• HOME
  • コラム
  • 和菓子
  • 白あんたっぷりの千鳥饅頭は、手土産にも大人気!「千鳥屋宗家」って、どんなお菓子屋さん?

白あんたっぷりの千鳥饅頭は、手土産にも大人気!「千鳥屋宗家」って、どんなお菓子屋さん?

photo by 千鳥屋宗家https://www.chidoriya.jp/

千鳥屋宗家は、なんと1630年(寛永七年)から今へと続く、大阪市を中心に店舗を展開している伝統あるお菓子屋さんです。
創業以来の製法を守り、これまでにいくつもの有名なお菓子を生み出してきた千鳥屋宗家。
手土産にしても喜ばれること間違いなしの、千鳥屋宗家のお菓子には、いったいどんなものが人気なのか調べてみました。

千鳥屋宗家はどんなお菓子屋さん?

千鳥屋宗家は、饅頭王国とも言われる九州を代表する銘菓、「千鳥饅頭」を生み出したお菓子屋さんです。
遠い昔にポルトガルから伝わった、南蛮菓子の作り方を受け継いだ製法が今も生かされており、変わらぬ美味しさで和菓子好きの心をがっちりとつかんでいます。
本店は大阪、堺筋沿いにある立派な大きなお店で、朝早くから営業していることでも知られています。
急に手土産が必要になったときにもありがたい存在です。

千鳥屋宗家は「千鳥饅頭」が人気の超有名な和菓子店

千鳥屋宗家で最も有名なお菓子は、何をおいても「千鳥饅頭」です。
千鳥の焼き印がついた、素朴な見た目のお饅頭には、南蛮渡来のお菓子の製法の秘密が、白餡とともにぎっしり詰め込まれています。
品の良い甘さと口当たり、一つ食べてちょうどいいサイズが、まさに手土産にぴったりのお饅頭は、千鳥屋宗家を代表するお菓子となっています。
手土産の鉄板とも言われています。

千鳥屋宗家の本店は大阪市にあり!現在は関西一円に展開中の人気店

千鳥屋宗家の本店は大阪にあり、格式があり、大きく立派な店構えです。
1階でお菓子の販売、2階は喫茶フロアになっています。
また、店舗数も大変多く、関西一円に展開されています。
大阪
「大阪本店」「堺筋本町店」「船場店」「天王寺ミオ店」「西天満店」「堂島店」「京橋店」「戎橋店」「なんばウォーク店」他百貨店
兵庫
「西宮本店」「塚口本店」「芦屋店」「加古川店」他百貨店
京都
「JR二条店」
他にも百貨店で販売されています。
関西にお住まいであればご自宅のお近くに店舗があるかもしれませんので、ぜひ探してみてください。
※空港や駅ナカでは「みたらし小餅」のみの販売をしています。

千鳥屋宗家の口コミ・評判はどんなもの?

千鳥屋宗家のお菓子に関しての口コミ・評判を調べると、「大阪で食べたことのない人はいない」「いつもそばに置いておきたいお菓子」など、絶賛される評価がとても多くみられます。
特に「千鳥饅頭」はお土産品としても間違いのないお菓子として選ぶ人が多いようです。
その他のお菓子も、一度食べたらまた階に生きたくなってしまう、魅惑のお菓子と評判のようです。

千鳥屋宗家を代表するお菓子は?

大阪を代表する老舗のお菓子屋さんとして、全国的に名を馳せている千鳥屋宗家ですが、いったいどんなお菓子が売られているのか調べてみました。

千鳥饅頭

千鳥饅頭は、千鳥屋宗家を代表するお菓子で、くちどけの良い白あんをたっぷりと使い、きめの細かいもっちりした皮で包み込んだお饅頭です。
白餡は、北海道産の手亡豆(てぼうまめ・いんげん豆の一種)をザラメで炊き上げられています。
皮は粉と上白糖、米飴、蜂蜜のみを「手ごね」で合わせて焼き上げました。
美味しさの秘密は南蛮の製法と、原材料のひとつひとつに注がれた愛情とこだわりです。
間違いのない手土産品としても選ばれることの多いお饅頭です。

値段 5個入り810円 6個入り1,050円 8個入り1,458円(税込)

大納言清澄

国産の大納言小豆の中でも大粒のものを厳選し、「大和比」と呼ばれる美しい比率に象り、長方形の薄氷の中に閉じ込めた上品なお菓子です。
ほんのりした淡い甘みと、外側のシャリシャリした食感がアクセントとなっています。
そのまま食べてもおいしいのはもちろんですが、気温の高い日には、薄く切ってアイスの上にトッピングするなど、いろいろな楽しみ方ができます。

値段 12個入り1,600円 16個入り2,100円 24個入り3,100円(税別)

かすていら(カステラ)

千鳥屋宗家の「かすていら」は、芳醇な香りに満ちた蜂蜜と、新鮮な地卵を使って焼いています。
伝統の「五三焼き製法」を守り抜きいた製法で、卵白を少なめに、そして黄身を多く使うことで、味わいがより濃厚になっているのです。
焼き上がったカステラの生地の鮮やかな黄色が、まさにそれを物語っており、手に取るとしっとり、弾力のあるふっくらした感触が、他のカステラとは全く違います。
蜂蜜の甘い香りもふんわりと伝わってきて、口に入れると想像以上の重厚感ある味わいに驚くこと間違いありません。
蜂蜜と卵のの上品な甘みが、お口の中いっぱいに広がります。
ザラメの部分のじゃりじゃりとした食感も思う存分楽しめる、どこをとっても二重丸のかすていら。
「カステラってこんなにおいしかったんだ!」と再認識できる、濃厚なで奥行きのある味わいです。

