• HOME
  • コラム
  • かき氷
  • 谷根千散歩のお供に「芋甚」のアイスモナカはいかが?イートインの甘味もおすすめ

谷根千散歩のお供に「芋甚」のアイスモナカはいかが?イートインの甘味もおすすめ

下町情緒や人情を感じる商店街が人気で、観光スポットにもなっている谷根千。

散策中の一休みにぴったりと、多くの方が足を止めるのが根津の芋甚です。

甘味処・芋甚では、自家製アイスを使ったメニューをはじめ、色々なスイーツを提供していて、大人気です。

今回は、芋甚や芋甚のスイーツをご紹介します。

芋甚

芋甚は大正時代の焼き芋屋さんから、昭和初期のミルクホール、現代の甘味処と形態を変えながらも懐かしの味を守り続け、愛されるお店です。

屋号に「芋」とあるのは、初代が焼き芋屋だった名残といえましょう。

芋甚の創業は1912年。なんと100年以上の歴史を誇る老舗店で現在4代目が受け継いでいます。そんな芋甚で特に有名なのがアイスモナカ!芋甚の看板商品となっている一品です。

テイクアウトもOKですが、イートイン席もあります。

食べ歩きに最適な芋甚のアイスモナカ

芋甚のアイスは、コックリネットリのアイスではなく、サッパリシャーベットっぽいのが特徴。昭和初期から製法は変わっていないそう。

そのため炎天下でも食べやすいと、食べ歩きの定番メニューになっています。

アイスモナカ1個120円:

芋甚では注文を受けてからアイスを詰めるので、モナカの皮がパリパリで香ばしいです。

コンデンスミルクと練乳が入ったバニラと、小豆と砂糖のみの小豆アイスが定番で、すっきりと上品な甘さが人気です。

期間限定で抹茶も登場しますので、芋甚に行った時にあったら是非注文してみてください。イートインは2個セット、テイクアウトは1つから注文可能です。

イートインも美味しい物あります!

芋甚ではイートインもでき、ゆっくり美味しい甘味をいただく事ができますよ。

おすすめはアベックアイス280円と、クリームあんみつ480円、かき氷など。

芋甚は何といってもあっさりしたアイスが特徴ですから、イートインでもアイスを使ったメニューがおススメです。

芋甚のクリームあんみつ

黒蜜、あんこ、アイス、求肥もすべてが良いお仕事をしています。美味しいです。丁寧に炊いた小豆や涼しげな寒天やフルーツを、さっぱりとした黒蜜がまとめあげてくれます。

芋甚のかき氷

夏になると芋甚に登場するかき氷も人気。甘味処のかき氷だけあって、ホロホロと口に入れた瞬間にとろけるような絶品かき氷です。イチゴやメロンなど定番、懐かしい味のする氷牛乳なんかもあります。

芋甚のチョコレートサンデー

芋甚のチョコレートサンデーはソフトクリームではなく、バニラアイスの上にチョコレートソースがかかっているのです。その上にチェリーがちょこっと載せられているシンプルですが可愛いメニュー。

アベックアイス

バニラと小倉のアイスクリームが並んで提供されるのがアベックアイス。まるで仲良く寄り添う彼氏と彼女のよう。アベックという単語はあまり今では使われないかもしれませんが、要するにカップルということです。デートの時におすすめ。テイクアウトもできます。

アベックメニューはアベックあんみつやアベックみつまめなどもありますよ♡

秋冬におすすめの食べ歩きグルメも!

芋甚はアイスが定番商品ですが、寒くなってくるころに食べたくなるお菓子があります。

昭和焼き

昭和焼きはいかがでしょう。

小麦粉の生地に餡を挟んで焼いたお菓子。

今川焼きや大判焼きを想像しますが、芋甚の昭和焼きはちょっと違うのです。

一般的な今川焼と比べると、「厚みが違う!」

一口で入らなさそうなほど、厚みがあるのです。

生地も独特で、外はパリッと中はモチモチかと思いきや・・・

外はパリッと、中もパリッとと全体にパリッとした感じです。

中の餡は芋甚こだわりの餡だから、美味しいのは間違いありません。

なーんだ今川焼じゃんと思わず、芋甚に行ったら是非食べてほしい逸品です。

芋甚 まとめ

いかがでしたか?

観光スポット・谷根千散策でちょっとした休憩の際にはぜひ芋甚に寄ってみて下さいね。

美味しい芋甚 スイーツで心も体もリフレッシュできますよ。

お店情報
店名:芋甚 (いもじん)

住所:東京都文京区根津2-30-4

定休日:月曜(10月〜3月は月曜・火曜 )

営業時間: 11:00~19:00(L.O.18:40)