元祖しろくまのお店「天文館むじゃき」 老舗の氷白熊はどんな味?

photo by 天文館むじゃきhttps://mujyaki.co.jp/

今や全国区のデザートとなった「白熊」ですが、発祥は鹿児島にある「天文館むじゃき」というお店なのをご存知ですか?

今回は、鹿児島名物「白熊」の歴史や「天文館むじゃき」のお店について詳しくご紹介していきますので、最後までご覧ください♪

白熊と天文館むじゃき

今は首都圏のコンビニエンスストアやスーパーでも手軽に買うことができる白熊ですが、実は本物の白熊を食べたことがない、という方も多いのではないでしょうか。

白熊の誕生は天文館むじゃきから

「白熊」が生まれたのは戦後間もない昭和22年のこと。
昭和21年に創業したばかりだった天文館むじゃきの創設者である久保氏が考案し、昭和24年から販売をスタートしました。

白熊とはどんなもの?

天文館むじゃきで販売開始したばかりの頃は、白蜜や赤蜜をかけただけのシンプルなかき氷でした。

その後、いちご×練乳にヒントを得て、氷にもかけてみたところ、美味しいが甘みが強すぎたため、試行錯誤して味の調整を繰り返し、天文館むじゃきならではのさっぱりとしたミルクが完成しました。

さらに、今までの氷に彩りを加えようと、洋菓子を作るような感覚で果物や豆、チェリー、アンゼリカ、レーズンをトッピング。
上から見た様子が白熊の表情に似ているところから「白熊」という名前に。

これが天文館むじゃき、そして、のちに鹿児島のみならず九州名物となる「白熊」の誕生です。

白熊の色々な表記

白熊の元祖である天文館むじゃきでは「白熊」という表記ですが、現在一般的には「氷白熊」「白熊」「白くま」「しろくま」「シロクマ」など様々な表記で販売されています。

天文館むじゃきで絶対に食べておくべきベスト5

天文館むじゃきのおすすめをご紹介します。尚、値段は本店を基準にしています。

白熊

まずはこれを食べないと始まらない。一番ベーシックな味わいのTHE「白熊」。
時間をかけ追求したベストな甘さと美味しさの自家製ミルク、そして色とりどりたっぷりと載ったフルーツにやさしい甘さの蜜。

天文館むじゃきの白熊へのこだわりがストレートに味わえるシンプルな美味しさです。

もちろん、不動の一番人気メニューです!!
商品名:白熊
値段:740円(税込)
※季節によってトッピングのフルーツが変わります。

ストロベリー白熊

氷の上にミルクをかけるヒントにもなった、いちごをたっぷりと味わえるフレーバーがこの「ストロベリー白熊」。

果肉入りのイチゴソースと自家製ミルクの甘みと酸味のバランス、そしてイチゴのジューシーな香りが最高です。

「白熊」に次ぐ天文館むじゃきの人気No.2メニュー。

商品名:ストロベリー白熊
値段:740円(税込)

抹茶白熊

抹茶好きさん必食なのが、この「抹茶白熊」。
自家製の特製ミルクと一緒にかける抹茶ソースには、京都の宇治抹茶を使用しているので、ミルクのコクにも全く負けない芳醇な抹茶の香りが楽しめます。

ミルクのほんわりとしたやさしい甘さと京都宇治抹茶のほろ苦さのバランスがよく、最後までとっても美味しくいただける一皿です。

商品名:抹茶白熊
値段:850円(税込)

プリン白熊

美味しい美味しい天文館むじゃきの白熊の上に、プリンを載せるなんてけしからん!
…という白熊ファンの声が聞こえてきそうな「プリン白熊」。

でも、実際に食べてみたら、先ほどの意見を撤回したくなる美味しさ。この美味しさの秘密は、プリンのクオリティです。
なんとこのプリンも天文館むじゃきの自家製手焼きプリンなんです。

