• HOME
  • コラム
  • 饅頭
  • 萬榮堂 「鶴子まんじゅう」は自慢の逸品!手作業で作られた和菓子はお取り寄せもできる

萬榮堂 「鶴子まんじゅう」は自慢の逸品!手作業で作られた和菓子はお取り寄せもできる

今回は、萬榮堂の八戸銘菓「元祖 鶴子まんじゅう」の魅力を丁寧にご紹介します。

「元祖 鶴子まんじゅう」は長く青森県八戸市で有名なおまんじゅうで、素朴で優しい味わいがあり、見た目も特徴的な和菓子です。

萬榮堂はユニークな形状の「人形焼」も、鶴子まんじゅう同様にとても人気があります。また、萬榮堂の魅力的な商品は、通販でも買えて大人気です。

萬榮堂はいつから続くお店?

萬榮堂は大正10年に創業した老舗の和菓子店です。地元産の小麦粉を使用して、元祖の味を守り続けています。

お店の看板商品であるおまんじゅう「鶴子まんじゅう」は、素朴な味で、厳選した材料から生まれました。昔も今も、常に支持されている和菓子です。

書籍にも登場した銘菓が鶴子まんじゅう

萬榮堂の「元祖 鶴子まんじゅう」は、芥川賞作家・三浦哲郎氏の作中にも登場しました。まさに、青森の銘菓として地元に馴染んでいる和菓子と言えます。老若男女問わず愛されている八戸の自慢の和菓子です。

鶴子まんじゅうも人形焼きもプロの手作業

看板商品である鶴子まんじゅうはもちろん、「国宝合掌土偶人形焼」という土偶の形をした人形焼きも、プロが一つ一つ手作業で作っています。このこだわりは、昔から変わりません。

近代的な技術を使うことは簡単ですが、萬榮堂ではあえて時間のかかる手作業を行っています。おまんじゅうや人形焼き作りに機械を使うと、どうしても生地の食感が違ってしまい、本来のおいしさを表現できなくなるためです。

萬榮堂は最大限おいしく召し上がっていただきたい、という経営者の気持ちが入った食べる人の気持ちに配慮してくれる、誠実な和菓子店といえるでしょう。

萬榮堂の鶴子まんじゅう

萬榮堂の鶴子まんじゅうは小麦粉を使った生地の中に、黒砂糖の蜜を使った和菓子です。小判型のシンプルな見た目をしていて、どなたでも手に取りやすい形状になっています。

まぶしている粉は小麦粉ではなく米粉で、さらさらとした食感です。黒糖のコクがふわりと口の中に広がり、しつこくない味わいを生み出してます。黒糖以外にもブルーベリージャムを使ったものや、紅白のタイプもあるので自分の好みに合った鶴子まんじゅうを購入してみてください。

どこな懐かしさを感じる味わいが特徴の鶴子まんじゅうは、昔のながらの和菓子が好きな方に向いているでしょう。どちらかというとサクッと軽く食べられるタイプなので、どんどん手が出てしまいます。

元祖は萬榮堂のみ・まずい他商品もあるのでご注意を

尚、鶴子まんじゅうは八戸市の萬榮堂だけではなく、他のメーカーからも販売しています。しかし、それらを口にした人の中には、「まずい…。」、「満榮堂の味と違う?偽物?」と驚く人もいます。

「元祖 鶴子まんじゅう」という表記を見たことのある人もいるでしょうが、元祖鶴子まんじゅうを名乗れるのは八戸市の「萬榮堂」だけです。

そのため、鶴子まんじゅうを買う際は「白地のパッケージに赤い文字」があるかどうか、「萬榮堂」という表記も確認できるかどうかに注意して、お買い求めください。偽物と言われるパッケージと見分けましょう。

鶴子まんじゅうの賞味期限(日持ち)

萬榮堂の鶴子まんじゅうの賞味期限は2週間と決められています。それ以上取っておくと生地とあんの間が変色してしまいます。食品である以上、カビが発生する恐れもあるので、賞味期限を守るようにしましょう。

萬榮堂の鶴子まんじゅうは通販で買える?

萬榮堂の「元祖 鶴子まんじゅう」は通販でも購入が可能です。あんなにおいしいお饅頭が自宅でゆっくり味わえるなんて贅沢ですね。

八戸朝市のオンラインショップ

ただ購入できる商品が限られているため、ほかの商品も買ってみたい方は直接販売店に行くのが確実といえます。萬榮堂には鶴子まんじゅう以外にもお菓子はたくさんあるのでぜひ行ってみることをおすすめします。

店舗情報
店名:元祖鶴子まんじゅう 萬榮堂

住所:青森県八戸市大字八幡字五日町2-9