GLACIEL(グラッシェル)のアイスケーキは華やかな見た目で女性に大人気!

photo by グラッシェルhttps://www.glaciel.jp/showcases/item19.html
アイスケーキ

アントルメグラッセ専門店をご存知ですか?

アントルメグラッセはニューウェーブスイーツとして注目されています。アントルメグラッセ専門店「GLACIEL(グラッシェル)」は北海道や東京・表参道に店舗があります。

今回は、アントルメグラッセ専門店「GLACIEL(グラッシェル)をご紹介します。

アントルメグラッセ・グラスとは?

アントルメグラッセ・グラスとは、一体何でしょうか?

「アントルメグラッセ」とは、フランス語で、冷たいお菓子=アイスケーキを意味する言葉です。もう少し詳しく説明すると、アントルメは、デコレーションケーキ、グラスはアイスクリームを意味します。アイスケーキと聞くより、アントルメグラッセの方が響きがお洒落ですね。

実際にアイスケーキと聞いて想像するスイーツと違ってアントルメグラッセは煌びやかなアイスケーキなのです。一度見たり、食べたりしたらアイスケーキの印象が変わります。アイスケーキが可愛いのでインスタ映えもOK!

アイスケーキ専門店「グラッシェル」では、華やかで作りたての アイスケーキが味わえます。日本ではまだ馴染みがない言葉ですが、ヨーロッパのパティスリーでは、アントルメグラッセが通年提供されているようです。

GLACIEL(グラッシェル)について

GLACIEL(グラッシェル)は、実はあのドゥーブルフロマージュで有名な小樽洋菓子舗 ルタオを運営している株式会社ケイシイシイがプロデュースするお店なんです。

作りたてのアイスケーキを、その日のうちに提供するこだわりのスタイル。アイスケーキの原料は、北海道産のミルクをはじめとする厳選されたもののみを使用することで、本当に美味しい本物のアイスケーキを楽しむことができます。

ちなみに、グラッシェルの名前の由来は、フランス語でアイス職人を意味する「グラシエ」、アイスを意味する「グラス」、そして空を意味する「シエル」を掛け合わせているそうです。まさに、アイスクリームを食べた時に、口いっぱいに広がる美味しさや豊かさをイメージさせるような店名ですね。

GLACIEL(グラッシェル)の人気メニューをご紹介

GLACIEL(グラッシェル)では、様々なアイスケーキメニューやアイスメニューなどがあります。見た目も華やかで、カットしても美しく、食べても美味しいアイスケーキ。冷凍保存なので贈り物にも向いています。

グラッシェルのメニューの種類

ホールの「アントルメグラッセ(アイスケーキ」)、小さいサイズの「アンディヴィアントルメグラッセ」、サクサク食感のサブレでアイスクリームをサンドした「サブレグラッセ」、イタリアンジェラートのような「グラス」を販売しています。アントルメグラッセは直径12センチ、15センチのホールケーキタイプ。アイスケーキと並んで人気なのがアイスの単品「グラス」です。

【アントルメグラッセ】値段3600円~
【アンディヴィアントルメグラッセ】3種セット 値段3300円、4種セット値段 44350円、5種セット値段 5400円
*税抜き価格
【サブレグラッセ】5個入り値段1800円、10個入り値段3600円、15個入り値段5400円
【グラス】 シングルサイズ値段450円 、ダブルサイズ値段550円

グラッシェルで人気のアイスケーキ

GLACIEL(グラッシェル)では、様々なアイスケーキメニューを取り扱っています。

ショートケーキのようなアイスケーキ「フレジエ」

誰もが好きな苺のショートケーキのアイスケーキ版。バニラアイスにイチゴのコンポートがミックスされています。見た目も可愛い一品。

色々な味を楽しめるアイスケーキ「バルーンドフリュイ」

色とりどりのフルーツシャーベットでデコレーションされた見た目も鮮やかで人気商品の一つです。

てんとう虫のアイスケーキ「コクシネル」

可愛らしいてんとう虫ユニークな見た目で人気です。アーモンド生地とバニラアイス、そして木苺といちごのシャーベットが良い具合にマッチしています。

クリスマスやバレンタインなどGLACIEL(グラッシェル)季節限定メニューが可愛い

バレンタイン前の時期には、ハートと花をモチーフにした「クールドブーケ」が発売されます。チョコレートとラムレーズンの香りが絶妙で、まさに大人のバレンタインチョコに相応しいですね。クリスマス前には、リースの形をかたどった可愛らしいクリスマスケーキも発売されたようです。数量限定で、予約期間も決められている場合があるので、お求めの際はお早めに買い求めることをおすすめします。

【クールドブーケ】値段5400円
*内容は場合により変わる場合がございます。

クリスマスなどとのイベントとは関係ありませんが、過去の季節限定品にはタルトシトロンベルガモット、パッションフルーツが使われたオーバル グラッセ マンゴーココなどが販売されています。

GLACIEL(グラッシェル)店内ではカフェメニューも楽しめる

現在、東京・表参道店と北海道・札幌店の2店舗が展開されています。カフェメニューも充実しており、店内では、GLACIEL(グラッシェル)が作るこだわりのスイーツが堪能できます。

グラッシェル表参道店について

2013年にオープンしたGLACIEL(グラッシェル)表参道店では、1階はショーケースにアントルメグラッセが並ぶブティックスペース、2階にはノーザンリゾートをイメージしたカフェスペース、サロンドテをオープンしています。アイスケーキだけでなく焼き菓子などもあります。

1階は待ち時間は少な目。2階のカフェスペースは特に土日は混みます。

グラッシェル表参道店のカフェメニュー

カフェスペースでは、季節の果物をふんだんに使用したパフェや、グラスが人気。パフェは通年メニューもあれば、季節限定メニューも。また、11:00〜15:00の間には、ランチメニューも出しています。季節のお野菜がたっぷりのフランス風サラダ「サラダリヨネーズ」や日替わり具材を乗せたオープンサンド「タルティーヌ」など堪能することができます。

落ち着きのあるモダンな上質な空間で、カフェメニューを楽しんでみてはいかがでしょうか?持ち帰りや、全国への配送もしているようです。
※季節によって内容が異なる場合がございます。

【イチゴのパフェ】値段1600円
【グラス二種盛り】値段1100円
【サラダリヨネーズ】値段1000円 ※スープ・パンスモールサイズ付き
【タルティーヌ】値段1000円

グラッシェル表参道店の予約について

グラッシェルでは平日のみ予約ができます。

グラッシェルを予約するには電話か、食べログからとなっています。

グラッシェルのアイスケーキは通販も可能

グラッシェルのアイスケーキは通販でも取り扱っています。

美味しそうなアイスケーキが並んでいます。ぜひ気になるアイスケーキを贈り物として贈ったり、特別な日に食べてみて下さいね。

GLACIEL(グラッシェル) 店舗情報

お店情報
店名:グラッシェル 表参道店

住所:東京都渋谷区神宮前5-2-23

定休日:なし

営業時間:
1F Boutique(ブティック) 11:00-19:00
2F Salon de the(サロン ド テ) 11:00-19:00(L.Oは、18:00)

お店情報
店名:グラッシェル 札幌ステラプレイス店

住所:札幌市中央区北5条西2丁目札幌ステラプレイス センター 2F

定休日:なし

営業時間:10:00~21:00(LO 20:30)

毎週スイーツ情報を発信
Facebookの友達になる

Twitter でフォローする

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。