• HOME
  • コラム
  • スイーツ
  • クレープ生地も絶品!売り切れ必須の大人気アイスクリームブリュレが味わえる大阪の「クレープあまのじゃく」

クレープ生地も絶品!売り切れ必須の大人気アイスクリームブリュレが味わえる大阪の「クレープあまのじゃく」

photo by クレープあまのじゃくhttps://www.instagram.com/crepe.amanojyaku/

食べ歩きグルメとして人気となっているクレープは、若い人を中心に今では定番のスイーツとなっており、美味しいものが数多く集まる大阪でも例外ではありません。
中でも、様々なお店がひしめきあう天神橋筋商店街の近くにある「クレープあまのじゃく」は開店と同時にあっという間に大人気となり、行列もできるほど評判なんだとか。
今回は、そんな「クレープあまのじゃく」の魅力や人気メニューをたっぷりとご紹介していきましょう。

クレープあまのじゃくはどんなお店?魅力は?

クレープあまのじゃくは2015年、天満町に第一号店がオープンしました。出来立てのさくさくの生地と、カスタードの表面を焦がした新しいクレープ「アイスクリームブリュレ」はたちまち人気となり、多くのメディアにも取り上げられたようです。
さらに2020年4月には2号店となるカフェ&クレープ あまのじゃくもオープンし、その人気は高まっています。

「出来立てを食べてもらいたい」との思いから「消費期限は3分」とされていますが、3分経った後でももちろん美味しく頂けます。出来立てはサクサクの生地が、時間が経つとモチっとした生地が楽しめますよ。
クレープあまのじゃくでは注文を聞いてから生地を焼くため、混んでいる時には少々時間がかかることも。土日などの休日は行列ができることもあり、数量限定メニューも存在するため売り切れ必須です。

なお、注文は1人1枚までとなっており、別の場所で待っている人の分も一緒に購入する事はできませんので注意して下さい。テイクアウトはできますが、自宅へのお持ち帰りはできないため、出来ればその場でできたてを楽しんで下さいね。

また、SNS上でもクレープあまのじゃくは話題となっており、訪問した人からは「目当てのものは売り切れだったけど注文したものもすごく美味しかった!」という声や「また行きたい!全種類食べたい!」という感想が見られました。さらに「なかなかないこのクレープ生地は絶対に食べるべき!」という話もあったので、クレープ好きの方もそうじゃない方にも一度は食べていただきたいなと思います。

クレープあまのじゃくで定番&人気のメニュー4選!

作りたてのクレープ生地で一枚一枚巻いてくれるクレープあまのじゃく。出来立てのクレープ生地はさくさくとしていて、普段食べなれたものとは一味違うと感じる方も多いようです。また、数あるメニューは具沢山というよりは生クリームやアイス等を使ったシンプルなものが多いですが、その分生地の美味しさを味わえるクレープとなっています。
ここでは、クレープあまのじゃくで是非食べてほしい、定番メニューや人気のメニューを4つご紹介するので、訪問する際は参考にしてみて下さいね。

アイスクリームブリュレ

クレープあまのじゃくで一番人気のクレープである「アイスクリームブリュレ」。こちらはクレープあまのじゃく特製のさくさくとした生地にアイスクリームを巻き、上にのせたカスタードは出来上がる直前に砂糖をまぶしバーナーで炙ることで程よい焦げ目とカリッとした食感を生み出しています。
香ばしい表面ととろりとしたカスタード、冷たいアイスは食べると口の中でたまらない美味しさを感じさせてくれます。ボリュームがあるためかぶりつきにくいかもしれませんが、スプーンをつけてくれるので安心して食べられますよ。

アイスクリームブリュレはその味や印象的な見た目からSNSでも話題になり、目当てに訪れたけれど既に売り切れて食べられなかったという声も多く拝見しました。なお平日のみ食べられる数量限定メニューとなっていますが、事前にInstagramで告知されたまに土日にも登場するようです!

