名古屋に行ったら買いたい大口屋の「餡麩三喜羅」

photo by 愛知ブランドhttps://www.aichi-brand.jp/
チョコレート

餡を生麩の皮で包んだ「麩まんじゅう」。
今回は麩まんじゅうで有名な愛知県の大口屋に注目。
大口屋の有名商品「餡麩三喜羅(あんぷさんきら)」、その他大口屋の気になる商品について見ていきましょう。

大口屋とはどんなお店?

大口屋は文政元年(1818年)に創業した愛知県江南市の老舗和菓子店。
和菓子ならではの特徴を大事にしつつ今までの和菓子にはない新しいことも取り入れています。
大口屋は尾張・名古屋に6店舗の展開。特に大口屋布施本店は建物も見る価値がありますよ。

大口屋の麩まんじゅう「餡麩三喜羅」とは?

大口屋の麩まんじゅう「餡麩三喜羅」は大口屋の看板商品です。
生麩とこし餡で作られている餡麩三喜羅。
もちもち&ふわふわの食感は餡麩三喜羅でないと味わえないという声もあります。
塩漬けされたサルトリイバラの葉で包まれており、葉の香りと塩もよりおいしく感じるポイント。

餡麩三喜羅の値段は税込1個141円。
オンラインショップでは税込6個951円、一番大きい15個入りで税込2,214円です。
季節の詰め合わせや通年の詰め合わせでは餡麩三喜羅と他のお菓子を一緒に楽しめます。

定番の餡麩三喜羅のほかにも季節限定の
・あんぷさくら
・あんぷちゃちゃ
・あんぷれもん
・あんぷおいも
・あんぷここあ
といった商品もあります。

いろいろ食べてみたくなりますね。

賞味期限は?予約やお取り寄せは?

餡麩三喜羅の消費期限は2日です。予約は可能とのことです。また、お取り寄せについては上記でもオンラインショップについて述べましたが、大口屋の公式HPにオンラインショップがあります。

名古屋駅でも大口屋の餡麩三喜羅を買える!

大口屋の餡麩三喜羅は尾張・名古屋の6店舗以外にも
・中部国際空港(セントレア)3階 銘品館
・JR名古屋駅コンコース内「ギフトキヨスク名古屋」
で買えます。名古屋土産としても買いやすい場所で販売しているので、名古屋に行った際のお土産にぜひ!

東京や大阪でも大口屋の餡麩三喜羅が買える!

大口屋の餡麩三喜羅は名古屋以外でも買える機会があります。下記店舗での定期販売もあるからです。場所や営業時間、予約方法などは大口屋の各店舗へ問い合わせるか、大口屋公式HPで情報を確認して下さいね。

関東
・日本橋三越本店
・銀座三越
・西武池袋本店

中部地方
・松坂屋名古屋本店
・名鉄百貨店本店
・ジェイアール名古屋タカシマヤ

関西
・近鉄百貨店阿倍野店

あんことチョコのコラボ大口屋の「ショコラ羹」

大口屋ではあんことチョコのコラボレーション羊羹である「ショコラ羹」という商品があります。
濃厚なチョコの味が楽しめる商品です。
通年商品の中では見かけられないため、季節限定の商品であると考えられます。

大口屋で買える他の商品

大口屋では他にも和菓子がたくさん揃っています。

柏餅など季節に合わせた和菓子を始め、わらび餅や上生菓子、蒸し菓子、最中、羊羹などの棹物(さおもの)菓子などバリエーションが豊富です。

上生菓子は食べるのも見るのも楽しい和菓子。
季節を感じられますね。

干菓子は見た目がとてもかわいいですね。
プレゼントでもらっても嬉しい!

店舗情報
店名:大口屋 布施本店

住所:愛知県江南市布袋町中67

営業時間:8:00-18:00

定休日:1月1日

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。