• HOME
  • コラム
  • ケーキ
  • 【冬でもかき氷】自由が丘で“プラス”が付くおすすめ3店【ノマドワーカーにも】

【冬でもかき氷】自由が丘で“プラス”が付くおすすめ3店【ノマドワーカーにも】

自由が丘

自由が丘には「プラス」が付く魅力的なお店があるのはご存じですか?

今回は自由が丘の「プラス」が付くお店を3店、ご紹介していきます!

かき氷専門店 天の河 自由が丘プラス学園通り店(旧・自由が丘PLUS)

自由が丘 PLUSは2017年の夏にオープンした自由が丘駅の近くにあるカフェです。
建築家のオーナーがこだわった自由が丘プラスの内装は、白を基調としたナチュラルテイスト。
さらにガラス張りにすることによって、開放感のある空間になっています。

ランチやケーキなどを扱っていた「自由が丘PLUS」でしたが、2020年7月7日ちょうど七夕の日に「天の河」自由が丘PLUS学園通り店としてかき氷とパフェの専門店に生まれ変わりました!

かき氷には日光の天然氷使用のものも。人工的に作る氷と大きく違うまろやかな氷を天の河 自由が丘プラス学園通り店で味わってみてください!

新作続々のかき氷

練乳のかかった「しらたま抹茶」や「つぶつぶいちご」、「おはぎの金箔のせ」などの定番メニュー7種類にマロンやキウイヨーグルトも追加されました。

ほかにも氷の中に素麺が入っているランチ系かき氷やゆずはちみつなどの期間限定メニューも。11月12日から冬季限定メニューのフランボワーズピスタチオが開始。甘酸っぱいフランボワーズシロップに、上には雪のようなホワイトチョコレートと粉糖をトッピングした濃厚なピスタチオクリームのかき氷です。

お値段は、純氷1,200円、日光の天然氷1,500円です。

素材にこだわったパフェは2種類

ひとつひとつの素材にこだわったパフェは常時2種類あり、いもくりかぼちゃパフェ、クラフトパフェがあります。

いもくりかぼちゃパフェは、ほうじ茶ゼリー・ハチミツレモンマロン・マスカルポーネクリーム・パイ・ごまクッキー・自家製ココアグラノーラ・南瓜マフィン・バニラアイス・ほうじ茶アイス・ココアマロンボール・モンブランクリーム・芋の素揚げと、12種類の素材が楽しめます。お値段は1,500円です。電話やInstagramのDMでも予約可能です。

Instagram → かき氷・パフェ専門店「天の河」自由が丘プラス学園通り店

お店情報

店名:天の河 自由が丘PLUS学園通り店

住所:東京都世田谷区奥沢5-40-6

電話:03-3722-5657

定休日:火曜日・水曜日

営業時間: 11:00~18:00

「自由が丘PLUS 南口店」

自由が丘プラス南口店は、2017年12月に自由が丘プラス(現在の「天の河」自由が丘PLUS学園通り店)の姉妹店としてオープンしました。

アクセス抜群

自由が丘駅南口から3分ほど歩いた場所にあります。アクセスが良いのがありがたいですね。

100席もあり、開放感ある2階

1階で注文するシステムで、2階にあがると席数はなんと100席。
しかし空間が広く、窮屈さは全く感じません。この広さこそ、自由が丘プラス南口店で過ごす時間を快適にしてくれます。

フリーWi-Fiが魅力的!

他のプラスのカフェより自由が丘プラス南口店が話題になっているのは、フリーWi-Fiを使うことができ、カウンター席には電源も完備されていること。
まさに至れり尽くせりの贅沢空間です。実際に、自由が丘プラス南口店ではパソコン作業をしている人も多いので、ノマドワーカーにとっては聖地的な場所。
自由が丘のショッピングに疲れたら、自由が丘南口店でスマホを充電しつつ休憩、なんて使い方もできます。
ビジネスシーンでも、ちょっと外出先でパソコンを操作したくなったときにはうってつけです。南口店も席の予約は出来ますよ。

自由が丘プラス南口店のランチが美味

洋食とアジアンテイストなメニューが揃っています。価格も全品980円とリーズナブルで美味しいのでランチの利用もおすすめ。ガパオライスやシンガポールチキンが人気です。

定期イベント

毎週火曜日はオープンピアノの開催があり、参加費は無料ですがドリンクとフードの注文が必要です。現在は基本的にひとり15分間の演奏と制限されているようです。

毎月2回開催されている朝落語会。落語会終了後には落語家さんを囲んでの懇親会もあるそうなので、落語ファンにはたまらないですね!会場へ足を運ぶことが出来なくても同時ライブ配信もあり3日間アーカイブ視聴が出来ます。2021年2月7日(日)には古今亭文菊さんの講演が開催されます。

自由が丘プラス南口店のケーキバイキングについて

残念ながらバイキングの取り扱いは終了しています。
ケーキはもちろん、ピザ、パン、スープなどを食べることができました。

お店情報
店名:自由が丘プラス南口店

住所:東京都世田谷区奥沢5-24-10  小野ビル1F&2F(エレベーターあり)

定休日:不定休

営業時間: 10:00~22:30

自然に囲まれてカフェごはんを楽しめる「+ garden cafe(プラスガーデンカフェ)」

+garden cafe(以下、プラスガーデンカフェ)は、2009年にオープンした、自由が丘駅近くのYAMADA LAVIのそばにあるカフェです。
ガーデニングやエクステリアのお店に併設されていて、プラスガーデンカフェの中も外もグリーンに囲まれています。
また、プラスガーデンカフェではインテリアのコーディネートも行っているので、インテリアもとってもオシャレ!
家族連れもお一人様も、安心してみんなが集える地元カフェで思わず長居してしまいたくなる空間です。

プラスガーデンカフェのメニューについて

プラスガーデンカフェは、カフェごはんの種類が豊富です。
店長おすすめの蒸し鶏ご飯をはじめ、ロコモコ、キーマカレー、タコライス、ステーキごはんなど、ごはんを食べたい時にはピッタリですね。
プラスガーデンカフェのごはんは16穀入りのごはんを提供してくれるため、健康にも配慮できますよ。
盛り付けはワンプレートタイプで、付け合わせの副菜がついてくるのも嬉しいポイントです。
おしゃれなランチプレートを食べたい女子にはもちろん、ガッツリお肉を食べたい男子でも、こちらのカフェごはんはきっと満足してもらえます。
ランチメニューは900~1200円ほどで、スープやドリンクがついてきます。

平日夜は22時までの営業ですが、現在は営業時間の変更等もある為、お店へお問い合わせの上来店することをおすすめします。
おつまみもサラダはもちろん、チョリソーやエビとブロッコリーのニンニク炒めなどバリエーション豊富なメニューがあります。
お酒を飲みながら食事を楽しめるカフェとしても利用可能です。
予約や貸し切りも可能なので、仲間を集めてパーティもできますよ。

お店情報
店名:プラスガーデンカフェ店舗

住所:東京都目黒区緑が丘2-15-4

定休日:月曜、水曜

営業時間:2020年年内 (火)(木)(金) 12:30〜21:00(L.O)  (土)(日)祝日 12:30〜21:00(L.O)

電話番号: 03-3725-0442

自由が丘プラスはどこも素敵!

自由が丘にプラスがつく名前のカフェをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

自由が丘プラスとプラスガーデンカフェは、テイストは違いますがそれぞれの良さがありました!

自由が丘に訪れた際は、気になる「プラス」のお店を訪れてみてはいかがでしょうか?