• HOME
  • コラム
  • 和菓子
  • 『SNSで話題の京菓子!老舗和菓子店「鶴屋吉信」の『琥珀糖』が可愛すぎる♡』

『SNSで話題の京菓子!老舗和菓子店「鶴屋吉信」の『琥珀糖』が可愛すぎる♡』

老舗和菓子屋が並ぶ、古都、京都。

斬新かつ大きく吹き抜けた京都駅もまた、京都を代表する建造物です。そんな京都駅の中にある「鶴屋吉信 IRODORI」には、京都の”はんなり”とした雰囲気を併せ持つ、今時の女性にぴったりな御菓子が並んでいます。見た目の可愛さから、SNSでも話題に。特に琥珀糖!鶴屋吉信 IRODORIの琥珀糖は自分用にもお土産にも買いたい一品。

今回はそんな「鶴屋吉信 IRODORI」の中でも特に若い女性をトリコにする『琥珀糖』をご紹介します。知らないと損するほど、鶴屋吉信 IRODORIの琥珀糖はとっても可愛いですよ♡是非とも最後までご覧くださいね。

琥珀糖とは?

そもそも琥珀糖とは何?という人のために琥珀糖について説明します。

パステルカラーで透き通った、まるで宝石のような美しい色合いの見た目のお菓子が琥珀糖。琥珀糖は、砂糖を煮溶かした寒天を固めた和菓子です。外はシャリっ、中は柔らかい食感です。

琥珀糖は自宅で作れるレシピなども探せばたくさんありますが、ぜひ鶴屋吉信 IRODORIの琥珀糖を食べてみてください!

女性大人気!鶴屋吉信 IRODORIの『琥珀糖』とは?

この可愛い見た目・・・♡目で見ても素敵ですが、SNSにアップしても映えますね。一体これは、何なの?そう思われた方も多いはず。こちらは「鶴屋吉信 IRODORI」のオリジナル干菓子『琥珀糖』です。

目を惹く「鶴屋吉信 IRODORI」の淡いカラーのスティック菓子『琥珀糖』は、ジャスミン・カモミール・ラベンダー・ローズなど5種類の味を楽しめます。食感はしゃりっ、つるっと、これまた独特。ほのかに甘く、5種類それぞれの香りも同時に楽しめてしまうので、気分転換にもぴったりです。

琥珀糖のお値段は10本入りで1,080円。日持ちも30日と長めなので、手土産や女性へのギフトにもおすすめですよ♡

レア商品!鶴屋吉信 IRODORIの季節限定『琥珀糖』を要チェック!

スティックタイプの『琥珀糖』もとにかく可愛いですが、よりレアで可愛らしい琥珀糖もご紹介♡
鶴屋吉信 IRODORIの『琥珀糖』は季節限定で、そのシーズンにちなんだモチーフの商品が発売されます。この琥珀糖もとんでもなく、可愛いです・・・♡

特に注目は、もうすぐ訪れる春に備え、桜の花びらを形どった春限定商品*微妙に形の違う桜をこれまたピンクのグラデーションで楽しめてしまう商品です。女性であれば、だれもが喜ぶ商品であるはず・・・!
お値段は12個入りで1,296円と、プチギフトにもちょうど良いですね。

また、秋には、”もみじ”を形どったバージョンがお目見え。こちらもとっても素敵なのです・・・。春限定は可愛いイメージ、秋限定のもみじはやや落ち着いた雰囲気なので、大人の女性や男性にも良いかもしれませんね。
秋、京都で紅葉を楽しみ、手土産として京都駅で鶴屋吉信 の『琥珀糖』を・・・そんなコースはいかがでしょうか。

琥珀糖の店舗限定商品!一口サイズが可愛い♡『琥珀糖キューブ』

「鶴屋吉信 IRODORI」は実店舗のほか、京都高島屋にもお店が入っています。そんな京都高島屋の鶴屋吉信でしか買えない限定商品『琥珀糖琥珀糖キューブ』があるのです。表面はパリッとした砂糖菓子の食感を楽しめ、中には柔らかな寒天が入っています。
お味は、生姜や黒糖、豆の粉といった和の風味の計5種を楽しむことができます。一年を通して購入できる商品ですが、季節により色の組み合わせがかわるのも、『琥珀糖琥珀糖キューブ』の楽しいところ♡

お値段は20個入りで1,296円です。京都高島屋に行かれる際には鶴屋吉信の琥珀糖琥珀糖キューブを是非ともチェックしてみて下さいね。

琥珀糖の色々な食べ方

鶴屋吉信 IRODORIで人気の琥珀糖。美しい琥珀糖は、砂糖菓子。もちろんそのまま頂くのも良し!甘いのでお茶請けにするのがおすすめです。

ソーダや炭酸水に入れるとキラキラでとても綺麗で感動的!

コーヒーや紅茶の砂糖代わりとして使う人もいるようです。少しずつ時間をかけて溶かして飲むのも良いですね。

鶴屋吉信 IRODORIには琥珀糖以外のお菓子はある?

