• HOME
  • コラム
  • カヌレ
  • 大阪「カヌレ堂 カヌレドゥジャポン」 日本の魅力をギュッと詰め込んだカヌレ専門店 

大阪「カヌレ堂 カヌレドゥジャポン」 日本の魅力をギュッと詰め込んだカヌレ専門店 

photo by カヌレ堂http://canele.jp

フランスの伝統菓子カヌレに、日本のテイストを加えたおしゃれで味わい深いカヌレを提供してくれるのが、大阪にあるカヌレ専門店「カヌレ堂 カヌレドゥジャポン」です。

焼きたての味わいにこだわるカヌレ堂のカヌレは、驚きのおいしさです。

今回はそんなカヌレ堂の魅力をご紹介しましょう。

カヌレとは?

そもそも「カヌレ」とは、どのようなお菓子なのでしょうか?

カヌレは正式名称を「カヌレ・ド・ボルドー」といい、その名の通りフランスのボルドー地域に伝わる伝統のお菓子です。溝という意味のある名前のお菓子だそうで、溝がついた焼き型に蜜蝋を塗って生地を流して焼きます。

できあがった見た目は溝のついた独特な形で、可愛くもあります。食べると、表面はカリッと、内側はしっとりしています。

素敵な世界観!カヌレ大好きなスタッフがいるカヌレ堂 カヌレ ドゥ ジャポンとは?

そんなカヌレの専門店が、大阪にあります。その名も「カヌレ堂 カヌレドゥジャポン」です。カヌレ堂はJR難波駅から徒歩7分のあまり目立たない場所に、こじんまりと佇むお店です。

カヌレを深く愛しているスタッフばかりです。いつも笑顔で、美味しいカヌレを作っています。

古民家を改装したレトロで可愛らしい外観は、女子の心をくすぐること間違いなし!カヌレ堂の外にはベンチが置いてあり、購入したカヌレをその場でいただくこともできます。

暖簾をくぐり店内に入ると、店内も期待を裏切らない可愛らしさで思わずうっとりしてしまうでしょう。店頭にはまるで宝石のように美しいカヌレが並び、どれもおいしそうで目移りしてしまいますよ。

カヌレ堂はお持ち帰り専門店なので店内は手狭。また時期や時間帯によってには行列を作ることも珍しくないそうです。それでもわざわざ足を運んで食べたくなる魅力が、カヌレ堂にはあります。

なお現在カヌレ堂は、難波駅近くの本店のほかに大阪市内に2店舗あります。

インスタ映え抜群!カヌレ堂の魅力

カヌレ堂では、本場のカヌレに日本特有の食材をあわせて、日本ならではの味に仕上げています。繊細でフォトジェニックな見た目にも「日本らしさ」を感じます。

また小さめサイズで、一度に色々な味を味わうことができるところも魅力的ですね。ではそんなカヌレ堂のメニューをご紹介しましょう。

定番カヌレ

定番には、「しろ」「黒糖くるみ」「抹茶あんこ」などがあります。(店舗によって異なります。)

しろ

定番の中でももっとも人気のある「しろ」は、バニラとラム酒の香りがふんわり漂うシンプルなカヌレです。カヌレ生地の香ばしさを存分に楽しめますよ。カヌレ本来の味わいを楽しみたい方におすすめです。

120円

黒糖くるみ

「黒糖くるみ」は、黒糖の甘い香りとくるみの香ばしさ、カヌレ本来の香ばしさがマッチして、あまりのおいしさにいくつも食べたくなります。

140円

抹茶あんこ

「抹茶あんこ」は抹茶のほろ苦さとあんこの甘さのハーモニーがクセになる一品です。

140円

※定番は種類により価格が異なります。

毎月1日に登場する季節のカヌレ

カヌレ堂では、毎月1日に2種類の「季節のカヌレ」が登場します。その時期にしか味わえないものなので、すぐに売り切れてしまうそうです。購入したい方は、お早めに足を運んでみてくださいね。

