羽二重餅って知ってる?福井の定番土産4選

photo by 村中甘泉堂 http://www.kansendo.com/about/

羽二重餅というのは、もち粉を蒸し、砂糖と水飴などを入れて練り上げたもちのこと。福井県の名産品・絹織物「羽二重」を再現した和菓子です。今回は、そんな羽二重餅を食べることができるお店を4つご紹介します。

羽二重餅のレシピが知りたい!カロリーも気になる

美しい絹のような福井の名物和菓子・羽二重餅。1枚(21.5グラム)のカロリーは約79キロカロリーと比較的低カロリーです。
店舗で購入するのも良いですが、自分で作りたい!という人もいるのではないでしょうか。羽二重餅の作り方は比較的簡単です。
1.白玉粉に水120ccを加えます。
2.鍋にもち米粉と水を混ぜ入れ、1の白玉粉も入れます。
3.砂糖と水飴を加えて粘り気が出るまで混ぜましょう。
4.お皿に片栗粉を敷いて3を軽く伸ばし、冷蔵庫で2時間ほど冷やしましょう。
本来は一晩寝かせてから2枚重ねにしたりするのだとか。家庭用レシピはどうしても店舗のものと比べて簡単なものになってしまうので、本物の味を堪能したい人は店舗へ足を運ぶことをおすすめします。

羽二重餅の古里・マエダセイカ

マエダセイカでは300年以上もの歴史がある羽二重餅発祥の家です。気になる値段は、一律小さなサイズ(8~16個入り)1箱430円とわかりやすい価格設定(5箱購入したら2000円になります)。商品はどれも試食可能で「実際に食べてみてお土産を選びたい」という人にぴったりです。

羽二重餅を作る過程を知ることができる工場見学もできますよ。
通販もあるからお店に足を運べないという人もマエダセイカの羽二重餅を食べることができちゃいます。

名物である「生羽二重餅」は付属しているヘラやスプーンですくって食べるタイプとなっています。

【生羽二重餅(PREMIUM) 1箱】
価格:750円(税込)

【生羽二重餅(くるみ入り) 1箱】
価格:800円(税込)

【織福 12個入り】
価格:1290円(税込)

お店情報
店名:マエダセイカ 羽二重餅の古里

住所:福井県吉田郡永平寺町松岡吉野35-31-1

定休日:なし

営業時間:8:00~17:00

羽二重餅を福井県で食べたいなら!錦梅堂

錦梅堂は1847年に創業した老舗和菓子店です。錦梅堂の羽二重餅は越前福井藩松平家御用達だった初代当主が考案したもの。天皇や各宮殿下にも献上したことのある一品です。
賞味期限は7日間。通販でも取り扱っています。

【羽二重餅 25入×3箱】
価格:3000円(税込)

お店情報
店名:錦梅堂

住所:福井県福井市順化 1-7-7

定休日:なし

営業時間:8:00~19:00

勝山市にある独創的な羽二重餅の店・はや川

はや川は羽二重餅を取り入れたオリジナル菓子「羽二重くるみ」が人気のお店です。
羽二重くるみは2口から3口で食べられるちょうど良いサイズの和菓子です。和胡桃を入れた羽二重餅をシュー生地で挟んでいます。しっとりとしていて
和洋を織り交ぜたような羽二重くるみは、緑茶や抹茶だけでなくコーヒーや紅茶も合いそうです。
和菓子は苦手という人にも、ぜひ食べてみてほしい一品です。売り切れてしまう日もあるので、早い時間に購入するのがおすすめ!

【羽二重くるみ 6個入】
価格:660円(税込)

お店情報
店名:はや川(大仏店)

住所:福井県勝山市旭町一丁目 400-2

定休日:火曜日

営業時間: 9:00~18:30

安心の衛生管理下で作った羽二重餅!亀屋製菓

亀屋製菓は平成20年に新工場を建て、福井県HACCPの認証を受けました。そんな徹底的な衛生管理下で作られているのが亀屋製菓の羽二重餅です。
自然食材を使った優しい味の羽二重餅。甘さは控えめでさっぱりとしています。まるで絹みたいなやわらかさは一度食べたらやみつきになりそうです。

【羽二重餅 9個入】
価格:432円(税込)

お店情報
店名:亀屋製菓

住所:福井県福井市森田新保町1-1-1

定休日:日曜・祝日

営業時間:8:00~17:00

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。