美味いの ” 黄金比 ” !京都「出町ふたば」の絶品の豆餅

出町ふたば

豆餅は和菓子の中でも比較的メジャーな存在かと思われます。だからこそ、美味さに差が出やすいとも言えるのです。

「出町ふたば」の豆餅ときたら、『世にある豆餅に比べ、もっとも特別な存在である』そう、言い切ってしまっても良いのではないでしょうか。一度食べると出町ふたばのものしか食べたくない!そう思ってしまう、あの美味さとは・・・。

今日は「出町ふたば」の豆餅と一緒に、ぜひともおすすめしたい季節限定商品についてご紹介します。

人生で一度は出会うべき「出町ふたば」の豆餅

大げさかもしれませんが、『人生で、一度は出会うべき』心からそう思う豆餅に出会ってしまった・・・それが、出町ふたばの豆餅に出会った時の率直な感想です。いわゆる豆大福のことですが、出町ふたばでは大福ではなく、豆餅と呼びます。

「出町ふたば」の豆餅を手のひらに乗せた時の、ずっしりとした重み。しっかりと豆の存在が目でも確認できるのも特徴。
見た目からして「絶対に美味しい!」そう思うのは、一体なぜなのか・・・。

行列に並んで買うからこその”高揚感”もプラスされ、よりそう思うというのも正直なところあるのかもしれません。

そもそも豆餅の魅力とは、中に入る豆によって大きく左右されるのでは?と感じます。世に存在する豆餅の多くは、豆自体が餅に埋もれてしまっているものが多いような。

しかし、出町ふたばの豆餅にいたっては、見た目にも食べた時にしっかりと豆が主張しています。この理由こそ「出町ふたば」を指定してまで食べたい!と思わせる理由なのかもしれません。しかしこれも理由の中の”ひとつ”に過ぎません。

豆餅を語り始めると止まらなくなってしまいそうなので・・・一旦この辺で、もっと詳しい紹介へと行きましょう。

先ほども申し上げた通り、「出町ふたば」の豆餅は、かなりずっしりとした重さがあります。

購入は一個単位から可能。個包装で販売されているわけでなく、カウンター越しに注文をすると、透明のパックに入れてくれます。パックに陳列する様は、なかなか圧巻というのか、これまた存在感、すごく感じます。

外側の餅の程よい柔らかさと、良い感じの塩加減。そこに、甘さ控えめの餡が合わさり・・・全てが好バランスとしか言いようがない。そして、忘れてならない豆の存在。柔らかな餅と、しっかりとした豆の食感を楽しめること、それが「出町ふたば」ならではの醍醐味です。

お値段は一個180円。食べる価値は大いにあると断言できます。保存は常温でしましょう。冷蔵庫に入れていまうと餅が硬くなってしまうので、絶対にNGです。賞味期限は当日中。美味しいうちに食べたいですね。

多めに買ってストックしたい!そんな方におすすめな方法も。それは購入後、冷蔵庫で急速冷凍し保存する方法です。食べる時は、前もって常温で解凍し、食べる直前にレンジで10秒ほどチン。レンジの加熱具合が”キモ”になってくるので、くれぐれも温め過ぎには注意して下さい。

豆餅が並ばずに買える?!

「出町ふたば」の豆餅を並ばずに買えるなんて、今まで並んで買っていた私も驚きでした。もっと早くに知っていれば…。後悔の念。

「出町ふたば」では、『5個以上』の注文であれば、前もって電話での予約が可能なのだそうです。ちなみに他の商品も予約可能。電話にて、『種類・個数・受け取り時間』を伝えれば、それでOKです。

出町ふたばの季節限定メニューも要チェック!

ここからは期間限定メニューについてご紹介します。

栗餅

「出町ふたば」の秋限定の栗餅は、9月下旬〜11月にかけて発売される、季節限定のお菓子です。

その年に収穫した丹波栗、それを、渋皮をつけた状態のまま蒸すだけと大変シンプル。しかし、これがまた「出町ふたば」の餅と餡とに出会うことで、シンプルだからこそ、その栗本来の美味さを実感するのです。

そもそも、良質な栗を使っているので、無駄な調味料など必要ありません。シンプルだからこそ、栗のほろっとした優しい食感と、自然な甘さが生かされる。ぜひとも、今年の紅葉シーズンにぜひ、栗餅をチェックしてみて下さい。

1個 180円

みぞれ餅

その他、夏季限定で発売される、みぞれ餅にも注目。こし餡を、道明寺粉の入った葛餅で包み、それを笹の葉で巻いたお饅頭です。夏にぴったりな、さっぱりしたお味が特徴です。手土産にもおすすめしたい一品。

1個 185円

「出町ふたば」通販は可能?

創業明治32年の「出町ふたば」。代表銘菓「豆餅」は、今や京都だけにとどまらず、全国にファンをもつほどに名前の知れた有名なお菓子です。これを食べるため、平日にも「出町ふたば」の前には行列ができるほど。

残念ながら通販などはされておりません。しかし、伊勢丹オンラインにて予約し、『伊勢丹店頭受け取り』という形で購入が可能です。毎日購入可能というわけではありませんので、こちらも早い者勝ちといった感じですね。豆餅だけに、マメなチェックを・・・。

伊勢丹オンラインストア

出町ふたばへの行き方は?

出町ふたばの店舗は、京阪本線・出町柳駅から歩いて数分のところにあります。店前にずらりと行列ができているので、すぐにわかるでしょう。

年末年始の連休を利用して一度訪れてみたい、そんな方もおられるかと思いますので、その時期の営業についても調べてみました。年末は31日のぎりぎりまでオープンされているようです。しかし、年始から長めの休みを取られることが多いそうです。

 

出町ふたば 店舗情報

店舗情報
店名:出町ふたば

住所:京都府京都市上京区出町通り今出川上ル青竜町236(河原町通今出川上る)

定休日:火曜・第4水曜(祝日の場合は翌日)

営業時間:8:30~17:30