cacao(カカオ)の魅惑の生チョコレート菓子は鎌倉に行ったら立ち寄り必須!

photo by 新宿NEWoManで人気沸騰の「ca ca o」にエクレア専門店が登場!「ルミネ新宿 LUMINE1」 B2Fに10/9(日)OPEN!|株式会社ジャーニーカンパニーのプレスリリースhttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000015542.html
スイーツ

鎌倉に本店を置きながら、神奈川の大船や東京のルミネにも店舗を構えるアロマ生チョコレート専門店が、『cacao(カカオ)』です。
生チョコレート専門店と聞くと、サイコロ状のチョコレートを思い浮かべますが、cacao(カカオ) 鎌倉ではチョコレート・生チョコレートを加工したチョコレート菓子が特徴的。

cacao(カカオ)鎌倉のこだわり

観光地としても有名な鎌倉。その鎌倉で人気がある生チョコレート専門店cacao(カカオ)です。
同じく神奈川にある生チョコレート専門店SILSMARIA(シルスマリア)の系列店だそうです。

cacao(カカオ) 鎌倉の生チョコにはコロンビア産のカカオが使われています。
その中でもトリニタニオ種をメインに使っているため、cacao(カカオ) 鎌倉はとても上品な味の生チョコです。

cacao(カカオ) 鎌倉本店のおすすめメニューは?

まずcacao(カカオ) 鎌倉本店のおすすめは何と言っても生チョコを使用したタルト。こちらは『ビター』『ホワイト』『フォンダン』があります。

どれも間違いなく美味なのですが、その中でもcacao(カカオ) 鎌倉本店でこそオススメしたいのは『フォンダン』。
cacao(カカオ) 鎌倉本店では焼き上がり時間も提示されているので、ぜひ鎌倉本店でこそ焼き上がりたてのフォンダンを食べてみてください。その濃厚かつ、初めての食感に虜になること間違いなしです。

次におすすめなのが、cacao(カカオ) 鎌倉のチョコレート好きのファンから支持が絶えない、エクレア。こちらはクリーム、ガナッシュと板チョコをさっくりとしたシュー生地で挟んだ、長さ17cmと見た目も大満足なエクレアです。cacao(カカオ) 鎌倉ではホワイトショコラとミルクショコラの2種類があり、3つの食感と、重すぎない味が大人気の商品です。

筆者の個人的なcacao(カカオ) 鎌倉のオススメは、サロン・ドゥ・ショコラではなんと3時間待ちを記録した、『生チョコっぺ』。こちらはフローズンドリンクで、暑い夏場の食べ歩きにはもってこいです。
2018年の6月から3ヶ月限定でcacao(カカオ)鎌倉から『チョコミント味』『はちみつレモン味』が出たのも話題になりました。

cacao(カカオ) 鎌倉の代表的なメニューであるタルトやエクレアは、鎌倉本店ではなく新宿などでも購入が可能ですが、鎌倉本店でしか食べられないメニューも多くあります。ぜひcacao(カカオ) 鎌倉本店に立ち寄ってみてください。

cacao(カカオ)鎌倉の商品は通販で買える!?

なお、cacao(カカオ) 鎌倉やcacao(カカオ) 新宿がどうしても遠いという方は、cacao(カカオ) の通販がおすすめ!
cacao(カカオ) の公式WEBサイトでは、上記でご紹介したタルトはもちろん、cacao(カカオ)自慢の生チョコをふんだんに染み込ませた、ほろほろとした食感のクッキー『ホロショコラ』やプレミアムな生チョコレート、アロマ生チョコレート、その他バームクーヘンやマカロンのチョコレート版、カカロンなどが手に入ります。

ぜひ一度、cacao(カカオ) 鎌倉のこだわり抜いた生チョコレートをご賞味ください!

cacao(カカオ)の店舗情報

お店情報
店名:cacao(カカオ) OCOLATE BANK店

住所:神奈川県鎌倉市御成町11−8

営業時間:10:00~18:00(毎週月曜 定休日)

お店情報
店名:cacao(カカオ) OCOLATE 鎌倉店

住所:神奈川県鎌倉市小町2-9-7

営業時間:10:00~18:00

お店情報
店名:cacao(カカオ) OCOLATE 大船ルミネウィング店

住所:神奈川県鎌倉市大船1-4-1 大船ルミネウイング3階「スイーツ小町」内

営業時間:10:00〜21:00(土日祝は〜20:30)

お店情報
店名:cacao OCOLATE ミネ新宿店

住所:東京都新宿区西新宿1-1-5 ルミネ新宿 LUMINE1 B2F ルミチカ FOOD DEPOT内

営業時間:10:00〜22:00

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。