• HOME
  • コラム
  • 焼き菓子
  • コンビニでも人気!今、大注目のフランス洋菓子「クイニーアマン」 由来やおすすめ店を紹介

コンビニでも人気!今、大注目のフランス洋菓子「クイニーアマン」 由来やおすすめ店を紹介

photo by カメリヤ https://camelia.co.jp/magazine/book/216
焼き菓子

最近ブームになりつつある「クイニーアマン」をご存知でしょうか?
「クイニーアマン」とは、バターと砂糖を折り込んだパン生地を焼きあげ、外はサクサク、中は弾力のある食感の焼き菓子のことです。バターにはブルターニュ産の塩バターを使うのが特徴で、バターの風味と塩味、砂糖の甘味の絶妙なバランスが楽しい今注目のフランス洋菓子。今回の記事では、この「クイニーアマン」についてご紹介していきます。ぜひ最後までごらんください。

「クイニーアマン」の由来とは

クイニーアマンはフランス発祥で、ブルターニュ地方の郷土料理です。 しかし クイニーアマンはフランス語でなく、ブルトン語です。

「クイニーアマン」とは、ブルトン語で「バター(amann)の菓子(kouign)」という意味です。 そんなクイニーアマンは1860年、ブルターニュ地方のパン屋さんのミスから誕生し、バターと生地を馴染ませて焼いたパンがとても美味しくできあがったのだそう。

偉大な失敗って意外と多いものですよね。

クイニーアマンってどんな食べ物?味は?

外はカラメルがついているのでサクサク、中は特に何かが入っているわけではありませんが、弾力があり、バターの風味が香ばしい焼き菓子です。特に 甘い物が好きな方にはおすすめです。

塩キャラメルまるごと包み焼き!アンリ・ルルーの「クイニーアマン」

アンリ・ルルーと言えばショコラやキャラメルが有名なお店。しかし、アンリ・ルルーは「クイニーアマン」も抜群においしいのです。なんと塩キャラメルを丸ごと1個包んで焼いてしまう大胆な一品。ぜひ一度ご賞味ください。

こだわりのエシレバターがたまらない!エシレの「クイニーアマン」

店名にも冠される「エシレ」バターとは、フランス中西部・エシレ村で生産されるクリーミーな口あたりと、芳醇な香りが特長の発酵バターです。エシレはAOP認定フランス産発酵バター「エシレ」の専門店として大人気なのです。エシレバターとゲランドの塩が織り成す、甘塩っぱい贅沢な味わいが優雅な大人の時間を過ごさせてくれます。

お手軽コンビニスイーツにも登場!コンビニ「クイニーアマン」

お手軽と言えばコンビニスイーツ。しかし侮るなかれ。コンビニ「クイニーアマン」もなかなかのものです。ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート、サークルKサンクス・・・。

各店様々なものを置いていますがおすすめはずばりローソンとセブンイレブン。

ローソンとセブンイレブンのクイニーアマンの見た目

ローソンとセブンイレブン、クイニーアマンの見た目、大きさや厚みには違いはそんなにありません。でも製造会社は異なりますし、原材料も多少違いがあります。

ローソンとセブンイレブンのクイニーアマンの味の違いは?

味や食感には結構違いを感じることができます。ローソンはバターの風味を生かすタイプ。甘さは控えめで、外のサクっとした感と中のふわふわと楽しめます。セブンイレブンは甘さと香ばしさを大切にするタイプです。カラメルや外側にまぶしてある砂糖もあって、結構甘いです。

温めても美味しいクイニーアマン

ローソンもセブンイレブンもクイニーアマンを温めると常温の時とは違う食感を楽しめます。それぞれ温めると味や食感が変わってくるのでぜひ試してみて下さい。

いろいろなコンビニの「クイニーアマン」を食べ比べてみても楽しいのではないでしょうか。

家庭でクイニーアマンを作る人も!レシピは?

クックパッドでは本格的なクイニーアマンではなく、簡単に作れるようにアレンジしてクイニーアマン風な焼き菓子を作るレシピが多く掲載されているとか。

家庭で簡単にクイニーアマンを作りたいという方は、参考にしてみて下さいね。

パン耳でクイニーアマン風

材料

食パン4~5枚分のパン耳、バター大5、グラニュー糖大4~5

作り方

パン耳を一口サイズの大きさにカット。フライパンにバターとグラニュー糖を加えて火にかけ揺さぶります。バターと砂糖で分離しても問題ありません。茶色になって煙が一瞬出たら、パン耳を加えフライパンを振り全体に絡めます。

cookpad.com/recipe/2152819

クイニーアマンのまとめ

クイニーアマン、いかがでしたか?

有名なお店でも、コンビニでも、家庭でも食べられます。

ぜひおやつの時間にはクイニーアマンを食べてみて下さいね。

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。