下呂市・仁太郎のおすすめお菓子!和菓子だけでなくケーキやチョコも

photo by 仁太郎 http://www.nitarou.com/

仁太郎は下呂市・中津川の最北にある加子母の里に100年以上も前から営業しています。数々の和菓子を作っている仁太郎ですが、現在は和菓子だけでなく「酒蔵生ちょこ」などのチョコレート菓子やケーキなども取り扱っているんです!今回は、そんな仁太郎のお菓子をピックアップしてご紹介します。

仁太郎について

和菓子が好きな人の間では結構知名度の高い仁太郎。創業明治元年。栗きんとん発祥の地で知られる岐阜県中津川市の最北の地である加子母の里に100年以上も営業を続ける老舗お菓子屋です。柿や栗を使ったお菓子を作り続けています。しかし、和菓子の老舗店ながら仁太郎はチョコレート商品でも有名です。仁太郎には通年菓子もあれば、季節のお菓子も多くあります。目的のお菓子が販売されているか販売時期はよく確認しましょう。

仁太郎が販売しているチョコレート商品

1つ目は、「酒蔵生ちょこ」。ほんのりと香るお酒が味わい深い一品です。真っ白な粉糖がまぶしてあり、チョコなのに和風!酒蔵生ちょこは季節限定で販売しているお菓子で、12月から3月末頃まで購入することができます。日持ちは2週間と若干短め。お酒が好きな人に特におすすめです!

2つ目は「チョコ饅頭」。炊き上げた黄身餡を焼き皮で包んだお菓子です。しっとりとした食感で、コーティングしてあるチョコレートのまろやかさとマッチ。酒蔵生ちょこと同じくこちらの商品も期間限定で販売しています。

そして見逃せないのが抹茶をまぶした「緑のトリフ」!栗きんとんをホワイトチョコレートでかため、良い香りがする抹茶がまぶしてあります。上の2つと一緒で期間限定で楽しめるお菓子となっています。

【酒蔵生ちょこ 一合升入(18粒入)】
価格:1380円(税込)

【チョコ饅頭 6個入り】
価格:1230円(税込)

【緑のトリフ 5個入り】
価格:900円(税込)

通販も可能!2020年のバレンタインに仁太郎のチョコレートはいかが?

「大人のばれんたいん「」には仁太郎の「和ちょこ」がおすすめ。お酒好きな人にもぜひ。

上記でご紹介した酒蔵生ちょこ 一合升入(18粒入)、チョコ饅頭、緑のトリュフの他、柿天女という製品もバレンタインにおすすめのチョコレート商品です。これらの仁太郎の商品は仁太郎の公式HPのオンラインショップにて購入できます。

柿天女

干し柿にホワイトチョコレートをまぶした一品です。干し柿のイメージが一新されますよ。ホワイトチョコレートの甘さと干し柿ならではの甘さが混ざって美味。お茶にもコーヒーにも合う、まさに「和ちょこ」です。

季節限定で楽しめる!仁太郎の和菓子・栗きんとん

仁太郎が販売しているお菓子の中でも「栗きんとん」は特におすすめ。9月から3月末までという季節限定で販売している商品なのですが、蒸した地方特産の栗に少しの砂糖を入れて炊き上げ、茶巾絞りで形取った何とも味わい深いお菓子に仕上がっています。
手作りならではの懐かしさを感じることができる一品です。

【栗きんとん 6個入】
価格:1530円(税込)

珍しいお菓子!仁太郎の栗おこげ

栗おこげという商品を知っていますか?栗きんとんを炊き上げる過程で鍋の底にできるおこげのことです。一度にたくさん作ることができない商品です。パリッとした栗の味わいが詰まったせんべいとなっています。こちらの商品は期間限定商品ではないので、1年を通して入手することができますよ。日持ちは2ヶ月と長め。

【栗おこげ 1個】
価格:670円(税込)

仁太郎といえばコレ!菓匠翁

「菓匠 翁」はこしあん・くず粉を使って作った生地で栗きんとんを包み込み、竹皮を撒いて蒸し上げた和菓子です。仁太郎で販売している和菓子の中でも特におすすめ!冷蔵庫で冷やしてくず粉が入った生地のひんやりやわらかな食感をぜひご賞味あれ。

ちなみに、こちらの商品は仁太郎の実店舗でもオンラインストアでも購入することができます。

【菓匠 翁 5個入り】
価格:1400円(税込)

仁太郎 まとめ

いかがでしたか?

和菓子で有名な仁太郎なのでまずは和菓子は食べて頂きたいところですが、チョコレート商品も美味しいのでバレンタインなどのイベント時には和チョコもおすすめです。

仁太郎の商品、ぜひ食べてみてくださいね。

お店情報
店名:仁太郎 下呂駅前店

住所:岐阜県下呂市幸田1396-12

定休日:なし

営業時間:8:00~20:00

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