あんみつの発祥地はどこ?甘味のテイクアウトも可能な老舗甘味処「銀座若松」

photo by 銀座 若松http://ginza-wakamatsu.co.jp/

四角く透明な寒天にふっくらとした赤エンドウ豆、さらにあんこや果物がトッピングされた「あんみつ」。すっかり日本人に定着したこの甘味の発祥地はどこなのでしょうか。
今回は、多くの人々から愛され元祖あんみつとして有名な「銀座若松」を詳しくご紹介していきましょう。

銀座若松はどんなお店?こだわりは?

銀座若松は明治27年、銀座で汁粉屋を営んでいたことがはじまりです。その後昭和5年に常連客の「もっと甘いものが食べたい」という要望によりあんみつが生み出されたことから発祥地となり、その美味しさから庶民の味として日本中に広まりました。

銀座若松のあんみつは使う素材を厳選し、当初から変わらない味を提供し続けています。小豆は十勝のものを、赤エンドウ豆は富良野から、寒天は伊豆三宅島、黒蜜は奄美大島のものを使用し、素材の産地にとことんこだわっています。
さらに銀座若松自慢のあんこは、短時間で炊き上げることでくどくなくさらっとしたのど越しに仕上げられており、その食べやすさはさすが元汁粉屋と言ったところでしょう。

銀座若松で人気のメニューは?

銀座若松は日本ならではの甘味を取り揃えています。あんみつが有名ですが、あんみつにも種類があり、白玉やクリーム、あんずのあんみつなどから自分好みのものが選べます。ここではかき氷やお汁粉などもある銀座若松のメニューから、人気の2品を詳しくご紹介していきます。

元祖あんみつ

銀座若松と言えばやはり「元祖あんみつ」。あんみつ発祥当時から変わることなく受け継がれてきた味は、素朴ながらどこか惹きつけられるものがあります。寒天に赤エンドウ豆、あんこ、みかんやモモ等の果物、ピンクと緑の求肥と内容も盛りだくさんで、あんこの上には松の形をした羊羹が飾られています。別添えされた濃厚な黒蜜もたまりません。開店当時から変わらないあんこはしっかりした甘さですが、くどくなく、口に甘さが残ることはありません。
銀座若松をはじめて訪れるという方は、まずは「元祖あんみつ」を食べてみてはいかがでしょうか。
商品名 元祖あんみつ
値段  950円

あんみつ3点セット

色々な甘味を少しずつ楽しみたい時に最適なあんみつ3点セット。ミニあんみつに、あと2品を選べます。チョイスできるのは(くず餅・わらび餅・小倉白玉・栗小倉・小倉アイス・ところ天)と種類も豊富菜のが嬉しいところです。ミニあんみつはミニながらも果物や求肥、松型の羊羹もしっかりと飾られています。
見た目も可愛らしいこのセットとお茶でひと息つくのも良いですね。

商品名 あんみつ3点セット
値段  1,350円

銀座若松の季節限定メニューはなに?

季節に合った限定メニューも登場する銀座若松。夏には暑さを和らげてくれる冷たいメニューが、冬にはほっとできる温かいメニューが登場します。では、それぞれどんなメニューがあるのか見てみましょう。

夏メニュー

夏に食べることができるのは、「冷やし汁粉」や「かき氷」、「氷あんみつ」などの冷たいメニューです。かき氷は「宇治抹茶」や「氷あずき」があり、「氷あんみつ」はあんみつとかき氷を同時に楽しめる贅沢な品となっています。販売時期は4月末~9月末頃までです。

冬メニュー

冬には食事にも丁度よい「お雑煮」や、温かい「お汁粉」、「あわぜんざい」を注文することができます。お雑煮はミニあんみつとのセットもありますよ。あわぜんざいはお餅の代わりにぷちぷちとした食感のもちきびとたっぷりのあんこを合わせたものです。冬メニューの販売時期は9月末~4月末頃までなので、寒い時期にぜひ堪能して下さいね。

銀座若松のメニューはお持ち帰り可能?

