ブーランジェリースドウを食べて大満足!食パン以外も感動の一品

photo by ブーランジェリースドウhttps://www.facebook.com/BoulangerieSudo/
パン

松陰神社前駅徒歩10分にある、自家製天然酵母を使った食パンが有名なブーランジェリースドウ。
一か月待ってでも食べたいと人気の世田谷食パン、世田谷山食パンの予約が途切れることはありません。
そんなブーランジェリースドウですが、美味しいのは食パンだけではないのです。
元パティシエの店主が作る菓子パンからクッキーまで、店内のどの商品を食べても美味しい事はご存知ですか?

予約必須!入手困難な食パン

ブーランジェリースドウの食パンは予約しなければ購入も難しいです。
食パンは、気温、湿度、音、香りを、一つ一つ丁寧に心を込めて焼き上げています。
最高傑作の食パンは絶品で絶対に食べるべきです!

名物2種類の食パンそれぞれの魅力

四角い世田谷食パン
ふたをして焼くことによって生地を凝縮させた食パン。しっかりとした食感に、閉じ込めたことで香りが濃厚。

山型の世田山食パン
ふたをせずに焼くことで生地を自由に膨らませ、ふんわりとソフトな食感の食パン。

食事系パンからスィーツ系までバラエティ豊か

クロックムッシュやきたあかりと玉ねぎのタルティーヌといった食事系パン

旬のフルーツをふんだんに盛ったデニッシュ

ブーランジェリースドウには毎日通っても飽きないほどの、バラエティ豊かなパンが揃っています。
店主のこだわりは「味覚だけはなく、視覚から」ということで、どの商品も思わずかぶりつきたくなるほど美味しそうに溶けたチーズや、宝石箱のようなフルーツに彩られています。
おすすめのフルーツデニッシュは、1個450円と値段は少しお高め。
しかし、こだわり抜かれたフルーツとクリームの調和は絶対に一度は食べておきたい代物です。
また入手困難な食パンをどうしても食べたいという方のために、人気の食パンで作ったハニートーストはいかがでしょう。
自慢の食パンにたっぷりのはちみつとバターが沁み込んで、美味しいのは間違いなしです。

パティシエが作るチョコを挟んだチョコバター

人気商品が数あるブーランジェリースドウの中で、手間暇がかかった商品の一つがチョコバターです。
バケットにバターと板チョコを挟んだだけのシンプルなパンですが、侮れません。
なんとこの板チョコは、ヴァローナ社のクーベルチュールを用いた自家製チョコというからそのこだわりに驚きます。
バケットにバターにチョコなんて、”カロリーや糖質が気になる!”って言っている人には手が出ないかもしれませんが、これは一度は味わうべき一品です。
またパンに挟まない生チョコやアマンドショコラも店頭で販売されています。
ここまでくるとパン屋さんなのか、チョコレート屋さんなのかわからないレベルです。

お菓子も美味しいのがブーランジェリースドウ

さらにチョコレートだけではありません。

クッキーも焼き菓子も、季節商品も美味しいのです。

まずはお店の名前を冠したクッキー、その名もスドウ・キューブ。

袋をあけると同時にバターの芳醇な香りが、口に入れたとたんにホロホロと溶けていくような食感です。

クリスマスのシュトーレンもさすがブーランジェリースドウと脱帽の品でした。

半年以上ラム酒に漬けこんだドライフルーツを惜しげもなく混ぜ込んだ生地に、たっぷりのバターを染み込ませたシュトーレン。

カットした断面は生地の部分がほとんど見えず、ナッツやドライフルーツでいっぱいという贅沢な逸品。

さらに日本的な素材、きなこ、大納言、うぐいす豆、よもぎなどでアレンジしたシュトーレン和みも毎年大人気です。

ブーランジェリースドウ 店舗情報

とにかく何を食べても美味しいブーランジェリースドウです。

店主の「美味しい物で幸せにしたい」気持ちが、全ての商品から滲み出ている。

店内はイートインスペースもあり、4席はあるので予約して店内で食べるのもおすすめかもしれません。
当然、人気店ですので土曜は相当混雑いたしますのでそちらも注意。

美味しいパンを食べたければ、世田谷の松陰神社前にどうぞ。

お店情報
店名:Boulangerie Sudo (ブーランジェリースドウ)

住所:東京都世田谷区世田谷4-3-14

定休日:日曜・月曜・他(ブログをご覧ください)

営業時間: 10:00~19:00

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。