感謝の気持ちを「エシレ シャレット」に求めてみてはいかがですか?

photo by エシレhttps://www.kataoka.com/

日本だけでなく世界中で愛される最高級バター「エシレバター」。
そのエシレバターを贅沢に使用し作られた「バターケーキ」の存在は、大変有名ですよね。
皆が食べたい!と望むエシレのバターケーキ。その最大の魅力は、ケーキの半分を占める、エシレバターの存在なのです。

そんなエシレバターを贅沢に使ったお菓子が楽しめる期間限定ショップ「エシレ シャレット」の存在を、皆さまご存知でしょうか?
なんとこの期間限定ショップ「エシレ シャレット」でしか購入できないお菓子まであるとの事・・・!
これは、エシレ シャレットをチェックしないわけにはいきません。今回は、エシレ シャレットをピックアップしてお届けします。

エシレ シャレットが話題!そもそも、エシレバターって?

エシレバターとは、世界でも数少ないAOP(原産地名称保護)認定のバターです。これは、製造地域や原材料、製造工程などの厳しい規定をクリアしたものにのみ認証されます。
世界中のグルメがこのエシレバターを愛用し、ロイヤルファミリーや三ツ星シェフ、一流パティシエにも選ばれているほどの、優秀なバターなのです。

エシレバターを使ったラインナップを楽しめる期間限定ショップ「エシレ シャレット」とは?

エシレ シャレットとは、エシレの期間限定ショップのことです。
エシレバターを使ったラインナップを楽しめる期間限定ショップ「エシレ シャレット」が2017年、2018年に都内2箇所で開催されました。

【2017年のエシレ シャレット】
11月7日(火)~12月3日(日)
場所:銀座SIX

【2018年のエシレ シャレット】
5月1日(火)〜6月3日(日)
場所:銀座SIX
5月16日(水)〜5月29日(火)
場所:伊勢丹新宿店

エシレ シャレットではあの有名なエシレバターのラインナップが楽しめるとだけあり、オープン日から最終日まで連日長蛇の列!しかも、エシレ シャレットでしか買えない限定のお菓子も販売されたとあり、エシレファンであれば行かないわけがありません。

大行列の目当てはこれ!エシレ シャレットの「ミルフィユ エシレ 」

並んでも買えないといった声が多数あがるのがエシレ シャレットのミルフィユ エシレ。
縦10cm横18cm高さ3.5cmもある大きなバターサンドは一日20個限定。エシレ シャレットが開店して数十分で売り切れるのも納得。
エシレ シャレットに開店1時間以上前から並ぶ人も多数。結構気合を入れて頑張らないとエシレ シャレットのミルフィユ エシレは手に入りません。

そこまでして購入したいエシレ シャレットのミルフィーユは、サクサクでバターの香りが豊かです。表面はキャラメリゼされていて、艶を見るだけでも美味しそう!滑らかなバタークリーム、アクセントのラムレーズンすべてが一体となって美味。少し冷やして食べても美味しいようです。

お値段は4104円(税込み)で安くはありませんが、頑張って手に入れる価値はあります。

エシレ シャレットで購入したい商品をご紹介!

エシレ シャレットではミルフィユ エシレだけではなく、色々な商品を取り扱っています。色々な商品をエシレ シャレットで購入し、食べてみてくださいね。

エシレ シャレットで取り扱われるフランスの伝統菓子「サブレ ナンテ」に注目

エシレの原点でもあるフランス、その伝統的なお味を楽しめる「サブレ ナンテ」はエシレファンであればまず食べておきたいところ。

[サブレ ナンテ 10枚入 1,188円(税込)]

フランス・ナント地方の伝統菓子であるサブレ ナンテ。食感はさくさくで、芳醇なエシレバターの香りがふんわり口の中に広がり、その後、鼻から心地よくバターの香りが抜けて行く。今まで出会ってきたサブレの中でも軍を抜いて美味しい、と言っても、過言ではないほど。

エシレ シャレットで取り扱われる ほろほろ生地とエシレバターのハーモニー「サブレサンド」

[サブレ サンド 全3種 各種324円(税込)]

しっとりとした食感のサブレ生地に、エシレバターを贅沢に使用したクリーム入りの「サブレ サンド」。

シンプルにエシレバターを楽しみたい方には、プレーンタイプの「プール」がおすすめ。ピスタチオ好きであれば必ずやチェックしたい「ピスターシュ」。そして、ラムレーズンとエシレバターのハーモニーが楽しめる「ラムレザン」の全3種類がラインナップ。エシレバターの良さはそのままに、程よい甘さとフレーバーが混合わさったハーモニーは、なんとも格別。
小ぶりサイズなので、一口でパクっと食べきってしまえちゃいます。
ちなみにこちら、エシレ シャレットではお一人様一点ずつのみと、個数制限がかかっていたそうです。

エシレ シャレットで取り扱われる香ばしさが際立つ「エシレ フィユタージュ」とは?

