季節や店舗限定メニューに注目 叶匠壽庵

全国展開して百貨店や空港など多くの場所で見かける叶匠壽庵。

滋賀県の大津市で昭和33年に創業した、老舗の和菓子店です。

全国展開しているので「どこでも同じ商品」と思われがちですが、意外な限定メニューがあることをご存知ですか?

今回は叶匠壽庵の店舗や季節限定のお菓子に注目して紹介します!

季節限定商品で人気の「あも」

「あも」とは昔宮中の上級女官たちが使っていた言葉で「餅」を意味します。

ではお餅のお菓子?と思ってパッケージを出てくると、出てくるのは「粒あんの羊羹?!」と思えるビジュアル。

カットするとぎっしりの小豆の中に、柔らかいお餅が入っています。

あまりにも柔らかいので、少し冷やしてお餅が固まったところをカットするといいですよ。

ぎっりし詰まった小豆は丹波大納言小豆を、粒を潰さないよう丁寧な手炊きにこだわっています。

あまりの小豆の迫力に圧倒されますが、食べてみると小豆の味がしっかりと口にひろがり、上品な甘さだけが残ります。

さらにこの「あも」には焼き塩を使った「あも(塩)」もあります。

違いはお餅の固さと、塩でさらに小豆のうまみが感じられるところでしょうか。

「あも」はヨモギ、クルミ、栗など季節によって味も変わります。

魅力的な茶房や食事処がある!

叶匠壽庵はお菓子の販売だけではなく、甘味処やカフェ、レストランも展開しています。

庭園を眺めながらお食事が頂ける叶匠壽庵の寿長生の郷は梅や紅葉の時期の観光スポットとしても知られています。

和菓子作り体験イベントがあったり、ベーカリーやカフェまで敷地内に点在しています。

ドライブがてら足を延ばしてみるのもいいですね。

店舗ごとのオリジナルメニューも!

さらに同じメニューを出しているわけではなく、その店舗でしか味わえない商品がある事をご存知ですか?

・名物石餅/石山寺店(滋賀県大津市)
石山寺にちなんだお菓子という事で提供される名物石餅。
白い餅とよもぎ餅をねじり合わせた餅の上に、たっぷりの粒あんが添えられます。

・土鍋ぜんざい/草津店(滋賀県草津市)
寒い冬にたべたくなるぜんざいですが、こちらのお店ではさらに熱々が楽しめます。
小豆の風味豊かなぜんざいに、焼餅、栗、黒豆をのせ、じっくりと土鍋でコトコト炊き上げています。

・あかい/羽田空港(東京都)
黒蜜きな粉味に、関東風のみたらし醤油味を加えたタレをかけていただくお餅です。
もともと滋賀県の三井寺にちなんだお菓子でしたが、東京バージョンとしてみたらし醤油味をプラスしました。
その他「羽雲」や「和三盆餡ぷでぃんぐ」など羽田空港限定商品は一度は見かけたことがあるかもしれませんね。

お店情報

店名:叶匠壽庵 長等総本店
住所:滋賀県大津市長等2丁目4-2
定休日:水曜日
営業時間: 9:00~18:00

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