街のケーキ屋さんが作る人気の「シュトーレン」

photo by クオカ公式通販https://www.cuoca.com/articles/christmas-stollen/
ケーキ

シュトーレンはクリスマスを楽しみに待つドイツのお菓子。クリスマスシーズンになるとパン屋さんやパティスリーでもよく見かけるようになりました。クリスマス気分を盛り上げる人気のシュトーレンをご紹介します。

日に日においしくなるドイツの伝統菓子「シュトーレン」

ドイツ生まれのシュトーレンは、クリスマスを待つ間に少しずつ食べるのが習わしです。バターたっぷりの生地の中に洋酒につけたドライフルーツやナッツがぎっしりと入っていて、ちょっと大人向けのリッチな味わいです。日が経つにつれ、中に入ったドライフルーツやナッツが熟成して、味に深みが出てくるのが特徴です。

大と小の二種類がある「スイス・ドイツ菓子 こしもと」のシュトーレン

「スイス・ドイツ菓子 こしもと」は、都立家政駅南口の商店街中程にあるスイス・ドイツ菓子屋さんです。オーナーシェフの腰本さんは、ドイツ菓子の神と呼ばれるマイスターW・ポール・ゴッツェ氏の愛弟子で、師匠の元で厳しい修行をつんで2006年、お店をオープンしました。

毎年大好評のシュトーレンは大と小の二種類。小は28センチの箱入り(値段3600円)、棒状のマジパン付きの大は38センチの箱入り(値段6800円)。8月から予約が開始されます。

店舗情報
店名:スイス・ドイツ菓子 こしもと

住所:東京都中野区若宮3-39-13

営業時間:10:00~20:00

定休日:火曜日

ドライフルーツがぎっしり!「トラスパレンテ」のシュトーレン

「トラスパレンテ」は、東急東横線中目黒駅から徒歩3分に位置するベーカリーカフェです。オーナーシェフの森さんはイタリアのレストランで修業して2008年にお店をオープン。おいしいパンとカフェメニューが楽しめる店として地元で知られています。

シュトーレンはアプリコット、イチジク、レモンピールなどのドライフルーツがぎっしり入ったしっとりとしたクリスマスのお菓子です。(ハーフサイズ800円/ホール1600円)

店舗情報
店名:トラスパレンテ

住所:東京都目黒区上目黒2-12-11

営業時間:9:00~19:00

定休日:火曜日

「ブーランジェリーレカン」のシュトーレンは毎年変わるオトナ味

有名なフレンチレストラン「銀座レカン」のブーランジェリー。銀座生まれのハチミツやハーブなどを取り入れ、こだわりの素材を使ったパンやスイーツが人気です。

「ブーランジェリーレカン」では毎年趣向を変えたシュトーレンが販売されています。ポイントになるのはフルーツを漬けこむ洋酒なんだとか。2018年は苺やラズベリーなどのドライフルーツをリキュールに漬け込んで、木の実を加えた「シュトーレン・フレーズ」(1個2,500円税抜)。ミックスベリーの甘酸っぱさと、スパイスの香るシュトーレンでしたが、今年はどんなオトナの味のシュトーレンとなるのか楽しみです。

店舗情報
店名:ブーランジェリーレカン

住所:東京都中央区銀座5-11-1 ロテスリーレカン

営業時間:10:30~21:00

定休日:水曜および第1、第3火曜

「ビーバー ブレッド」のシュトーレンは具材たっぷり

2017年11月にオープンした街のパン屋さん。実は創設者は元「ブーランジェリーレカン」のシェフ割田さんですから、東日本橋にはほぼパン屋さんがないということを知人に聞いたのがきっかけだそうです。

2018年のシュトーレンは、レッドレーズン、ドライマンゴー、ドライレーズン、プルーンなどのフルーツと、ピスタチオ、オーガニックカシューナッツ、アーモンドなどを、ホワイトラムに漬け込んで焼きあげたもの。(3000円)

店舗情報
店名:ブーランジェリーレカン

住所:東京都中央区東日本橋3-4-3 1F

営業時間:8:00~18:00

定休日:月曜・火曜不定休(Facebookを要確認)

いつでも味わえる「パティシエ イナムラショウゾウ」のシュトーレン

2000年にオープンした「パティシエ イナムラショウゾウ」は閑静な住宅街の中にあります。オーナーシェフは世界の名高いコンクールで数々の賞を受賞している稲村省三さん。

こちらのシュトーレンは、素材の味を活かしたクラシックなタイプ。バター味の生地とラム酒に漬け込んだフルーツやくるみをたっぷり使った味に深みのある発酵菓子となっています。ただし、「パティシエ イナムラショウゾウ」はクリスマスだけでなくいつでも購入が可能。ネット販売でも購入することができます。(2,500円、賞味期限:10日間)

店舗情報
店名:パティシエ イナムラショウゾウ

住所:東京都台東区上野桜木2-19-8

営業時間:11:00~18:00

定休日:月曜日・第3火曜日 ※月曜が祝日の場合は翌火曜日

夏にもシュトーレン! さわやかな風味味わえる「タンネ 浜町本店」

「タンネ 浜町本店」はドイツパンのお店です。赤をアクセントにした外観と花が飾られ、店内に入るとドイツのおもちゃや絵本が置かれていて、イートインもできます。ランチタイムは「パン食べ放題付きソーセージランチ」も。

「サマーシュトレン・デア・モデルネ(2,800円)」はその名の通り、夏でも味わえるシュトーレンです。レモンピール、オレンジピール、ミックスベリーと夏のフルーツとのさっぱりした味が特徴。クリスマスだけでなく年中味わえるのもオツなものです。

店舗情報
店名:タンネ 浜町本店

住所:東京都中央区日本橋浜町2丁目2-1-5

営業時間:9:00~19:00

定休日:日曜祝日

薄く切って日に日に熟成する味を楽しむ「シュトーレン」

日本でも年々、シュトーレンが一般的な焼き菓子となってきています。街のパン屋さんやスーパーでも売られるようになりました。シュトーレンの味や食感の変化を楽しみながら、今年はクリスマスをカウントダウンしてみませんか。

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。