銀座若松 本店では各種あんみつやお団子などをカップに入れてテイクアウト販売しています。あんみつは白蜜と黒蜜が選べ、小さな容器に別添えしてくれますよ。手土産にもピッタリなサイズ感なので、甘いもの好きな方への差し入れにも最適です。

銀座若松は通販をしてる?

銀座若松では残念ながら通信販売などの通販はしていません。あんみつなどを美味しいまま運び届けるのは難しいのかもしれないですね。なので直接店舗へ赴いて、店内で楽しんだりテイクアウトして自宅で堪能して下さいね。

銀座若松本店の混雑状況は?事前予約はできる?

銀座若松本店では約40席ほど席が設けられており、4名席のテーブルが多数用意されています。事前に席の予約などは行っておらず、現在混んでいて待つ必要がある、行列となっているという情報は得られませんでした。しかし休日や時期によっては満席や待つ必要もあるかと思うので、ピーク時間を避けたりテイクアウトにするなど、工夫してみて下さいね。

銀座若松の各店舗情報とアクセス方法

銀座若松では現在本店・大阪高島屋店・ボーノ相模大野店と3店舗を展開しています。相模大野では一度伊勢丹相模原店の閉店に伴い中に入っていた銀座若松も閉店しましたが、近隣施設であるボーノ相模大野に2020年2月復活オープンしました。

銀座若松本店の営業時間は11:30~20:00で、ラストオーダーは19:30となっています。基本的には無休ということですが、年末年始や店舗が入っている銀座コアが店休になる際は銀座若松もお休みになるようです。

また、本店へのアクセス方法ですが、公共交通機関だと東京メトロ(銀座線・日比谷線・丸の内線)の銀座駅「A-3」「A-4」「A-5」各出口より徒歩約3分です。なお「A-4出口」からは直接コアビルの地下1Fへと行くことが可能です。さらにJR有楽町駅からだと徒歩10分程度です。銀座コアには30分300円の駐車場も完備されているので、車の際はこちらを利用して下さい。

一方大阪高島屋の5Fにある銀座若松の営業時間は10:00~20:00で席は20席ほど用意されています。こちらもお休みは大阪高島屋に準ずるということです。
銀座若松 大阪高島屋店へは地下鉄御堂筋線・四ツ橋線・千日前線「なんば」駅または阪神電車・近鉄「大阪難波」駅の南海電車方面4号出口またはNAMBAなんなんE2出口を出てすぐです。車で行く際には高島屋提携のコインパーキングを利用すると良いでしょう。

さらにボーノ相模大野の銀座若松は11:00~19:00で営業しており、定休日は毎週水曜となっています。ボーノ相模のサウスモール1Fになります。
こちらへは小田急「相模大野」駅北口を出てサンデッキ直結で徒歩3分程です。ボーノ相模大野には併設駐車場もあるので、車で訪れても安心ですよ。

昔ながらのあんみつが楽しめる銀座若松。元祖あんみつだけではなく、お汁粉やかき氷などの甘味もいただくことができます。ふわふわのケーキも美味しいですが、たまには日本ならではの甘いものを堪能してみてはいかがでしょうか。

店舗情報
店名:銀座若松 本店
住所:東京都中央区銀座5-8-20 コアビル1F
営業時間:11:30~20:00(19:30L.O.)
定休日:銀座コアに準ずる
店舗情報
店名:銀座若松 大阪高島屋店
住所:大阪府大阪市中央区難波5丁目1番5号 大阪高島屋5F
営業時間:10:00~20:00
定休日:大阪高島屋に準ずる
店舗情報
店名:銀座若松 ボーノ相模大野店
住所:神奈川県相模原市南区相模大野3丁目3番(サウスモール)
営業時間:11:00~19:00
定休日:毎週水曜日