いつも賑わっている池袋の名店 すずめや どら焼きに行列ができるヒミツ

日本人ってどら焼きが好きなんですね。それを裏付けるかのように東京にはたくさんの名店があります。

東京3大どら焼きのうさぎや、亀十、草月に次ぐ人気を誇っているのが池袋のすずめや。

今回は、そんなどら焼きの人気店のひとつである「すずめや」について紹介します。

見落としそうな小さな店「すずめや」

JR池袋駅東口から歩いて約7分の路地にある、すずめや。すずめやの間口は狭いのでうっかり見落としてしまわないようにご注意を。

一見和菓子屋さんには見えない店舗の店先には、控えめに「どらやき すずめや」の看板があります。この風情ある店構えもすずめやの人気の一つかもしれません。

すずめやといえばどら焼き

どら焼きはシンプルなものにもかかわらず、あんこがたっぷり、なのにふんわりとした皮と甘すぎない魅力的な味でした。添加物などは一切入っていないようで、どら焼きのパッケージには、製造日当日に食べることを推奨する文言が記載されています。

最中はつぶあんとくるみが入ったあんの2種類セットで、一番日持ちするそうですが、それでも2日しか持たないそうです。

集まりなどでみんなで食べるために購入したり、デザートで買うのがいいかもしれません。

すずめやのどら焼きは、皮はフワッと柔らかく焼き上がり、一口噛むごとにはちみつの香りが口の中に広がります。中の餡は水分が多めに炊き上げられ、小豆本来の甘さが立っています。また粒がしっかりと残った粒あんなので、豆の食感も楽しめます。

見た目に反して軽い食感なのが、すずめやのどら焼きなのです。

どら焼き以外にもある!すずめやの和菓子

どら焼きがあまりにも有名なすずめやですが、実は他にも和菓子を取り扱っています。最中や四季ごとにでる季節の和菓子なんかはおすすめです。どら焼きと一緒に購入してみてはいかがでしょうか?

すずめやのどら焼きは何時までにいけば購入可能?

すずめやのどら焼きも人気の為、閉店時間には売り切れていることもよくあること。早い時には14時頃には売り切れてしまうとか。

どら焼きのみならず、すずめやの和菓子は通販やお取り寄せの対応はしていないため、確実に購入したいという方は午前中に行くのがおススメです。電話をしておくと取り置きも対応してくれるそうですので、どうしても夕方になってしまう方は是非ご一報を。電話番号は03-5391-0196です。価格は1個200円です。

すずめや茶房について

すずめやでは月に1回不定期ですが、すずめや茶房が開かれます。いつものお店とは違うお菓子が提供されると、ファンが増えています。詳細はブログで案内されるようですので、気になる方はチェックしてくださいね。

dsuzumeya.exblog.jp/

すずめや 店舗情報

お店情報
店名:すずめや

住所:東京都豊島区南池袋2-18-5

定休日:日曜・祝日

営業時間:10:00~売り終わり次第