某人気グルメ漫画でも紹介された浅草の隠れた人気甘味処「梅むら」

photo by mamekan | 梅むらの豆かん | kohei yamada | Flickr https://www.flickr.com/photos/thiswholeworld/3148923337

某有名グルメ漫画でも紹介された浅草に店を構える甘味処「梅むら」。甘い物好きな女性だけでなく、男性のお一人様でも入りやすい雰囲気と昔ながらの懐かしさが漂う「梅むら」では、リーズナブルな価格で和スイーツが堪能できます。何度でも通いたくなる「梅むら」の魅力は一体どこにあるのでしょうか?

老若男女に愛される老舗甘味処「梅むら」

昔ながらの古き良き下町風情がたまらない浅草にある甘味処「梅むら」。1968年に創業。地下鉄浅草駅から10分くらい歩いた場所です。

観光地浅草にありながら、長い間良心的な価格で和スイーツを提供し続ける「梅むら」は、地元の人から観光客まで老若男女に愛される甘味処。令和の時代に昭和のままでストップしたような雰囲気の店構えが印象的。気負わず誰でも入りやすい敷居の低さとは裏腹に、「梅むら」で提供される甘味はどれをとっても満足する内容です。

まるで黒真珠!?「梅むら」の豆かんてん

ノスタルジックな店構えの「梅むら」で提供される看板メニュー豆かんてん。豆かんてんは梅むら発祥だとか!大粒のふっくらと炊き上げられた赤えんどう豆はまるで黒真珠のように輝き、これでもかと入っています。時折のぞかせるかんてんも程よい食感を演出し、さっぱりとした黒蜜は自然な甘さなのでいくらでもお腹に入ります。「梅むら」の豆かんてんは、一度は試したい名物和菓子と言えるでしょう。

「梅むら」の素朴で懐かしいクリームあんみつ

「梅むら」の人気メニューにクリームあんみつがあります。歯切れの良いかんてんとガツンと濃厚なあんこ、バニラアイスが三位一体となって素朴な甘さを感じさせます。バニラアイスが少し溶けたところであんこと混ぜれば、上品な味わいとなりいくらでも食べられます。「梅むら」のクリームあんみつは、甘い物好きにはたまらない一品です。

「梅むら」のかき氷は夏の必須デザート

夏になると食べたくなるかき氷。甘味処「梅むら」も例にもれず、数種類のかき氷がメニューに並びます。ただ、「梅むら」のかき氷が普通と違うところは、ふわふわの氷の下に蜜が溜まっているということ。まるでわたあめのようにきめ細やかな削り氷の下に、程よい甘さの蜜がたっぷり。「梅むら」のかき氷は、蜜に氷を溶かしながら食べ進めるスタイルなのです。かなりのボリュームですので最初はひるみますが、気づけばペロッと食べられてしまうほど軽い氷です。「梅むら」のかき氷は年中提供されていますので、夏場だけでなく真冬に暖かい部屋で味わうかき氷もまた格別かもしれません。

一部テイクアウト可能なメニューあり!梅むらのその他メニュー

梅むらには上記でご紹介したメニュー以外にもいろいろなメニューがあります。

ごぜん汁粉(こしあん・餅入り)、いなか汁粉(つぶあん・餅入り)、ぜんざい(こしあん・餅入り)、クリームソーダやソーダ水など懐かしいような、ほっこりできるメニューが揃っています。典型的な甘味メニューばかりで、値段もリーズナブルなのでおすすめです。

あんみつ、みつ豆、豆かんてん、ところてんはお持ち帰りが可能なメニューになっています。ただし、お持ち帰りに長時間かかる場合は断られることがあります。

予約について

浅草は観光地ということで、特に週末や土日となると人が多くなります。しかし、梅むらでは予約は受け付けていないため、混雑時は少し待つこともあるかもしれません。回転が比較的早いため、待ち時間も長くはなりませんが、行くときは時間に余裕のある時にしましょう。また、定休日は日曜日となっているほか、営業時間が短いこと、臨時休業などもあるため事前に電話で営業確認をしてから行くことをお勧めします。

再訪決定!浅草の甘味処「梅むら」

高級甘味処と謳いながらもお手頃価格で本格和スイーツが楽しめる浅草の甘味処「梅むら」。女性のお一人様だけでなく、男性一人でも気軽に入りやすい情緒あふれる「梅むら」は、今の時代に貴重な存在なのかもしれません。敷居の低さとは裏腹に、手間暇かけて作られたことが分かる「梅むら」のスイーツは、ふとした時に食べたくなる一品揃い。何度も足を運びたくなる甘味処「梅むら」に、美味しい和スイーツを食べに訪れてみませんか?

お店情報
店名:梅むら (うめむら)

住所:東京都台東区浅草3-22-12

定休日:日曜日

営業時間:
[月曜日~土曜日] お昼 0:30~18:30ラストオーダー 19:00閉店

関連記事一覧