鶴屋吉信 IRODORIの琥珀糖を紹介してきましたが、もちろん鶴屋吉信IRODORI には他の商品もありますよ。

有平糖

洋菓子のキャンディーみたいな見た目のカラフルな棒状の飴です。色合わせは京都の名所になぞらえているとのことで、色合わせにも注目してみてください。

上用饅頭

手のひらサイズの可愛い饅頭。生地にはつくねいもが用いられており、生地と漉し餡がなじんで美味。

つばら

焼皮で3種類の餡を包んだお菓子です。もっちり、しっとりとした食感を楽しめます。

鶴屋吉信IRODORIのカフェ

鶴屋吉信 IRODORIのカフェメニューをご紹介します。

お濃茶添えバニラシェイク

バニラシェイクに好みで濃茶を入れて頂きます。濃茶の美しい緑で目でも楽しめますよ。

もなかプレート

見た目はまるでマカロン。でも最中です。最中種には用意された別皿の抹茶餡、小倉餡、バニラアイスを好みで挟んでいただきます。ドリンクとのセットもあり。

琥珀糖が人気の「鶴屋吉信 IRODORI」について

「鶴屋吉信 IRODORI」は、2015年、京都駅八条口アスティロードに店舗を構えました。まだまだ新しいお店?と思われるかもしれませんが、京都にある老舗和菓子店「鶴屋吉信」が新たに出店した、カフェ併設店なのです。ちなみに鶴屋吉信の本店は堀川今出川にあります。鶴屋吉信の本店も「鶴屋吉信 IRODORI」同様に好評なのでぜひ訪れてみて下さい。

「鶴屋吉信」は1803年創業。京菓子そのものの存在を”偉大な遺産である”と述べ、味だけでなく、目や耳、人間の五感全てで味わえる京菓子とともに、京都で歴史を刻んできた老舗和菓子店です。そんな歴史ある老舗店が新たな試みとして出店したのが、「鶴屋吉信 IRODORI」なのです。

「鶴屋吉信 IRODORI」にはその店名の通り、彩り豊かな商品が並んでいます。ぱっと目で見て人の心を引きつけ、またそれを味わうことで、記憶に残るものになる。そんな魅力的な、現時代の”京菓子”を展開をされています。

「鶴屋吉信」店舗情報、通販は可能?

「鶴屋吉信」は、京都に本店を含む3店舗、そして、東京にも2店舗を構えています。豊かで楽しいコンセプトをもとに、それぞれ違う個性を放ったお店作りをされています。
この5店舗のほか、全国各地の百貨店にも店舗が出店しています。幅広く展開されているため、鶴屋吉信の商品を手に入れやすいのも嬉しいですね。気になる方は、近くの百貨店の鶴屋吉信に行ってみて下さいね。

「鶴屋吉信」には公式通販があります。しかし、今回ご紹介した『琥珀糖』に関しては、通販されていないようですね。楽天など非公式で出店されているのを見つけたことはありますが、正規品に比べ、お値段も高く出品されていましたので、その点はご注意を。通販していない分、京都へ行き直接購入できた時の嬉しみは、格別かと。
ぜひ京都の手土産に、「鶴屋吉信 IRODORI」の『琥珀糖』をチェックしてみて下さい♡老舗和菓子屋として知られる鶴屋吉信の作り出す現代の京菓子は自分用にもおすすめです。

【鶴屋吉信 店舗情報】

鶴屋吉信 IRODORI

〒600-8216 京都市下京区東塩小路町8-3
JR京都駅八条口1F アスティロード内

営業時間:
ショップ 9:00~21:00
カフェ / テイクアウト 9:00~20:30
(ラストオーダー20:00)
定休日:年中無休
電話番号:(075)574-7627

カフェ情報:テーブル:24席 / 全席終日禁煙

————

鶴屋吉信 京都本店

〒602-8434
京都市上京区今出川通堀川西入る

営業時間:
1階 店舗 9:00~18:00

2階 菓遊茶屋/お休み処  9:30~18:00
(ラストオーダー17:30)

定休日:
1階 店舗 元日/水曜日の一部に休業日あり(下記参照)
2階 菓遊茶屋/お休み処 毎週水曜定休(祝日の場合は営業)
電話番号:(075)441-0105
FAX番号: (075)431-1234

————

鶴屋吉信 FACTRY店

〒621-0016
京都府亀岡市大井町南金岐好実根11番地

営業時間:9:00~18:00
定休日:年始・毎週水曜定休(祝日の場合は営業)
電話番号:(0771)25-8008(代表)

————

鶴屋吉信 TOKYO MISE

〒103-0022
東京都中央区日本橋室町一丁目5 番5 号 COREDO 室町1階

営業時間:
ショップ 10:00~21:00
茶房・菓遊茶屋  10:30~20:00
(ラストオーダー19:30)

定休日:元日、5月 第4日曜日(予定)
電話番号:03-3243-0551
FAX番号:03-3243-0552

————

鶴屋吉信 世田谷店

〒154-0017
東京都世田谷区世田谷1丁目23-20

営業時間:平日 9:00~18:00
定休日:元日及び水曜臨時休業あり
電話番号:03-3426-7155
FAX番号:03-3427-2623

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