季節のカヌレはお店のスタッフのアイディアによって生まれているそうです。ここ最近のラインアップは6月は「とうもろこし」と「ブルーベリー」、7月は「仏ゲランド産塩」と「マンゴーオレンジ」と眺めているだけで、興味をそそられるものばかり。

季節の旬の食材を使用しているので、日本の四季を感じながら味わうことができますね。毎月足を運んで、全種類制覇したくなりますね。

旅するカヌレ

日本各地の食材を使った「旅するカヌレ」は、カヌレ堂堂島店に不定期で1種類登場します。旅するカヌレの名前には、その食材を作っている土地の名前が入るので、食べるたびに日本各地を旅している気分を味わえそうですね。

これまでに登場したカヌレには、大阪産のレモンを使った「なにわレモン」、山梨産のももを使った「山梨もも」などがあります。

カヌレ堂の商品の賞味期限の秘密

カヌレ堂のおいしさの秘密は、その賞味期限にも隠れています。なんと賞味期限は「翌日いっぱいまで」という短さなのです。

実はカヌレは長時間かけて焼き上げるので、比較的賞味期限の長い焼き菓子の中でも特に賞味期限が長いと言われています。それなのにカヌレ堂では賞味期限はなぜ短いのでしょうか?

これにはカヌレ堂の「一番おいしい状態で味わってほしい」という思いがこもっているため。焼きたてのカリカリもちもちの食感は、早く食べるほど楽しめるそうで、できればその日のうちに食べてほしいそう。

そしてこのこだわりは、カヌレの焼きあげ時間にもあらわれています。なんとその日の売れ行きを見つつタイミングを合わせて焼いているのだそうです。このこだわりが、カヌレ堂のカヌレのおいしさの秘密なのですね。

人気!カヌレ堂の詰め合わせメニュー

カヌレ堂のカヌレは1個から購入可能ですが、好きなカヌレを選んで詰め合わせができるボックスも用意されています。シンプルなボックスに詰めて可愛らしくラッピングしてくれるので、手土産にもおすすめです。

8個、12個、16個、24個と選べ、中身が決められているものもあります。特に8個が人気らしいですが、用途に合わせて選んでくださいね。

カヌレ堂は通販でお取り寄せできる?

カヌレ堂ではできたての味わいを大切にしているため現在のところカヌレは通販購入はできません。しかし、パイナップルケーキやグッズなどは通販で購入できます。

興味のある方はオンラインショップを覗いてみて下さい。

カヌレ堂のオンラインショップ

カヌレ堂では、不定期で出張販売を行なっているそうなので、気になる方はホームページやSNSをチェックしてみてくださいね。

カヌレ堂のHP

手土産に最適のカヌレ堂のカヌレ!予約はできる?

カヌレ堂のカヌレは人気なので、すぐに売り切れてしまうこともあります。しかし事前に電話で予約をし、取り置いてもらうことができます。確実にゲットしたい方は予約の利用をおすすめします。

本店:070-6920-8880
doudou: 07065088880
長堀橋店: 07052622207

また結婚式のギフト用の予約も承っているそうです。こちらは20日前までの予約が必要です。

カヌレ堂の店舗は?

店舗情報
店名:カヌレ堂 CANELE du JAPON

住所:大阪府大阪市浪速区桜川1丁目6-24

営業時間:10:00~19:00

定休日:水曜日

店舗情報
店名:カヌレ堂 CANELE du JAPON doudou

住所:大阪府大阪市北区堂島浜2-1-13

営業時間:11:00~19:00

定休日:水曜日

店舗情報
店名:カヌレ堂 CANELE du JAPON 長堀橋店

住所:大阪市中央区南船場1-17-21

営業時間:12:00~19:00

定休日:水曜日

北海道在住の主婦。教員を経てフリーライターデビューしました。 読書とスピッツと映画と食べ歩きが大好きです