• HOME
  • コラム
  • 和菓子
  • 金沢・小松の銘菓といえば!松葉屋の栗がごろっと入った栗蒸し羊羮「月よみ山路」

金沢・小松の銘菓といえば!松葉屋の栗がごろっと入った栗蒸し羊羮「月よみ山路」

photo by 月よみ山路 http://www.matsubaya.jp/

つるつるとした喉越しの羊羹やしっかりと小豆を感じさせる羊羹など、世の中には様々な羊羹がありますが、その中でも特に見た目にもインパクトのある蒸し羊羹が石川県小松市に存在します。

老舗菓子屋「松葉屋」の栗むし羊羹「月よみ山路」。

今回は、松葉屋の銘菓「月よみ山路」をご紹介します。

老舗菓子屋「松葉屋」

創業1852年(嘉永5年)創業の松葉屋。江戸時代末から現在まで、松葉屋では160年以上にわたって技術だけでなく、お菓子作りに対する心意気も受け継がれています。

松葉屋では季節の品などを含め幾つか商品はありますが、中でも有名なのは栗蒸し羊羹「月よみ山路」。

葛を加えて蒸しあげたその蒸し羊羹は竹の皮に包まれ、それを剥がすと中から出てくるのはゴロゴロと大振りの栗がところせましと入った贅沢な一品。松葉屋はそんななんとも贅沢な栗蒸し羊羹を作っています。

どこを切っても栗ざんまい!栗がたっぷり入った贅沢な松葉屋の栗蒸し羊羹「月よみ山路」

竹の皮に包まれたひとつひとつ不揃いの羊羹。松葉屋の栗蒸し羊羹「月よみ山路」は、手作業で作られているためそれぞれの形がバラバラです。その手作りの温かみを感じさせる松葉屋の栗蒸し羊羹「月よみ山路」は、竹の皮を剥がせばふわっと竹の香りが漂い、中から出てくるのはたっぷりの栗が混ぜ込まれた栗ざんまいの蒸し羊羹です。

松葉屋の「月よみ山路」は、一切れいただくと一般的な羊羹とは異なる食感で、モチモチの弾力と栗の食感が楽しく独り占めしたくなる美味しさ。一切れでは終われない松葉屋の「月よみ山路」は、あっさりしていて甘すぎないのでついつい食べすぎてしまうのです。

栗好きのハートをトリコにする松葉屋の栗蒸し羊羹「月よみ山路」!気になるお値段は?

栗がたっぷり入った栗好き悶絶の贅沢な松葉屋の栗蒸し羊羹「月よみ山路」。

なんだかお値段が高そうな気がしますが、実は1棹750円という良心的な価格。

これなら安心して購入できる範囲ですよね。高見えするのに手頃なお値段だから、お土産としてたくさん購入して心ゆくまで栗蒸し羊羹「月よみ山路」を堪能してみてはいかがでしょうか?

松葉屋の栗蒸し羊羹「月よみ山路」を取り扱っている店舗

石川県小松市に本店を構える松葉屋の商品は、実は本店以外でも購入することが可能です。

小松空港や小松駅の売店や、関東、関西、名古屋、福岡の百貨店などでも取り扱っています。松葉屋の看板商品栗蒸し羊羹「月よみ山路」がどうしても食べてみたいけれど、石川県に行くのはちょっと無理という方も、一度近くの百貨店を探してみると松葉屋の栗蒸し羊羹「月よみ山路」が見つかるかもしれません。

松葉屋の栗蒸し羊羹「月よみ山路」は通信販売でも購入可能?

近くに松葉屋の栗蒸し羊羹「月よみ山路」を取り扱っているお店がない!そんな方は通信販売を利用してみてはいかがでしょうか?

松葉屋のHPにあるオンラインショップからは小松空港オンラインショップにリンクしており、松葉屋の看板商品栗蒸し羊羹「月よみ山路」を通販購入できるようになっています。

小松空港オンラインショップ

電話(0120-42 -0120、携帯電話からは0761-22-0120)やFAX(0761(20)0120)で松葉屋に注文することが可能です。これなら、お取り寄せで松葉屋の名物栗蒸し羊羹「月よみ山路」を楽しむことができますね。

「月よみ山路」の賞味期限は製造日より10日ほどありますので、場合によってはおもたせとして購入することもできるかもしれません。

ちなみに通販購入できるのは「月よみ山路」(栗・くるみ)のみだそう。気になる方は、ぜひお取り寄せを!

店舗情報
店名:松葉屋

住所:石川県小松市大文字町69

定休日:無休

営業時間:
月~土(水のぞく)9時~18時
水・日・祝    9時~16時