実は名古屋の老舗和菓子店!全国展開の両口屋是清

デパートや駅ビルの和菓子コーナーによく見かける 両口屋是清。

両口屋是清は、全国に100店舗店舗以上を展開している、大手和菓子メーカーです。

実は、両口屋是清は創業1634年(江戸時代)の由緒ある老舗です。

時代に合わせながらも古い伝統も大切に守る、そんな老舗、両口屋是清のお菓子を紹介します。

老舗・両口屋是清

両口屋是清は創業1634年の老舗店。猿屋三郎右衛門が名古屋で饅頭屋を開業したのが始まり。初代の目標である尾張藩ご用達のお菓子屋になることは二代目になって果たすことができたのだとか。そして、徳川光友より御菓子所両口屋是清の名を賜りました。

種類が豊富な和菓子店「両口屋是清」の和菓子

名古屋の和菓子店と言えば、小豆のこだわって上生菓子や羊羹が注目されるお店が多いです。

しかし両口屋是清は和菓子の手法をすべて網羅しているのか?と思うくらい、種類が豊富です。

・焼菓子
「よも山」「旅まくら」「志なの路」

・干菓子
「二人静」

・棹菓子
「をちこし」「ささらがた」

このほかにも両口屋是清では定番の上生菓子や羊羹はもちろん、せんべいまで取り扱っています。

両口屋是清の看板商品「旅まくら」

両口屋是清は1950年の国体時に天皇・皇后陛下のお菓子を担当することになったそう。定番の菊や桐のアレンジしたお菓子ではなく、趣向をこらした素材をと考案されたのが旅まくらだそう。

一口サイズで中にはしっとりとしたあんこがぎっしり。ゴマの風味が香ります。

旅まくらを口にした天皇・皇后陛下もたいそうお喜びになったとのことですよ。

オリジナルデザインで作れる両口屋是清の「千なり」

両口屋是清の看板標品の一つ「千なり」。

両口屋是清の人気商品「千なり」とは、香り豊かな北海道産小豆を丹念に炊き上げたこだわりのつぶ餡をふんわり・しっとりした生地で優しくサンドした、どら焼きです。

両口屋是清は結婚式の引き出物や、会社のお祝いの記念品向けとしてオリジナルの焼き印を押した千なりの販売も行っています。

通信販売通常販売価格
5個入り(小豆粒あん3個/抹茶あん1個/紅粒あん1個):820円(税込み)

オリジナル千なりは商品代金にプラスして、焼き印の代金がかかります。
注文数によって焼き印価格は変わりますが、800個超える注文の場合は焼き印は無料との事です。

また季節に合わせて、両口屋是清の店舗でも変わりダネの千なりを製造しています。

最近ではハロウィンにかぼちゃ餡の千なりが話題になりました。

新しいお菓子「ささらがた」

両口屋是清は伝統ある老舗ですが、進化もしています。

今、両口屋是清のイチ押しのお菓子と言えば、「ささらがた」でしょう。

季節によって変わる風貌から、羊羹?ゼリー?カステラ?どのジャンルと言えばいいのか迷ってしまうお菓子です。

夏はゼリーっぽく、秋はカステラ要素が強くとお店に行くたびに新しい「ささらがた」に出会えます。

また個装されている事から現代のお土産ニーズにマッチした商品と言えるでしょう。

干支、バレンタイン、ひな祭りとイベントごとに発表される商品はパッケージも含めて注目です。

2020年の両口屋是清のバレンタイン最新情報!

両口屋是清は老舗ではありますが進化していると述べましたが、伝統にとらわれず2020年のバレンタインにもバレンタイン用の商品が登場。ここでは、2020年の両口屋是清のバレンタイン商品をご紹介します。

バレンタインささらがた

羊羹に浮かぶ赤い3つのハートがとてもきれいで魅力的。和と洋が融合したような一品。羊羹はホワイトチョコにマーブル模様をほどこしたオレンジピールが入ったチョコ風味、ハートは錦玉羹。パッケージもバレンタイン専用で可愛いです。3個入り1134円(税込み)

千なり バレンタイン<チョコレートあん>

両口屋是清の看板商品の一つである千なりにチョコレートあんを包んでいます。焼き印もバレンタイン用に。3個入り702円(税込み)

二人幸(しあわせ)

ハートとココア風味の御干菓子の詰め合わせ。 見た目も可愛く、開けるとほっこりする商品。810円(税込み)

両口屋是清の店舗や通販

両口屋是清では店舗販売の他、両口屋是清の公式HPにオンラインショッピングもありますよ。

店舗情報
店名:両口屋是清 本町店 (りょうぐちやこれきよ)

住所:愛知県名古屋市中区丸の内3-14-23

定休日:第3日曜日・1/1

営業時間: 8:30~19:00

関連記事一覧