人柄溢れる温かな甘味処 華樓

photo by 人気メニュー実食レポート!「甘味処 華樓(がろ)」|特集記事|とっておきの練馬https://www.nerimakanko.jp/review/detail.php?article_id=SPE0000014
かき氷

大泉学園駅から歩いて2,3分で見えてくる甘味処 華樓。 華樓と書いて、「がろ」と読みます。

華樓は元和菓子職人をしていたおじいちゃんがご夫婦で営んでいる純喫茶のような甘味処です。
昭和の雰囲気が感じられるレトロな華樓の店内では、BGMやテレビなどの音声がなくゆったりとした時間を楽しむことができます。

「ほっ」とできる華樓のケーキ

甘味処 華樓のホットケーキは小さい頃に焼いてもらったような懐かしさのある味わいです。

ムラのないきつね色に焼きあがった生地はふっくらしっとりとしていて素朴な味わい。バターとハチミツをトッピングして頂きます。
ふかふかとした生地とほんのりとした甘さは「ほっ」と落ち着くことができます。

甘味処で味わうナポリタン

甘味処 華樓といいつつ、華樓では甘味だけではないんです。

甘味処だけど甘味じゃないところも純喫茶の雰囲気が出ている理由かもしれません。
大きな具がたっぷり入ったナポリタンは昔ながらの懐かしいケチャップとハムがおいしい!
タバスコや粉チーズで味の調節ができるので好みの味を見つけるのも楽しみの一つです。

もっちりトロりと味わう 華樓の甘味

甘味処と言えばぜんざいやあんみつは外せません。もちろん華樓も甘味処ですので、ぜんざいやあんみつがあります!

華樓のクリームぜんざいにはどんと真ん中にソフトクリームが入っていて餡子の上品な甘さととてもよく合います。
もっちりとした白玉は店主のおじいちゃんのお手製で、モチモチとした食感でとろっととろけてしまいます。

あんみつはトッピングを全部盛りしたくなってしまいます!抹茶や黒蜜で味わうあんみつはサッパリとした甘さなのでペロリと完食できてしまいます。

一年中味わえる 華樓の冷たい甘味

華樓といえば「かき氷」というくらい華樓で人気のメニューです。

しかも、かき氷は暖かい夏だけというお店が多いのですが、華樓では一年中かき氷を楽しむことができます。

天然氷を使って店主のおじいちゃんが削るかき氷はキーンとせず人気の高いメニューです。

抹茶シロップは香りが飛ばないように作り立てをかけてくれます。
餡子でなく金時豆がごろごろと乗っているのもポイントです。

人気のあんみつとかき氷が両方味わえる氷あんみつもおすすめです。
氷の下には餡子や白玉や寒天がたっぷりと隠れています。

甘味処 華樓ではちいさいお子さんがNGなので注意が必要ですが、一度訪れると何度も通いたくなってしまう魅力のある甘味処です。
ぜひおじいちゃんとおばあちゃんの作る優しい甘味を味わいに華樓を訪れてみてはいかがでしょうか。

お店情報
店名:甘味処 華樓

住所:東京都練馬区東大泉5-41-6

定休日:水曜日

営業時間: 11:00~20:00 (L.O.19:30)

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。