明治創業の京都の和菓子店「仙太郎」が好きすぎる!おすすめのお菓子を紹介

photo by 仙太郎https://www.sentaro.co.jp/wagashi/gozonjimonaka.html
おはぎ

明治19年に創業された仙太郎は京都で人気の和菓子店。仙太郎の繊細で上品な甘さの和菓子が人気なんです。仙太郎のホームページでは農園も紹介していて安心感もあるんですよ。一体仙太郎にはどんなメニューがあるか覗いてみましょう!

京都に本店のある仙太郎

仙太郎は京都に本店のある和菓子屋さんです。

仙太郎の本店は京都河原町駅から歩いて5分くらいで、観光客にも行きやすい場所にあります。

京都以外にも大阪や神戸、名古屋、東京にお店がありますよ。百貨店で仙太郎を見たことのある人もいるのでは?高島屋のオンラインショップでも一部取り扱いがあるので遠方の方はオンラインショップも覗いてみてくださいね!

京都から伝わる和菓子の味

京都といえば和菓子。和菓子といえば仙太郎。仙太郎にはぼた餅や黒豆大福など色々な和菓子が揃っています。

美味しさにこだわり、添加物は一切不使用です。
あんこには京都丹波の自社農場で生産した丹波大納言小豆のみを使うというこだわりぶり。その他の材料もすべて国産を使っているとのことなので安心ですね。

繊細な和菓子の日持ちはその日のうちのものが多いです!和菓子が硬くなる前に美味しく頂いちゃいましょう!
贈り物に選ぶなら比較的賞味期限の長い焼き菓子などがおすすめです。

仙太郎の豊富な和菓子のラインナップ

和菓子は定番の和菓子だけでなく、季節を感じる限定メニューまで豊富!

大人でも男性でも美味しく食べれる上品であっさりとした甘さの和菓子もあり、年齢や性別を超えてみんなに愛され続けています。

桜餅とぼた餅は和菓子の王道!お花見に持っていきたい和菓子です。

ぼた餅は七穀、粒あん、青しそ入りなどがあります。

桜もちは上品な白、桜の葉が2枚付いています。
上品な甘さで日本茶によく合います。

柔らかな羽二重餅が使われた花びら餅はただ甘いだけでなく、味噌餡と牛蒡が使われた面白い味わい!

かわいい見た目で人気のメニューです。

おはぎはなんとシソの風味!甘すぎずサッパリとしているので甘いものが苦手な人にもおすすめです。

桜もちひは求肥でできた柔らか和菓子です。
求肥餅に桜を練り込んだおかげで噛めば噛むほどおいしい病みつきになる味、気が付けばペロッと食べきれちゃいますよ。

真最中はあんこと皮が別々なので自分で出来立てが作れちゃいます!
皮はサクッとしていてあんこがしっとりとしています。あんこの量も調節できますよ。

うばたまはツヤっとしたあんこ玉のような羊羹菓子です。一口サイズで食べやすさも魅力です。

栗蒸し羊羹は栗がぎっしりと入った豪華な羊羹!三角に切られているのもユニークですね。

甘すぎず、もっちりとした食感が美味。秋の味覚。

お土産にもおすすめのどら焼きはしっかりとしているので移動中にも安心!
ほど良い甘さで懐かしさを覚えます。

仙太郎の黒豆大福も美味しいですよ。それに、御存知最中もおすすめ!

他にも仙太郎には茶だんごや花とだんごなどのだんご類やこし餡やみそ、よもぎ餡の柏餅、葛餅、竹に入った羊かん「竹の水」、みくまり、焼栗など通年商品や季節・店舗限定の和菓子をたくさん扱っています。ぜひ仙太郎をのぞいてみて下さいね。

いかがでしたか?
仙太郎の和菓子で季節や和を感じて、日本の美味しさを再発見しちゃいましょう!

仙太郎 店舗情報

お店情報
店名:仙太郎 本店 (せんたろう)

住所:京都府京都市下京区寺町通り仏光寺上る中之町576

定休日:無休

営業時間: 8:00~18:00

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。