創業明治23年!飛騨高山の老舗「打保屋」が紡ぐ伝統の駄菓子たち

飛騨高山土産で有名な打保屋。

打保屋は明治23年から続く老舗の駄菓子屋です。古き伝統を受け継ぐ職人たちが丹精込めて作り上げる駄菓子たちは、年代を問わず多くの人々に愛されています。

今回は、そんな打保屋をご紹介します。

打保屋って?

打保屋は明治23年に飛騨高山で創業した駄菓子屋さん。

飛騨高山のお土産は何が良いかと聞かれれば、地元の人ならまず打保屋を挙げるでしょう。打保屋の職人さんは、飛騨高山の地で創業以来ずっと変わらない製法で駄菓子を作り続けています。老若男女問わず地元の人や旅行客から愛されるだけあって、打保屋も自社の駄菓子の製法や素材に自信をもって駄菓子を提供しています。でも、現代人に合わせて味は少しずつ変えているのだとか。

素材を活かした懐かしい感じのする駄菓子が魅力です。

打保屋が「駄菓子屋」と呼ばれる理由

多くの人が思い浮かべる「駄菓子」のイメージは、小さな商店やスーパーの菓子コーナーで売られている子供向けのお菓子だと思います。

駄菓子の発祥は江戸時代までさかのぼりますが、雑穀・水飴などの材料を焼き、庶民のおやつとして食べられたものだと言われています。また、地方では伝統的な郷土菓子のことも駄菓子と呼ばれていたそうです。

打保屋における駄菓子とは、この伝統的な郷土菓子を指します。飛騨高山の人々は、生活に根ざした郷土のお菓子屋に敬意と親愛を込めて「飛騨の駄菓子屋 打保屋」と呼びます。

打保屋の看板商品「豆板」

打保屋といえば豆板、と言われるほど有名な駄菓子です。色々な味付けがあり「豆板シリーズ」として店頭に並ぶ堂商品は、不動のナンバーワン商品です。豆板とは、ピーナッツを糖蜜でからめて焼き上げた駄菓子で、優しい甘さと香ばしいピーナッツの香り、カリッとした食感が特徴的です。

注目したいのは、着色料・保存料・香料が不使用という点。「豆板シリーズ」は、プレーン・黒糖・味噌・ゆずの4つのフレーバーを展開していますが、その全てが着色料・保存料・香料が不使用となっています。色々な人に安心して食べてほしいという想いが伝わってきますよね。

一度は訪れてほしい!日本三大朝市にある「打保屋 宮川朝市店」

日本三大朝市の一つ、飛騨高山陣屋・宮川朝市内の打保屋は、飛騨の風情あふれる打保屋の店舗があります。

店内に漂う香ばしい駄菓子の香りは、幸せな気分に浸れること間違いなしです。試飲・試食もおこなっているので、気になる商品をチェックすることもできます。

朝市散策の合間、ほっと一息しに来てみませんか?

打保屋のオンラインショップがとても便利!

デパートの地下や祭事で販売されている打保屋の駄菓子ですが、「近所には売ってない!」という方もいるのではないでしょうか。

そんな時は、打保屋公式オンラインショップが便利です。全国どこへでも届けてもらえるのは嬉しいですよね。人気商品の豆板も、6枚入り~18枚入りの通常セットに加え、大容量90枚入りのギフトセットなど、用途に合わせて選ぶことができますよ!

送料無料のサービスのありますので、この機会にぜひお試しください!
ご利用はこちら↓

打保屋公式オンラインショップ

打保屋のアウトレット商品が人気!豆板もアウトレット価格でお得に!

打保屋のオンラインショップでも目に入るでしょう、アウトレットの文字が!不定期開催・なくなり次第終了とのことです。

保屋では、訳あり商品を割引で販売しています。訳ありというのは、例えば豆板の場合ならひびや割れ、欠け、不揃いというような商品で、通常の商品として販売することができないものです。

でも、味は変わらないのでお家で食べる分には訳ありで十分。楽天などでも打保屋のアウトレット商品が取り扱われている場合があります。

クロワッサンやプリンのお店も手掛けている打保屋

飛騨高山の駄菓子の店として知られる打保屋ですが、実は色々な事業を手掛けているようです。

クロワッサン専門店アンデルセン

2019年3月にオープンしました。バターの香りに食欲をそそられる打保屋が運営するアンデルセンのクロワッサン。バターやごま、あんこ、チョコなど多様なクロワッサンがあります。

高山亭プリン

2019年4月19日にオープンしたプリン専門店。飛騨高山の観光地にあり、店舗の雰囲気が良く、プリンも種類豊富でどれも美味しいと大好評です。

打保屋 まとめ

いかがでしたか?

大人も楽しめる打保屋の駄菓子、飛騨観光の際にはぜひ購入して食べてみてくださいね。お土産にもおすすめです。また、打保屋が運営する他のお店の商品もぜひ試してみてくださいね。