思わず二度見してしまう「MIOR(ミオール)」のケーキパフェ

photo by ミオールhttp://mior.jp/index.htm

1カットのケーキが丸ごと乗ったパフェが名物の喫茶店を持つ洋菓子店MIOR(ミオール)。

MIOR(ミオール)のケーキパフェは、思わず二度見してしまうようなビジュアルがSNSなどで拡散され話題となりました。

衝撃的なビジュアルのMIOR(ミオール)のケーキパフェは、こだわりの素材を使い、ヨーロッパで修行したシェフの手によって作られる美味しさも魅力です。

好きなケーキと4種類のパフェを自由に組み合わせるケーキパフェは、何通りでも組み合わせを作ることができ、1つに絞れないという人も。

MIOR(ミオール)の人気ケーキとパフェのおすすめの組み合わせや、ケーキパフェが食べられる店舗についてご紹介します。

美を織りなす洋菓子店MIOR(ミオール)

神戸の本店から始まり関西に7店舗展開するMIOR(ミオール)は、寛永7年(1630年)創業の老舗和菓子店「千鳥屋宗家」が運営する洋菓子店。

「千鳥屋宗家」は、『千鳥饅頭』や『千鳥さぶれ』、『みたらし小餅』などで全国的に有名なお店です。

ダイナミックな盛り付けをしたケーキパフェを作るMIOR(ミオール)ですが、パフェに乗せるケーキは職人の技とこだわり素材が合わさった確かな美味しさ。

世界中で親しまれる美しく、美味しいフランス菓子は幸せと喜びを運んでいると考えるMIOR(ミオール)は「美しいは美味しいにつながる」をコンセプトにしているそう。

MIOR(ミオール)の美しいお菓子を作るのは、イギリス王室御用達のお店やドイツの洋菓子店、フランス最優秀国家職人(MOF)の称号を持つ天才シェフの元で修行し、技を受け継いだシェフ。

フランス菓子の本場で磨いた技とヨーロッパを肌で感じた感性、日本で育ったこだわりの素材を合わせて作られるMIOR(ミオール)のお菓子はまるで芸術作品のよう。

MIOR(ミオール)で作られるお菓子の一つ一つに、美味しい笑顔を届けたいという思いが込められています。

名物『ケーキパフェ』の誕生秘話とは?

こだわりを持って作られるMIOR(ミオール)のケーキを1カットまるまる乗せたケーキパフェ。

繊細なケーキとは真逆のビジュアルを持つMIOR(ミオール)のケーキパフェは、「千鳥屋宗家」の社員の優しい心遣いから生まれたメニューです。

SNSで取り上げられているのを見ると、流行りの“映え”を意識して作られたように思うケーキパフェですが、MIOR(ミオール)で提供されるようになったのは30年以上も前に。

発案者である「千鳥屋宗家」の社員は、喫茶店で出会ったお茶を楽しむ女性グループの様子からケーキパフェを思いついたそうです。

おしゃべりをしつつフォークでケーキを食べ、今度はスプーンを持ちパフェを食べる女性たちの様子に、大忙しだなと感じた発案者。
「おしゃべりだけに集中できるメニュー」を考えたどり着いたのが、ケーキもパフェもスプーン1本で食べられる『ケーキパフェ』だったそうです。

ケーキパフェおすすめの組み合わせ

MIOR(ミオール)のケーキパフェは、店頭に並ぶケーキならどれでも4種類のパフェと自由に組み合わせ、ケーキパフェにすることができます。

MIOR(ミオール)のケーキは甘さがひかえめなので、パフェと合わせても重さをあまり感じません。

パフェはソフトクリームとカットフルーツ、甘さひかえめの生クリームに、4種類あるソースから好きなソースを選択。
選べるソースは、抹茶、チョコレート、ストロベリー 、ラズベリーの4種類です。

ケーキパフェの価格はケーキの代金に+400円。1,000円前後でケーキとパフェの2つが楽しめるのでお得感もあり。

種類豊富なケーキの中からどのケーキを選び、どのパフェと組み合わせるのが良いのか悩むという人におすすめの組み合わせをご紹介します。

ショートケーキNYカット×抹茶パフェ

ケーキとしても人気の『ショートケーキNYカット』は、MIOR(ミオール)のケーキの中で最もサイズが大きく、パフェに乗せるとかなりのインパクトに。

甘さひかえめの生クリームとチョコスポンジ、カスタードクリームに、ふんだんに使用した苺の爽やかな酸味が特徴の『ショートケーキNYカット』は、どのパフェとも相性抜群。

『ショートケーキNYカット』と抹茶パフェの組み合わせは、甘いものが少し苦手という方におすすめ。
苺の甘酸っぱさと抹茶のほのかな苦味が良く合い、スッキリとした味で食べやすいです。

ショートケーキNYカット×チョコレートパフェ

MIOR(ミオール)のケーキパフェの中でも特に甘い組み合わせで、甘いものが大好きな人におすすめ。

今日はとことん甘いものを食べたいという気分の時に食べたくなる1杯です

抹茶ケーキ×ストロベリーパフェ

『抹茶ケーキ』は、抹茶スポンジと小豆入りの抹茶クリームを重ね、表面はきれいな波紋模様を描いた抹茶クリーム、トッピングに小豆とチョコクランチ、生クリームをトッピング。
老舗和菓子店「千鳥屋宗家」が運営しているだけあって抹茶の味がしっかりと味わえるケーキです。

ストロベリーパフェを合わせると、ストロベリーソースとカットフルーツの甘酸っぱさが濃厚な抹茶ケーキと絶妙に合わさり最後まで飽きることなく楽しめる味に。

ケーキパフェの食べ方は?

