ザッハトルテとチョコレートケーキの違いは何?おすすめのお店も紹介!

オーストラリアのウィーン発祥のザッハトルテ。日本でもケーキ屋さんなどでもよく見かけるザッハトルテですが、チョコレートケーキとどう違うのか分からずに食べているという方は多いのではないでしょうか。そこで今回は、ザッハトルテとチョコレートケーキの違いや本格的なザッハトルテが食べられるお店をご紹介します。

ザッハトルテってどんなお菓子?

チョコレートケーキの王様とも呼ばれるザッハトルテの歴史や、チョコレートケーキとの違いを見ていきます。

ザッハトルテの歴史

ザッハトルテは、1832年に当時16歳だった菓子職人フランツ・ザッハーが貴族たちの新しいデザートを作ってほしいという要望に応えて誕生しました。
翌日にはウィーン中の話題になるほど好評だったようです。
その後、ザッハトルテの販売をするようになり、フランツの息子が1876年に「ホテル・ザッハー」を開業し、そこのレストランとカフェで提供したことによりさらに評判が広がっていきました。
しかし3代目の時にホテルが財政難になり、洋菓子店「デメル」に資金援助してもらう代わりにザッハトルテの販売権を渡してしまいました。
「デメル」もザッハトルテの販売を始めると、ザッハー側が販売中止を求めて7年間も裁判で争うことになります。
結局、両方に販売権は認められたがオリジナルを名乗れるのは「ホテル・ザッハー」だけとなりました。

チョコレートケーキとの違い

チョコレートケーキとの一番の違いは、ザッハトルテにはメレンゲ入りのチョコレートバターケーキにアプリコットジャムが使われていることです。
塗る場所は表面や生地の間だったりと異なります。
ザッハトルテのもう一つの特徴は、生地の表面をチョコレート入りの糖衣でコーティングされていることです。
チョコレートケーキは、チョコレートかココアパウダーを主要材料につかったケーキのことをさします。
ケーキの生地にはココアパウダーを混ぜて焼き、チョコレートクリームを塗ったものや表面をチョコレートでコーティングしたものです。

テイクアウトできる!おすすめのザッハトルテのお店

デメル

ウィーンの王室御用達洋菓子店「デメル」は、1988年から日本にも展開。
「デメル」のザッハトルテの証である三角形のプレートが乗ったチョコレート風味の生地に、アプリコットジャムとチョコレートがコーティングされた上品なケーキとなっています。
高級感のある桐箱に入っているので、贈り物としてもおすすめです。

価格:3.5号 2,160円、4号 3,240円、5号(受注販売)5,400円
賞味期限:6日
通販可能

店舗情報
店名:デメル 高島屋日本橋店

住所:東京都中央区日本橋2丁目4−1 地下1階

営業時間:10:30~19:30

定休日:高島屋に準ずる

ヴィタメール

1910年創業のベルギー王室御用達パティスリー「ヴィタメール」。
最高の素材と技術でスイーツ作りをしているお店で、ヴィタメールジャポンは世界ではじめて2号店として認められた店舗です。
「ヴィタメール」のザッハトルテは、しっかりと詰まったチョコスポンジ生地にアプリコットジャムのフルーティーな酸味と洋酒が効いた大人のケーキとなっています。

価格:12㎝ 3,024円、15㎝ 4,104円
賞味期限:21日
通販可能

店舗情報
店名:ヴィタメール東京大丸店

住所:東京都千代田区丸の内1丁目9−1 大丸東京店 1F

営業時間:[月~金]10:00~21:00、[土・日・祝]10:00~20:00

定休日:大丸に準ずる

ツッカベッカライカヤヌマ

東京赤坂にある本場ウィーンの味が堪能できるお店「ツッカベッカライカヤヌマ」。
オーナーパティシエの栢沼氏は、オーストリア国家公認コンディトールマイスターを取得した唯一の日本人です。
「ツッカベッカライカヤヌマ」のザッハトルテは、ふわふわ食感のスポンジ生地にアプリコットジャムの爽やかな風味が広がるケーキとなっています。
別売りの生クリーム(216円)と一緒に食べるのがおすすめです。

価格:1個 864円、ホール18㎝ 8,640円

店舗情報
店名:ツッカベッカライカヤヌマ

住所:東京都港区赤坂1丁目4−5

営業時間:[月~木・土]11:00~18:00、[金]11:00~18:30

定休日:日曜、祝日、第1・第3・第5月曜

ドゥブルベ・ボレロ

滋賀県のナンバー1パティスリーともいわれる人気店「ドゥブルベ・ボレロ」。
南仏の別荘をイメージした店内では、シェフがフランスで感じ取ってきた感性で作り上げたお菓子を提供しています。
「ドゥブルベ・ボレロ」のザッハトルテは、グラサージュされたチョコレートのシャリシャリ食感が楽しめる食べやすいケーキとなっています。

価格:4号(木箱)2,800円(紙箱)2,200円、5号(木箱)3,800円(紙箱)3,300円
賞味期限:2日間
通販可能

店舗情報
店名:ドゥブルベ・ボレロ守山本店

住所:滋賀県守山市播磨田町48−4

営業時間:11:00~20:00

定休日:火曜日(祝日の場合は翌日休業)