シャレット期間中に大変注目されたのが、食感と香りの良さ、この両方を兼ね揃えた「エシレ フィユタージュ」シリーズの存在です。
このシリーズは、製法にかなりのこだわりを置き、エシレバターの魅力を最大限に引き出すよう努力を重ね完成させたもの。こだわるからこそ、製造に時間はかかる。しかしその分、旨さは格別なものになるわけです。
この、こだわりの製法というのが、フィユタージュ・アンヴェルセという製法です。フィユタージュ・アンヴェルセとは、フランス語で『逆折りパイ』の意味を持ち、通常、パイ生地は小麦粉でバターを包むのですが、この製法は、その逆。バターで小麦粉を包むのです。
通常のパイ生地を作るよりも手間暇はもちろん、使用するバターの量も多くなります。しかし、だからこそ、よりエシレバターの魅力を楽しめるお菓子が誕生するのです

幸せのマリアージュ「エシレ フィユタージュ シリーズ」

発売されたフィユタージュシリーズは全部で3種類。
サクサクの食感にキャラメリゼの風味が広がる「サンボリック 3枚入 1,350円(税込)」。フィユタージュ生地とフィナンシェ生地のマリアージュ「クール 4枚入 1,350円(税込)」。エダムチーズを挟んで焼き上げた「パトン 3枚入 1,026円(税込)」。
特におすすめなのがパトン。こちらは甘いというよりもほんのりチーズの塩っけがあり、ワインとの相性もGOOD。スティックタイプなので、さっと食べやすいのも魅力的です。

エシレ シャレットの混雑状況は?

人気メゾン、エシレ。エシレ シャレットはその期間限定ショップとだけあり、連日エシレ シャレットの売り場はかなり大混雑だったそうです。

開店1時間前からエシレ シャレット目当てにすでに列ができ、人気商品は開店1時間以内に完売!早ければ10分で完売したものもあったらしく、エシレ シャレットのほとんどの商品が、午前中には全て完売してしまったそうです。

シャレット期間中は、スイーツ好きやエシレファンが多数詰めかけ、当日の状況や実際に購入できたお菓子などの情報をブログにアップし、半ば興奮気味でレポートされている方が多くいらっしゃいました。

エシレ シャレットに駆け付けたけどお目当てのお菓子を購入できなかった方からすると、指をくわえてブログを見るだけ、という悲しい状況を引き起こしかねませんが・・・。それだけ、エシレ シャレットでお目当ての商品を購入できた方からすると、直ぐにでも報告したい!そうなるほどに争奪戦であったことが伺えますね。

エシレ シャレットのお目当てのお菓子を食べるためには、かなりの根気と体力が必要そうですね・・・。だからこそ、エシレ シャレットの商品をゲットした時の嬉しさは、ひとしおなのでしょう。

エシレ シャレットで買えなかった人に朗報!エシレ常設店が伊勢丹新宿店にOPEN!

大盛況に終わった期間限定ショップ、エシレ シャレット。「当日、買えなかった!」そんな方に、朗報です!なんと2018年10月24日(火)より伊勢丹新宿店の本館地下一階スペースにて、エシレの常設店「エシレ・パティスリー オ ブール」がオープンしました!ご紹介したお菓子はもちろん、その他、魅力的なお菓子のラインナップがずらりと勢揃い。限定ショップ・エシレ シャレットで買い逃した方は、是非一度訪れてみて下さいね。
その他、関東、関西にそれぞれ1店舗ずつを構えるエシレ。その店舗だけでしか味わう事のできない商品もあります。こちらもぜひ、チェックを。

エシレ特集はこちら

エシレ シャレット まとめ

大盛況だったエシレ シャレット。

今ではエシレ の常設店もでき、エシレ シャレットで買い逃して悔しい思いをした方もいつでもエシレ商品を買いに行けますね。

エシレ シャレット店舗詳細

お店情報
店名:エシレ・メゾン デュ ブール

住所:東京都千代田区丸の内2-6-1  丸の内ブリックスクエア1F

定休日:不定休

営業時間:10:00~20:00

————————————————

お店情報
店名:エシレ・パティスリー オ ブール

住所:東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿店 本館地下1階 カフェ エ シュクレ

定休日:不定休

営業時間:10:00~20:00

————————————————

お店情報
店名:エシレ・マルシェ オ ブール

住所:大阪府大阪市北区角田町8番7号 阪急うめだ本店 地下2階

営業時間: 10:00~20:00 日~木曜日 / 10:00~21:00 金・土曜日
10:00~20:00 日~木曜日 / 10:00~21:00 金・土曜日

3時のおやつはかかせない、甘党フリーライター。好物はクラブハリエのバームクーヘン。毎日がほんのりとあたたかくなるような文書をお届けします。