マカロンの賞味期限ってどれくらい?マカロンを贈るときには知っておこう!

贈り物や手土産としてすっかり定着してきたかわいいお菓子、マカロン。でも、渡そうとしたら賞味期限ぎりぎりだった、という経験をした方はありませんか?マカロンは、中に挟むクリームや材料によって、賞味期限に違いがあったり、冷蔵が必要だったりと、意外と扱いに注意が必要なお菓子なのです。マカロンの賞味期限について知っておくべきことをピックアップしました。

マカロンの賞味期限は、材料によって変わってくる!

マカロンの基本となる材料は、卵白、グラニュー糖、アーモンドパウダー、粉糖です。これをオーブンで焼いて作るので、マカロンコック(マカロンの外側の部分)そのものは比較的日持ちのするお菓子ですが、中に何を挟むかによって、その日持ちや保存方法が変わってきます。クリーンな工場で安定剤などを添加して生産しているマカロンなら、賞味期限が2~3週間あるものもあるようです。
チョコレートやジャムだけを挟んだマカロンは、室温保存でも大丈夫で、賞味期限は1週間程度となります。生クリームを使ったガナッシュやバタークリームを挟んだマカロンの場合は、冷蔵保存が必要となり、賞味期限は3~5日。生クリームやフレッシュフルーツを使っているマカロンだと、冷蔵保存が絶対で賞味期限は1~2日となります。

手作りマカロンの賞味期限は、1~2日と考えて

マカロンを手作りする人も増えてきました。家庭で手作りする場合は、お店や工場とは違い、どうしてもクリーンな環境は用意できません。そのため、挟むクリームの種類に関わらず冷蔵庫で保存し、作ったその日か翌日までには食べるようにしましょう。

マカロンの賞味期限は、ブランドによっても変わってくる!

・シンガポール土産の新定番、TWGのマカロンの賞味期限は3日!

シンガポールのお土産として定着してきてつつあるTWGのマカロンは、紅茶の茶葉をふんだんに使ったフレーバーで人気です。こちらのマカロンの賞味期限は冷蔵で3日ほど。お土産として渡すまでの時間を考えると、旅行の最後に空港で購入し、渡したらすぐに食べてもらうのが安心と言えます。

・ピエール・エルメのマカロンの賞味期限は4日間

一番美味しいマカロン、とも言われるピエール・エルメのマカロンは賞味期限を4日としています。繊細なマカロンの食感と味わいを楽しむためには、できるだけ作ってから時間をおかずにいただく方がよさそうです。

・サダハルアオキのマカロンは冷凍便なら賞味期限30日

マカロンに初めて和の素材を取り入れたと言われるサダハルアオキのマカロン。通常の冷蔵品のマカロンの賞味期限は5日ほどですが、通販の場合は、品質保持のため、冷凍状態のマカロンが届きます。その賞味期限は、嬉しいことに30日もあります。冷凍庫にマカロンが常備されていれば、お客様へのおもてなしにも重宝しますね。

マカロンの賞味期限が過ぎていた!食べても大丈夫?

このように、マカロンの賞味期限は素材やブランドによっても違うので、大事にとっておいたら賞味期限が過ぎていた!ということも起こりがちです。「賞味期限」とは、「美味しく食べることのできる期限」の意味ですから、2日ぐらい過ぎていたとしても食べても問題ありません。ただし、味は少し劣る可能性があります。1週間以上過ぎていた場合は、さすがにあきらめましょう。
マカロンを購入する際には必ず賞味期限を確かめてください。手渡すときにも賞味期限についてひとこと添えて、美味しいマカロンを賞味期限内に味わっていただけるようにしたいですね。

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。