カフェ COVA

1817年にミラノではじまったイタリア最古のスイーツ店の一つ「カフェ COVA」。
伝統とイタリアのエレガントな雰囲気で魅了するお店です。
「カフェ COVA」のザッハトルテは、サケルと呼ばれる創業当時よりミラノの本店で伝わるレシピを日本人の好みに合わせて作られています。
スポンジの周りに砕いたローストカカオ豆を使用したカリカリ食感が特徴です。

価格:1,200円

店舗情報
店名:カフェ COVA ミラノ ギンザシックス

住所:東京都中央区銀座6丁目10−1

営業時間:10:30~20:30

定休日:ギンザシックスに準ずる

カフェ コンディトライ&レスト シカ

香川県高松市で1969年に創業した洋菓子店「カフェ コンディトライ&レスト シカ」。
約40年前から作り始めたというザッハトルテは、何度もウィーンに行き本場のザッハトルテを食べ研究を重ねて誕生しました。
通常はアプリコットジャムだけで作られていますが、フランボワーズを合わせたオリジナルジャムがサンドされているのが特徴です。

価格:15㎝ 3,240円、12㎝ 2,160円、9㎝ 1,296円
賞味期限:21日間
通販可能

店舗情報
店名:カフェ コンディトライ&レスト シカ

住所:香川県高松市国分寺町新名7−1

営業時間:9:00~20:30

定休日:無休

バッケンモーツアルト

1974年創業の広島を中心に展開するスイーツ店「バッケンモーツアルト」。
自然を材にからだに優しく、おいしいお菓子作りをしています。
「バッケンモーツアルト」のザッハトルテは、生チョコレートを40%以上入れて独特の焼き方をしているのでコクがあり口どけの良い、あっさりとしたケーキです。

価格:12㎝ 2,268円、15㎝ 3,024円、18㎝ 3,780円
賞味期限:5日間
通販可能

店舗情報
店名:バッケンモーツアルト本店

住所:広島県広島市中区堀川町5−2

営業時間:[日~木]10:00~21:00[金・土]10:00~22:00

定休日:無休

イートインでザッハトルテをゆっくり堪能できるお店

カフェラントマン

1873年に創業した、ウィーンで最もエレガントなカフェといわれる本店の雰囲気を再現した「カフェラントマン」。
店内はシックで落ち着いた雰囲気のくつろげる空間です。
「カフェラントマン」のザッハトルテは、カカオの風味を感じるシンプルなお味で、添えられた甘くないホイップクリームと一緒に食べるとちょうど良い甘さになります。

価格:630円

店舗情報
店名:カフェラントマン青山店

住所:東京都港区北青山3丁目11−7

営業時間:[月~土]11:00~23:00[日・祝]11:00~22:00

定休日:不定休日あり、AOビルに準ずる

カフェーパウリスタ

銀座で100年以上続く老舗喫茶店「カフェーパウリスタ」。
店内はクラシカルな雰囲気で多くの有名人も通っていたそうです。
「カフェーパウリスタ」のザッハトルテは、洋酒の風味がきいた生クリームがたっぷりとかかったケーキとなっています。
ぜひコーヒーと一緒に味わってもらいたいザッハートルテです。

価格:600円

店舗情報
店名:カフェーパウリスタ

住所:東京都中央区銀座8丁目9 長崎センタービル 1F

営業時間:[月~土]8:30~21:30[日・祝]11:30~20:00

定休日:無休

銀座 ハプスブルク・ファイルヒェン

銀座にあるオーストリアの国家公認料理マイスター神田氏がオーナーシェフを務めるレストラン「ハプスブルク・ファイルヒェン」。
高級感漂う店内で、オーストリアの食文化を堪能できます。
「ハプスブルク・ファイルヒェン」のザッハトルテは、あっさりとした親しみやすい味でふわふわ食感となっています。
ザッハトルテなどの好きなウィーン菓子から選べる3種の盛り合わせもおすすめです。

価格:ザッハトルテset 1,750円

店舗情報
店名:銀座 ハプスブルク・ファイルヒェン

住所:東京都中央区銀座7丁目8−7 GREEN 7F

営業時間:[ランチ]11:30~13:30[カフェ]13:30~15:00[ディナー]18:00~20:30

定休日:日・月曜(夏季・年末年始等一部変更有)

カフェ ウィーン

日本で最初にウィーン市、ウィーン商工会議所、ウィーンカフェハウス協会の認定書を受けた「カフェ ウィーン」。
重厚感のあるクラシカルな店内は、まるでウィーンに来たみたいな雰囲気です。
「カフェ ウィーン」のザッハトルテは、ふんわりスポンジの生地にアプリコットジャムのアクセントが効いた王道タイプのケーキとなっています。

価格:621円

店舗情報
店名:カフェ ウィーン三越日本橋店

住所:東京都中央区日本橋室町1-4-1 日本橋三越店 本館 2F

営業時間:10:00~19:30

定休日:三越に準ずる

巴裡 小川軒

1905年に創業したレイズンウィッチで有名な老舗洋菓子店「巴裡 小川軒」。
レイズンウィッチ以外にもケーキなども販売されていて、どれも安定感のある好評の商品です。
ザッハトルテは、スイス産のカカオマスとフランス産のスウィートチョコレートをブレンドしたものが使用。
ケーキ自体は甘さ控えめとなっているので、添付された少し甘さがある生クリームでちょうど良いバランスとなっています。

価格:486円

店舗情報
店名:巴裡 小川軒 目黒店

住所:東京都目黒区目黒本町2丁目6−14

営業時間:[月~金]9:30~18:00[土]9:30~17:00

定休日:日曜・祝日(不定休)

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