ちょこくらんち

サクサクのチョコクランチが楽しめるクレープあまのじゃくの「ちょこくらんち」。構成はバター、生クリーム、チョコクランチ、メイプルシロップとなっており、シンプルながら味も食感も満足できるクレープとなっています。

チョコバナナ生クリーム

クレープでは定番の「チョコバナナ生クリーム」、こちらはもちろんクレープあまのじゃくでも楽しむことができます。生クリームにバナナ、チョコソースは多くの方が一度は食べたことあるだろう王道で間違いのない組み合わせです。
食べなれた種類のクレープですが、クレープあまのじゃくで食べられるさくさくとした生地のチョコバナナ生クリームはいつもとはまた一味違った美味しさですよ。

ブルーベリーとクリームチーズ

ブルーベリーとクリームチーズの相性が抜群のクレープあまのじゃくの「ブルーベリーとクリームチーズ」。生クリームにクリームチーズ、果肉入りのブルーベリーソースが作りたての生地に巻かれており、食感のアクセントにコーンフレークやナッツ等がトッピングされています。

クレープあまのじゃくは季節限定メニューもあるの?

クレープあまのじゃくには季節に合わせた限定メニューも登場します。春は苺、夏はマンゴー、秋はシャインマスカットや芋など、その時期に旬の果物を使ったクレープは中身の構成もしっかりと考えられており、見逃せません。
また、クレープだけではなく限定でスイーツも登場し、現在は焼き芋にバニラアイスをのせ、カスタードをキャラメリゼしたものをトッピングした「焼き芋アイスクリームブリュレ」という贅沢なスイーツを味わうことができます。

どの限定メニューも数量限定ですぐに売り切れてしまうものもあり、日によっては販売されてない日もあるようなので何度もトライしてやっと食べれた!という声もありました。訪問した際に見つけたら一度食べてみて下さいね。

新着情報はクレープあまのじゃくのInstagramでチェック♪

クレープあまのじゃくではInstagramにてお店のお知らせなどを更新しています。扇町駅近くの店舗のInstagramはこちらで、西宮にある店舗のアカウントはこちらになります。営業時間やお休みのお知らせが主ですが、時々新メニューの紹介なども投稿されるようなので、是非チェックしてみて下さいね。

クレープあまのじゃくの店舗情報

扇町駅近くのクレープあまのじゃくは窓口での注文・受け取り制です。外にベンチが置いてあるので、空いていればそこに座って食べることができます。営業時間は11:30~19:00までですが、材料がなくなり次第閉まるため早めに行くことをおすすめします。また、定休日は決まっておらず、休む際はInstagramのストーリーや投稿にて事前にお知らせされるようです。
一方アクタ西宮東館にあるクレープあまのじゃくは店内にカウンター席とテーブル席が設けられており、買い物の休憩がてら立ち寄ることもできます。営業時間は昼12:00~夜20:00まで、月曜日が定休日となっています。

どちらも事前予約はできず、調べましたが電話番号などは不明でした。InstagramのDMで問い合わせは可能でしたので、気になることがある方はそちらで伺ってみて下さいね。

クレープあまのじゃくへのアクセス方法

最後にクレープあまのじゃくの各店舗へのアクセス方法を説明していきます。
まず天満町にあるクレープあまのじゃくへは、大阪メトロ堺筋線の扇町駅から近く、歩いて約100mの場所になります。なお、大阪駅からは大阪環状線の天満駅で降りて行くとアクセスもしやすいかと思います。天満駅からお店の距離も約200m程なので、十分歩ける距離だと思います。
店舗に駐車場は完備されていないため、車で行く際はコインパーキング等を利用して下さい。

次に西宮にあるクレープあまのじゃくですが、こちらはショッピングモールであるアクタ西宮の東館1Fに店舗を構えています。阪急電鉄 西宮北口駅から約200mの距離にあり、北改札を出て北東へ歩いて約2分程で到着です。アクタ西宮には30分150円の大型駐車場も完備されているので、車でもアクセス良好です。

「消費期限3分」というキャッチフレーズがインパクトを与える「クレープあまのじゃく」のクレープ。そのキャッチフレーズ通り、出来立ての美味しさは格別です。なかなか味わうことができない生地で作られたクレープあまのじゃく特製のクレープ、大阪を訪れた際は是非食べてみて下さい。

店舗情報
店名:Crepeあまのじゃく (クレープアマノジャク)
住所:大阪府大阪市北区天神橋4-5-2 エンゼル天満 103
営業時間:11:30~19:00(材料がなくなり次第終了)
定休日:不定休
店舗情報
店名:クレープ&カフェ あまのじゃく
住所:兵庫県西宮市北口町1-2 アクタ西宮東館 1F
営業時間:12:00~20:00
定休日:月曜日