絶品!もちもち食感がたまらない♪京都で食べたい生どら焼き3選

photo by 洛心館 https://www.rakushinkan.jp/products/
どら焼き

京都に来たら食べたいものがたくさん!その中でもぜひ食べてほしいのが生どら焼き。
もちもちの食感がたまらない♪ご当地でしか味わえない絶品生どら焼きが食べられるお店をご紹介します!

生どら焼きって?

生どら焼きって普通のどら焼きと何が違うの?と思われる方も少なくないかもしれません。
調べてみると、普通のどら焼きとの違いはずばり「生クリームが入っているかどうか」という違いのようです。
またそのほかに、小豆ではなくチョコクリームなどのクリームを使ったものも生どら焼きと呼ぶことがあるようです。
これから暑くなる時期、生クリームが挟まったひんやり生どら焼きを食べたくなりそう♪

1・行列必至!超人気!朧屋瑞雲堂の生どら焼き

某テレビ番組で「開店20分で完売する」と紹介された和菓子屋さん「朧屋瑞雲堂」の生どら焼き(1個340円)。超人気のため、一人1個という制限付です。
朝から並んで買う人が多く午前中に売り切れてしまうことも多いです。京都観光に来たらぜひ食べたい1品!
なんと言ってもここの生どら焼きはクリームの多さが魅力!1つでお腹いっぱいになってしまいそう♪味も複数あるので、グループで行ってシェアしたい!

【店舗】朧屋瑞雲堂
【住所】京都府京都市北区紫竹上竹殿町43-1
【電話】075-491-6011
【営業時間】9:00~19:00 火曜日休

2・生どら焼き専門店 七星

京都でも珍しい、生どら焼きの専門店。京都の老舗旅館「うえむら」が監修した生どら焼きです。
旅館うえむらの宿泊時のお菓子として提供されいているほか、全国の商業施設等で期間限定で出店もある貴重な生どら焼きです。京都の新鋭和菓子職人が手掛ける生どら焼きは絶品!
味はチョコレート、抹茶、ほうじ茶、クリームチーズ、イチゴ、さつまいもの6種類で各380円。他にはあまりない味を取り揃えています。カラフルな生どら焼きがは見ているだけでテンションが上がりそう♪

3・京菓子処 洛心館

京都市役所前の本店と、京都伊勢丹の2店舗展開の老舗和菓子屋さんの生どら焼き。
とろっと口に広がるクリームがたまらない、洛心館名物の生どらはぜひ食べたい1品です。熟練職人が丹精込めて炊き上げた小豆と、生どらのために開発されたもちもちの生地が絶妙なハーモニーを織りなします。こだわりが詰まった生どら焼きです。
季節ごとに様々な味の生どらが出るので、何度でも通いたくなるはず!
抹茶クリーム、黒糖クリーム(各250円)はお取り寄せも可能で、塩クリーム(250円)は
店舗限定です。

【店舗】京菓子処 洛心館 本店
【住所】京都市中京区寺町通御池上ル
【電話】075-221-2577
【営業時間】10:00~19:00 水曜日休

ここでご紹介したほかにも、京都には生どら焼きのお店がたくさんあります。
京都観光に来たら「生どら焼き巡り」をしてみるのも楽しいかも!ぜひお気に入りの1品を見つけたいですね。

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。