種類豊富で選ぶのも楽しい♪「くりこ庵」のたい焼き

昔ながらのお菓子で、幅広い年齢の方や男性からも人気のたい焼き。
神奈川、東京、千葉、埼玉にお店があるたい焼き屋さん「くりこ庵」は、ふわふわの柔らかい生地に、たっぷりのあんが特徴です。
また、たい焼きの種類が豊富で、70種類以上ある中から、常時6種類がお店に並ぶので、選ぶ楽しみもあるのも魅力的です。
定番の小倉あんから、季節限定商品、独自の珍しい味まで、色々な味が楽しめる美味しいたい焼きが人気の「くりこ庵」をご紹介します。

くりこ庵とは?

1951年(昭和26年)に横浜で創業したくりこ庵。元々は甘栗の卸し販売会社をしていたため、横浜港があって仕入れするのに便利な横浜で商売を始めたそうです。
店名の「くりこ」は、栗の実に由来しています。中国では栗の実のことを「栗子(くりこ)」と呼ぶ説があり、栗の木が親であり、そこに実る栗の果実を、子供に見立てて栗子と呼ぶそうです。

くりこ庵のたい焼きは、各産地の厳選した小麦粉を丁寧にブレンドして、さらに一般的な量の2倍の卵を入れて作られます。そのため、パリッとしながらもふわふわと柔らかい、口溶けの良い生地に仕上がります。
また、中身のあんは北海道産の小豆を100%使用しています。長時間蜜漬けして、糖度をおさえて作られるので、甘さ控えめの風味豊かな味わいになっています。

くりこ庵は、神奈川・東京・千葉・埼玉に37店舗(2019年11月現在)展開されています。本社のある横浜には、横浜西口本店、みなとみらい店、金沢文庫店の3店舗があります。

くりこ庵の人気のメニューとは?

ふんわり柔らかい生地に、たっぷりのあんが特徴のくりこ庵のたい焼き。定番の小倉あん、店名に由来するこし餡に栗が入ったくりこあん、人気のプレミアムクリームの他にも、季節限定や期間限定の味も豊富に発売されます。最短10日で商品が入れ替わることもあり、新商品も次々と登場するので、定期的にチェックしたくなりますね。

小倉あん

くりこ庵の一番人気「小倉あん(143円※税抜)」。たい焼きと言えば小倉あん、という人も多い、外せない定番の味です。
北海道小豆を長時間蜜漬けして、風味豊かに炊き上げているので、ふっくらとなめらかなあんが自慢です。糖度を抑えて作られているので、甘さ控えめで美味しい粒あんです。

プレミアムクリーム

くりこ庵の人気「プレミアムクリーム(143円)」は、北海道牛乳で作った口溶けの良いカスタードに、バニラビーンズが入ったオリジナルのカスタードクリームのたい焼きです。
豊かなコクがあり、ミルク感もたっぷりあって、まろやかな甘みが美味しいクリームです。

くりこあん

店名が入った自信作の「くりこあん(172円)」は、こしあんにたっぷりの栗が入っています。北海道産の小豆を使用したなめらかで甘さ控えめのあんに、美味しい栗がたっぷりと入っていて、おすすめの味です。

季節限定!冷やしたい焼き

ホイップクリームがたっぷりのった、夏期限定の冷たいたい焼き「冷やしたい焼き(195円)」。特別な生地で作られているので、冷やしてもふんわり美味しいたい焼きです。
北海道産小豆使用のこだわりの粒あん小豆&ホイップや、北海道純正クリーム使用の卵たっぷりふわふわカスタードクリーム&ホイップがあります。
その他にも、期間限定でいちごクリーム、抹茶クリーム、プリンクリーム、メロンクリームなどが販売されます。
暑い季節に楽しみたい、ひんやり冷たいたい焼きです。

くりこ庵でイートインできる?

基本的にテイクアウト専門店のくりこ庵ですが、神楽坂店では店内でたい焼きとドリンクが楽しめる、たい焼きカフェがあります。
神楽坂店では、くりこ庵で初となる「うす皮たい焼き」も食べられます。「たい焼きセット(538円)」は、お好きなたい焼き1匹とお好きなドリンクがセットになっていて、和の雰囲気いっぱいのイートインスペースで楽しめます。
他にも、夏にはいちご味や抹茶味がある「ふわふわ雪氷(単品723円)」や、冬にはぜんざい「善哉(単品510円・ドリンクセット880円)」も人気です。

くりこ庵の混雑状況は?予約できる?

くりこ庵は、行列が出来ることも多い人気のお店です。お昼時になると、10人ほどの行列が出来ては消え、の繰り返しになることもあります。また、予約することはできません。
神楽坂店のイートインスペースは、特に平日はテイクアウトより混雑しないことが多いので、ゆったりとたい焼きを楽しむことが出来ます。

また、パーティやイベント、お土産などの特別注文の受付もあります。指定の時間に注文したたい焼きを用意してくれます。100匹以上の注文の場合は、配送もしてくれて、個別包装も対応してくれるので、子供会や会社の行事などにおすすめです。

くりこ庵の店舗情報

くりこ庵は、神奈川・東京・千葉・埼玉にお店があります。カフェもある神楽坂店は、東京メトロ飯田橋駅のB3出口から徒歩1分ほどの、アクセスしやすい場所にあります。飯田橋方面から神楽坂通りを登りはじめてすぐの、左側にあります。店先にある赤い傘が目印のお店です。
神楽坂の散策や、お買い物の休憩、会社帰りなどに、美味しいたい焼きで一休みしてみてはいかがでしょうか。

店舗情報
店名:くりこ庵

住所:東京都新宿区神楽坂2-6-1 PORTA神楽坂 1F

営業時間:10:00~21:00

定休日:無休

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