店主のこだわりがつまった究極の練り菓子銀座かずやの「かずやの煉」

photo by 銀座かずやhttps://www.ginzakazuya.com/products.html#ren
和菓子

「銀座かずや」は、雑居ビルのなかにひっそりと存在する小さな小さな和菓子屋です。そんな目立たないお店なのに「かずやの煉」というお菓子が大ヒットし、連日予約が絶えないのだそう。今回は銀座かずやの看板商品「かずやの煉」の魅力をご紹介しましょう。

かずやの煉を販売する銀座かずやとは?

有楽町にある銀座かずや。暖簾をくぐって入ると店内は一坪ほどの小さな店で、隠れ家的存在ですが、客足が絶えない人気店です。日本料理の職人だったオーナーがお菓子を作っていますが、特にかずやの煉は人気です。一人で作っているため、販売数に限りがあり、人気なので入手が難しいです。尚、予約なしでも購入できる商品もあります。

かずやの煉のおいしさの秘密

かずやの煉は、「銀座かずや」という小さな和菓子屋さんで販売される練り菓子です。マツコデラックスさんの番組「月曜から夜ふかし」などさまざまなメディアで紹介され人気殺到!購入まで1ヶ月ほど待たされることもあるそうです。

かずやの煉はすべて手作り

それもそのはず、この「かずやの煉」は店主の小関さんが2年かけて火加減や練り加減などを研究し尽くし、納得の味に仕上げた渾身の自信作なのです。

「かずやの煉 」は繊細な火加減や練り加減により成り立っているので、すべて小関さん一人で作っているのだそう。小関さんの練り菓子へのこだわりがすべて詰め込まれているからこそ、他では味わえないおいしさを体現できるのでしょうね。

かずやの煉の原材料へのこだわり

かずやの煉は作り方だけではなくもちろん原材料にもこだわっています。抹茶は香り豊かな九州の八女抹茶を使用し、煉の生地には柔らかな食感を出すために高価なわらび粉を混ぜ合わせています。

かずやの煉 抹茶の味わいと笹の香り

こうして小関さんのこだわりをめいいっぱい詰め込んでできた「かずやの煉 抹茶」は、一つ一つ大切に笹の葉に包まれて届けられます。これだけでも特別に贅沢な経験に感じられます。

そっと笹の葉を開くと抹茶の芳醇な香りがふわっと漂い幸せな気持ちに。口の中に入れると、まるでムースのようななめらかさに驚きを隠せません。「これが本当に練り菓子?」と思ってしまうほどの衝撃です。

6個入り値段 2,150円(税込)
消費期限:冷蔵2日間

かずやの煉以外のメニューは?

銀座かずやには、かずやの煉以外にもおいしい和菓子がたくさん並んでいます。そのなかでもおすすめなのが「東京多摩ゆずわらび」です。

こちらは一風変わったゆず風味のわらびもち。しかも使われているゆずは多摩地区のものと、地域に根ざしたお菓子なのです。ゆずのみずみずしく爽やかな風味は、夏にとくにおすすめです。

値段 1個324円 6個2000円
賞味期限 常温で2ヶ月

かずやの煉は予約できる?

かずやの煉は、全て手作業で作られており1日に作ることができる数が限定されています。そのため予約での購入が必須。

予約は購入する日の1ヶ月前から受け付けているそう。メールの予約は受け付けていないため、電話もしくは店頭での予約のみとなっています。電話、つながりにくいので何回もかけて下さい。

商品の受け渡し時間は11時半から14時、当日の無断キャンセルは料金をいただいているそうです。

なおごく稀に当日のキャンセルが出ることがあるそうで、その場合のみ予約せずに当日購入ができるそうです。「どうしても今日食べたい!」という方は、ダメ元で足を運んでみてはいかがでしょうか。

かずやの煉の通販は?

なおかずやの煉は通販も行なっていないため、一度にたくさん購入し冷凍保存する方もいるようですが、味は保証できません。

ただ、かずやの煉以外には通販対応してくれる商品もあります。煉り菓子や煉り翡翠、黒煉り丹波などがあります。気になる方は銀座かずやのHPを覗いてみて下さいね。

かずやの煉が購入できる店舗は?

かずやの煉は、本店でのみ購入可能です。三越などデパートでは購入できませんのでご注意ください。

店舗情報
店名:銀座かずや

住所:東京都中央区有楽町1-6-8 松井ビル 1階
営業時間:11:30~14:45
定休日:日曜・祝日・臨時休業あり

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

rinoyuzu

4,071 views

北海道在住の主婦。教員を経てフリーライターデビューしました。 読書とスピッツと映画と食べ歩きが大好きです

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。