手焼きプリンのコクがミルクの氷やフルーツ達と相性抜群。最高の共演者となってくれます。

商品名:プリン白熊
値段:850円(税込)
※季節によってトッピングのフルーツが変わります。

スペシャル白熊

これを紹介しないわけにはいかない「スペシャル白熊」は、ベーシックな白熊の美味しさをベースに、さらにボリュームアップしたフルーツのトッピングを施したもの。

天文館むじゃきの公式にも”色とりどりのフルーツをこれでもかっ!と言わんばかりにトッピングしました。”という説明が。

一度目は普通の白熊を、そして二度目の来店でこのスペシャル白熊を召し上がって、そのゴージャスさを堪能してみるといいかもしれません。

商品名:スペシャル白熊
値段:1,290円(税込)

毎年6月は“白熊生誕祭”!

毎年、白熊が生まれた6月には“白熊生誕祭”と題して、販売当時の白熊がたべられるというイベントが開催されます。
現代の白熊とどんな味の違いがあるのか、味わってみたいですよね♪

ちょうど6月の時期に鹿児島に行かれる方は、是非天文館むじゃきに足を運んで、この貴重な機会を逃さないようにしてくださいね!

天文館むじゃきの期間限定や新着情報は各SNSで手チェック

天文館むじゃきでは公式HPや各SNSにて最新情報を確認することができます☆

是非フォローしてみてくださいね♪
【天文館むじゃきの公式一覧】
天文館むじゃきHP
Twitter
Instagram
Facebook
LINE

天文館むじゃきのカフェ店内は?

老舗の天文館むじゃきは、2015年2月にカフェ店内をリニューアルし、とってもオシャレで落ち着いた雰囲気に生まれ変わりました。

名物白熊はもちろんのこと、鹿児島県産の素材を使った天文館むじゃきの美味しい軽食や甘味もゆっくりと楽しめる空間になっています。

天文館むじゃきは通販でお取り寄せできる?

なんと嬉しいことに、本場天文館むじゃきの白熊をオンラインショップでお取り寄せすることができるんです!

好きなフレーバーを組み合わせて買うことができるスタイルなのでお気に入りの味だけをたくさん取り寄せる…なんてこともできちゃいます。

天文館むじゃきのオンラインショップ

白熊のテイクアウトもできちゃいます

天文館むじゃきの美味しい白熊を持ち帰って食べたい!という時や、カフェが混んでてなかなか座れないかも…という時は、持ち帰りがオススメ。
通常の白熊は全フレーバー同じお値段です。(アイスやプリンなど一部商品はお値段が異なります)
レギュラーサイズ/740円(税込)
ベビーサイズ/490円(税込)

天文館むじゃきは予約できる?待ち時間は?

超人気店の天文館むじゃき。かき氷シーズンはもちろんですが、オフシーズンでも待つ時間には余裕を持って訪れた方がいいかもしれません。
天文館むじゃきは、残念ながら事前予約の受付はしていません。
ただ、店舗によっては「店舗貸切 応相談」となっているので、貸切の場合のみ予約できるかもしれません。

詳細は各店舗まで直接お問い合わせください。

天文館むじゃきの店舗情報

天文館むじゃきの白熊はどこで食べられる?

天文館むじゃきの白熊は、
天文館むじゃきビルの1階にある「白熊果琲」
2階「カジュアルレストランMujyaki」
天文館むじゃき鹿児島中央駅アミュプラザ店
で食べることができます。

クレジットカードの使用

アミュプラザ内にある天文館むじゃきのみ、クレジットカードの使用が可能です。
天文館むじゃきビルの2店舗はカード決済不可ですのでご注意ください。

天文館むじゃきまとめ

天文館むじゃきや白熊について詳しくご説明してきましたがいかがでしたか?

鹿児島に行かれた時には、是非白熊発祥のお店、天文館むじゃきで本物の白熊を味わってみてくださいね!

店舗情報
店名:天文館むじゃき 本店
住所:鹿児島県鹿児島市千日町5-8 天文館むじゃきビル 1F
営業時間:11:00~19:00(ラストオーダー 料理18:15/白熊&ドリンク18:30)
※営業時間等は変更の可能性がありますので、公式の情報でご確認ください。
定休日:不定休