バランスよくケーキが乗せられたMIOR(ミオール)のケーキパフェは、どこから手をつけ、どのように食べるか少し迷いますよね。

ケーキをパフェに乗せたまま食べていくのも良いですが、バランスが崩れそうで怖いという人は、ケーキパフェと一緒に添えられているお皿にケーキを移してください。

インパクトのある見た目を堪能した後は、ケーキもパフェもこぼさず食べられるように、ケーキはお皿に移動させ、ケーキとパフェとして楽しむ人が多いようです。

ケーキパフェが食べられるMIOR(ミオール)の店舗

神戸の本店を含めMIOR(ミオール)は関西に7店舗のお店を構えていますが、ケーキパフェがいただけるのは5店舗。

大阪にある「ミオール豊中店」、「ミオール三番街店」、「ミオール梅田店」、「ミオール船場店」、
奈良の「ミオール学園前店(the the(テテ)近鉄学園前店)」でケーキパフェが味わえます。

MIOR(ミオール)の人気焼き菓子をお取り寄せ

開店以来MIOR(ミオール)で人気なのが、焼き菓子の『パリ―ジ』と『ボニール』。
MIOR(ミオール)のホームページより『パリ―ジ』と『ボニール』を購入することができます。

パッケージも可愛いので、贈答用としてもおすすめですよ。

MIOR(ミオール)HP
mior.jp/index.htm

パリ―ジ

粉糖をまとった見た目から「白いお菓子」として親しまれている商品です。
サブレとオレンジピール、チョコチップを合わせたマーマレード、ダッコワーズ、粉糖を重ねた焼き菓子。

アーモンドのいい香りがするふんわりとしたダックワーズ生地に、オレンジピールとチョコチップでアクセントをつけたマーマレードジャムの甘さが絶妙。日本茶にもよく合います。

価格:
4個 950円(税抜)
6個 1,350円(税抜)
10個 2,200円(税抜)

ボニール

スポンジ生地にコクのあるチーズを合わせた『フロマージュ』、香り豊かなベルギーチョコレートのクリームを入れた『ショコラ』。
ふわふわと柔らかくしっとりとした2種類のケーキが楽しめます。

価格:
6個 1,700円(税抜)
9個 2,500円(税抜)
12個 3,300円(税抜)

アクセス

MIOR(ミオール)は、フランス・ドイツ・ベルギー・スイス等、ヨーロッパ各地の洋菓子をはじめ、季節の味を楽しめる期間限定のケーキがいただける洋菓子店です。

関西に展開するMIOR(ミオール)の7店舗のうち5店舗で食べることができるケーキパフェは、見た目も味も他とは一味違うスイーツ。

各店舗ともアクセスがしやすく、足を運びやすいですよ。

「ミオール豊中店」は阪急電鉄宝塚線「豊中駅」の北改札口から徒歩約3分の位置に。

「ミオール三番街店」は阪急電鉄「大阪梅田駅」に直結するショッピングセンター「阪急三番街」の北館1階にあります。

「ミオール梅田店」は100店舗に近い数の飲食店が立ち並ぶ飲食街「新梅田食堂街」に。
阪急電鉄「梅田駅」より徒歩約1分、JR「大阪駅」・阪神電車「大阪梅田駅」からは徒歩約3分、その他大阪市営地下鉄の各線最寄り駅から徒歩約3分です。

「ミオール船場店」は大阪市営地下鉄「本町駅」から徒歩約6分の場所に。

「ミオール学園前店(the the(テテ)近鉄学園前店)」は近畿日本鉄道の奈良線「学園前駅」より徒歩約1分。学園前駅の駅ビルの2階に入っています。

写真を撮って誰かに自慢したくなるようなMIOR(ミオール)のケーキパフェを、ぜひ一度体験してみてください。

店舗情報
店名:ミオール豊中店

住所:大阪府豊中市本町1丁目11-1-101

営業時間:8:30~20:00

定休日:無休

店舗情報
店名:ミオール三番街店

住所:大阪府大阪市北区芝田1丁目1-3

営業時間:10:00~22:00(L.O. 21:45)
金・土・祝前日10:00~23:00(L.O. 22:30)

定休日:阪急三番街に準ずる

店舗情報
店名:ミオール梅田店

住所:大阪府大阪市北区角田町9-26

営業時間:10:00〜22:00

定休日:無休

店舗情報
店名:ミオール船場店

住所:大阪府大阪市中央区南久宝寺町3-4-14

営業時間:9:00~19:00(年末年始は9:00~18:00)

定休日:1月1日のみ

店舗情報
店名:ミオール学園前店(thethe(テテ)近鉄学園前店)

住所:奈良県奈良市学園北1丁目1-1

営業時間:9:00~20:00(L.O. 19:45)
※年末年始短縮営業の可能性あり

定休日:無休