真っ白ふわふわなフロマージュ・クリュってどんなケーキ?

photo by シュガーアンドバターhttps://sweetomyan.exblog.jp/27026318/

「フロマージュ・クリュ」って何でしょう。

聞いたことがないという方は、まずはGoogle画像検索で「フロマージュ・クリュ」を画像検索してみください。真っ白でふわふわのケーキが並びます。フロマージュ・クリュを雪解けレアチーズケーキと呼んでいるお店もあるようです。

ちなみに、鹿児島にはフロマージュ・クリュという名の人気のケーキ屋さんがあるようです。

今回は、お店ではなくフロマージュ・クリュというケーキを特集します。

フロマージュ・クリュとは?意味は?

フロマージュ・クリュはフランス語。日本でもケーキ屋さんなどで聞いたことのある人も多いかもしれませんね。

フロマージュ・クリュの意味

英語ではレアチーズケーキという意味。でも、フランス語ではフロマージュ・クリュのfromageはチーズ、cru=生という意味らしいです。

一般的なレアチーズケーキとの違い

チーズケーキは、レシピが何通りもあって、フロマージュ・クリュだけでも、いくつもあります。フロマージュ・クリュは白くて、見た目も品があるチーズケーキです。一般的なレアチーズケーキと違って、よりチーズを感じられます。

滑らかな口どけと、ザクザク感がアクセントになって美味しいです。

インスタで#フロマージュ・クリュを検索してみよう!

お店によって丸かったり、長方形だったりと形が異なります。

チーズブランド「フィラデルフィア」のレアチーズケーキとは違う!?

レアチーズケーキは、フィラデルフィアのサイトにあるように、白くて平らで切って取り分けるイメージが多いのでは?

しかし、画像検索で見たフロマージュ・クリュとはちょっと違います。フロマージュ・クリュはもっとふわっとしていてやわらかそうです。

さてフロマージュ・クリュとは一体どんな特徴があって、どうやって作られているのでしょうか。色々とみてみました。

フロマージュ・クリュの特徴

色々なシェフ・パティシエが語っているフロマージュ・クリュを元に、特徴をまとめてみました。

フロマージュ・クリュはゼラチン不使用

  • 辻口博啓シェフ「滑らかな口当たりにする為、ゼラチンは使用せず、チーズの固まる力を使って作り上げます。」
  • SUGAR & BUTTERさん「ゼラチンを使わずに、チーズと生クリーム・ヨーグルトだけで固めるタイプ」
  • 坂下寛志シェフ「ゼラチンを使わないタイプで、生クリームとチーズの乳脂防によって固めます」

レアチーズケーキは、クリームチーズに砂糖、生クリーム、ヨーグルトなどを入れてゼラチンで固めるものが多いのですが、フロマージュ・クリュではあまりゼラチンを使用せず固めます。そのためか冷凍庫で固めるシーンもあります。

フロマージュ・クリュでは生クリームはやわらかめに立てる

  • 辻口博啓シェフ「6分立てに泡立てた生クリームを入れる」
  • 濵嵜琢磨シェフ「生クリーム500g、砂糖を7分立てにします」
  • 庄司あかねパティシエ「緩めに立てた生クリームでデコレート」

フロマージュ・クリュは、やわらかめにたてた生クリームを生地にまぜたり、デコレートしたりします。それでレアチーズケーキよりもふわっとした食感が楽しめるのですね。

その他、フロマージュ・クリュのふわふわ白いデコレーション

その他にも、フロマージュ・クリュではパイナップルを中に入れたり、粉砂糖を全体にふるったり、ナパージュという透明のゼリーで模様を描いたり、白を活かしたおしゃれなデコレーションがたくさん施されています。

また、フロマージュ・クリュのふわふわな生地に合うようにビスケット生地やガレット生地が敷いてあって、そのザクザクとふわふわが絶妙なんだとか。

真っ白ふでわふわなフロマージュ・クリュ、ケーキ屋さんで見つけたら、ぜひ食べてみたい。

2021年母の日用のフロマージュクリュ商品

探してみました!

  • パティスリーせぱまる(神奈川県平塚市)

フロマージュ・クリュを食べられる東京のお店

たくさんありますが、一部ご紹介します。

フロマージュ・クリュの作り方は?家庭で作れるレシピ紹介

探してみればレシピもあり、家庭で作れなくもありません。お菓子作りや料理が好きな人は、挑戦してみてはいかがでしょうか?

楽天レシピ

他にも、ご自分で探してみて、より良さそうなレシピがあったら、作ってみて下さいね。

フロマージュ・クリュのまとめ

いかがでしたか?フロマージュ・クリュを初めて聞いたり、見たりした方もいるのでは?

特にチーズケーキ好きならフロマージュ・クリュは絶対食べたい一品です。ケーキ屋さんに行って、覚えていたらフロマージュ・クリュを食べてみて下さいね。

もしフロマージュ・クリュを気に入った場合、お店によっても同じ「フロマージュ・クリュ」でも特徴があるので、食べ比べるのも良いかもしれませんね。