値段 1本1,400円 2本箱入り3,000円 3本箱入り4,500円(税別)

みたらし小餅

日本人の多くが大好きなみたらし団子。
ところが、みたらし団子を食べようと串を持つと、たれの部分があっちこっちにべたべた、ティッシュはどこ?…そんな経験はありませんか?
そんな風にならずに、片手でもっと手軽に食べられて汚れないようにはできないのか?と考案されたのが、千鳥屋宗家の「みたらし小餅」です。
なんと、丸いお餅の中にみたらしのタレが包み込まれているのです。
これだったら確かに手は汚れません。
割ってみると、お餅の中からみたらしがとろ~りと溢れ、お醤油の香りが香ばしく漂います。
味わいはまさに、みたらし団子そのものです。

国産の米粉、砂糖、そして水を原材料に作られた、ほとんど添加物を混ぜていない、安心して食べられるお菓子です。
1989年、世界で初めてこのお菓子を作った「元祖」として、それ以来30余年。
すでに累計2億個以上の販売実績を誇るみたらし小餅は、大阪府からも「大阪産(おおさかもん)」に認定されたことでも話題です。
2020年10月には、ダウンタウンの浜田さんが毎回違うゲストと送る「ごぶごぶ」毎日放送で紹介されました。
すっかり有名になってしまった、千鳥屋宗家の「みたらし小餅」、ぜひご賞味ください。
一口サイズがお土産にちょうどよいと評判のお菓子です。

値段 12個入り621円(税別)

千鳥さぶれ

芳香なバターを使い、南蛮伝統のこだわりの製菓方法で作り上げている千鳥屋宗家の「千鳥さぶれ」。
歯触りはさっくり、お口の中では溶けていくような、誰にでも好まれる優しい食感です。
本来、千鳥は縁起の良いものとされているため、「千鳥さぶれ」は記念日やお祝い事の際のお菓子としても最適です。
ところで、バレンタインデー、ホワイトデーには、チョコレートやクッキーを渡すことが定番となっていますが、これもだんだんとマンネリ化しつつあるところ…。
そんな中、千鳥サブレがバレンタインデーの贈り物として選ばれるようになってきているのをご存じでしょうか?
特に、季節限定で店頭販売される「千鳥さぶれ ホワイトチョコレート」は、可愛いパッケージで人気です。
次のバレンタインの贈り物に、千鳥屋宗家の「千鳥さぶれ」をご検討されてはいかがでしょう?

値段 8枚入り1,000円 16枚入り2,000円 24枚入り3,000円(税別)

丸房露・彩ぼうろ

千鳥屋宗家の「丸房露・彩ぼうろ」は、良質なカナダ産のメープルと純正のバターを使って作られていますので、毎日の子どものおやつにも安心してあげられるお菓子です。
蜂蜜の良質な甘みや香りは、心にも優しくほっとするような懐かしさを感じさせます。
一枚一枚丁寧に手焼きされているので、気取らない素朴な形に仕上がっているのも可愛らしいですね。

値段 11枚入り 1,420円 22枚入り 2,840円 32枚入り 4,140円(税別)

食べてみた?千鳥屋宗家期間限定の「わらび餅」も人気!

千鳥屋宗家の7月の納涼祭の10日間ほどだけ販売されるのが、期間限定の「黒糖わらび餅」です。
本わらびを使用して造られた柔らかすぎない、つるりとしたのど越しのわらび餅は、ずっしりして食べ応えがあります。
そこにさらに、こくと深みのある黒糖をかけて味わう絶品です。
その前の年の限定販売は「わらび餅」だったようですので、種類はその年によって変わるようです。
残念ながら短い期間に限っての販売なので、今回見逃してしまった方は、今から次回の販売をぜひチェックしてくださいね!

関西初となる千鳥屋宗家「みたらし小餅」の専門店もオープン!

今まで大阪土産として親しまれてきた千鳥屋宗家「みたらし小餅」を、もっと多くの人に気軽に楽しんでもらいたい…
そんなお店の方の気持ちから、2019年4月に新たな店舗が誕生しました。
JR天王寺駅直結の駅ビル「天王寺ミオ」内の店舗、その名も「みたらし小餅茶屋」です。
みたらし小餅を買えるのはもちろんですが、他にも、みたらし小餅をパイ生地で包んで焼いた「みたらし小餅パイ」や「みたらし小餅かき氷」など、聞いただけで食べに行きたくなるような新商品。
「みたらし小餅茶屋」にはイートインスペースがありますので、買ってその場で満足いくまで楽しめます。
天王寺へお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。
お友達へのお土産にするだけではもったいないですよ!

千鳥屋宗家のお菓子はお取り寄せできる?

千鳥屋宗家のお菓子を食べてみたいけれど、お店から家が遠くて買いに行けない…そんな方にはオンラインショップでの購入が可能です。
ご自宅でゆっくり吟味して千鳥屋宗家のお菓子を注文できますので、ぜひご活用ください。

千鳥屋宗家オンラインショップ
www.chidoriya.jp/

店舗情報
店名:千鳥屋宗家 大阪本店
住所:大阪府大阪市中央区本町3丁目4-12
営業時間:8:30~20:00(土・祝:9:00~19:00)
定休日:日曜日