏屋は現在、福島県内に13店舗、東京、栃木、宮城に各1店舗ずつあります。店舗によって、薄皮饅頭の手作り体験ができるところも。小学生以下は108円、大人は540円と手軽に参加できる価格です。自分の手で作った薄皮饅頭は、さらにおいしく感じるのではないでしょうか?

柏屋はオンラインショップもあるので、通販も可能です。

柏屋オンラインショップ

店舗情報
店名:柏屋本店

住所:福島県郡山市中町11-8

営業時間:10:00~19:00

和歌山名物「儀平菓舗 本店」のうすかわ饅頭

うすかわ饅頭は和歌山名物として知られています。和歌山県串本町名物のうすかわ饅頭は、串本町の景勝地、橋杭岩のごつごつした形をイメージして作られました。うすかわ饅頭は甘さ控えめのこしあんを酒種生地で包んだ、しっとり上品な味わいの和菓子です。

うすかわ饅頭の生みの親は、明治時代創業の老舗和菓子店「儀平菓舗本店」の2代目店主だといわれています。その当時、和菓子は甘さが命といわれており、うすかわ饅頭のように甘さ控えめの饅頭を提案するのは、勇気のいることだったのではないでしょうか。

しかし現在では、甘すぎないものが好まれるようになりました。うすかわ饅頭を作った2代目は、先見の明があったのかもしれませんね。現在では、うすかわ饅頭の甘さが丁度良いと評判です。

うすかわ饅頭は保存料を使わず職人さんの手作りなので、賞味期限は2~3日。うすかわ饅頭をお土産に購入する際は、気を付けてくださいね。

ほっとするような素朴な味わいです。うすかわ饅頭を温めて食べると一層おいしさが引き立ちます。

うすかわ饅頭を販売する儀平は本店の他、和歌山県内に幾つか店舗があり、うち一つは近鉄百貨店に入っています。また、儀平のHPにあるオンラインショッピングでうすかわ饅頭を購入できます。うすかわ饅頭が気になる方はぜひ利用してみて下さい。

ご利用はこちら↓

儀平菓舗 本店オンラインショップ

現在「儀平」は、「北鎌倉儀平」という名で鎌倉にも店舗を構えています。

つまり、鎌倉でもうすかわ饅頭を食べることができます。関東でうすかわ饅頭を食べたい方は、北鎌倉儀平へ!こちらは蔵造り風の白壁が目印。店内はカフェとなっており、コーヒーや生ジュースとうすかわ饅頭をセットでいただけます。自然の中でゆったりと過ごすことができますよ。

儀平の店舗一覧

店舗情報
店名:儀平菓舗 本店

住所:和歌山県東牟婁郡串本町串本1851

営業時間:7:00~18:30

定休日 なし

店舗情報
店名:北鎌倉儀平

住所:鎌倉市山ノ内495-9

営業時間:9:30~17:00